メインメニューを開く

サンカルロ日本中央競馬会 (JRA) に登録されていた競走馬である。馬名はイタリアサン・カルロ劇場が由来。おもな勝ち鞍はニュージーランドトロフィー2009年)、阪神カップ2011年2012年)、阪急杯(2011年)。

サンカルロ
San-Carlo20110227.jpg
2011年阪急杯表彰式
欧字表記 San Carlo
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2006年2月5日(13歳)
登録日 2008年5月7日
抹消日 2015年1月4日
シンボリクリスエス
ディーバ
母の父 Crafty Prospector
生国 日本の旗 日本北海道白老町
生産 社台コーポレーション白老ファーム
馬主 (有)社台レースホース
調教師 大久保洋吉美浦
競走成績
生涯成績 49戦6勝
獲得賞金 4億9621万5000
テンプレートを表示

目次

経歴編集

2008年編集

デビュー戦は10月19日メイクデビュー東京吉田豊を鞍上に人気のストロングリターンをアタマ差抑え初勝利をあげる。11月22日東京スポーツ杯2歳ステークスに出走。4番人気でナカヤマフェスタの3着と好走する。12月20日にひいらぎ賞(500万下)に1番人気で出走するがメジロチャンプの3着となる。

2009年編集

年明け初戦は1月5日のジュニアカップ。1番人気に支持されるがアドバンスヘイローの3着とまたも3着になってしまう。1月31日、クロッカスステークスに出走。不良馬場だったが1番人気にこたえ2着スガノメダリストに1馬身1/4差をつけ勝利。

3月22日スプリングステークスに出走。強風の中、アンライバルドの4着となり、皐月賞の優先出走権を獲得できなかった。4月11日ニュージーランドトロフィーに出走。すでに重賞を勝っていたジョーカプチーノも出走していたが、1番人気に支持された。レースは好位で進め、直線で抜け出しティアップゴールドに2馬身差をつけ重賞初勝利。NHKマイルカップの優先出走権を得た。

5月10日、NHKマイルカップに出走。8位入線したが4コーナーで急に外側に斜行しアイアンルックの進路を妨害し、さらに最後の直線コースで急に外側に斜行しダイワプリベールの進路を妨害したため18着に降着となった。また、鞍上の吉田も開催8日間[1]の騎乗停止の重い処分を受けた。

夏場の休養を挟み、10月24日富士ステークスでは中団待機策も直線で失速し11着と大敗した。続く11月22日マイルチャンピオンシップではいいところなく12着に終わった。続く12月20日阪神カップでは後方から追い込んでプレミアムボックスと共に2着同着となった。

2010年編集

この年の初戦は2月28日阪急杯。中団追走から追い上げて3着と好走した。次の高松宮記念では4番人気に支持されたが、1番人気キンシャサノキセキビービーガルダンの激しい1着争いに加わろうと粘ったがわずかに及ばず、混戦のゴール前で4着に敗れた。続く京王杯スプリングカップでは2番人気に推されたが、終始後方のまま見せ場なく10着と大敗した。本番の安田記念でも前走同様の競馬で13着に敗れた。

秋緒戦は9月12日京成杯オータムハンデキャップ。後方から追い上げてくるも5着だった。続くスプリンターズステークスでは後方追走から馬場の最内から追い出したところ、前を取り付いていたダッシャーゴーゴーに進路を塞がれ、体勢を立て直して鋭く伸びたものの4位に入線したが、ダッシャーゴーゴーの降着により3着に繰り上がった。続く富士ステークスでは好位でレースを進めるも直線で伸び切れず8着に敗れた。初のダート戦となった霜月ステークスでは2番人気に推されたが、見せ場なく11着と惨敗した。続く12月18日の阪神カップでは後方から追い上げるも6着だった。

2011年編集

この年も前年同様に初戦は2月27日の阪急杯。レースでは1番人気のガルボを1馬身1/4差抑えて3歳時のニュージーランドトロフィー以来の勝利を挙げた。

本番の高松宮記念では最後の直線で馬群から豪快に抜け出して、キンシャサノキセキには及ばなかったものの2着に入る。続く京王杯スプリングカップでは1番人気に支持されたが9着と末脚不発に終わった。本番の安田記念では後方追走のまま13着に敗れた。

秋緒戦は9月11日セントウルステークス、後方から追い上げてくるも4着だった。本番のスプリンターズステークスは出遅れが響いて7着に敗れた。続くスワンステークスは後方から追い込んでくるも4着に敗れた。阪神カップではゴール前でグランプリボスをハナ差かわして優勝、重賞3勝目をあげた。

2012年編集

初戦は2月26日の阪急杯。中団よりやや後ろで脚を溜め、最後の直線で大外から追い込んでくるも3着に敗れた。本番の高松宮記念では中団から追い込んだがカレンチャンにクビ差及ばず2着に敗れた。京王杯スプリングカップでは1番人気に支持され、道中好位で追走するが直線で伸びを欠き10着。夏の休養を挟んでセントウルステークスは中団に構えながらも直線伸びず14着。スプリンターズステークスは6着、スワンステークスは8着に敗れた。11月18日のマイルチャンピオンシップの7着を挟んで出走した阪神カップではガルボを差し切り連覇を達成するとともに重賞4勝目をあげた。

2013年以降編集

その後も短距離路線で走ったものの勝つことはできず、2015年1月4日付けで競走馬登録を抹消、優駿スタリオンステーション種牡馬となることが発表された[2]

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2008.10.19 東京 2歳新馬 16 05.0 0(3人) 01着 吉田豊 54 芝1600m(良) 1:35.4 (34.5) -0.0 ストロングリターン
0000.11.22 東京 東京スポーツ杯2歳S JpnIII 14 12.1 0(4人) 03着 吉田豊 55 芝1800m(良) 1:47.9 (33.7) -0.2 ナカヤマフェスタ
0000.12.20 中山 ひいらぎ賞 500万 16 02.0 0(1人) 03着 吉田豊 55 芝1600m(良) 1:35.7 (35.3) -0.4 メジロチャンプ
2009.01.05 中山 ジュニアC OP 8 01.8 0(1人) 03着 吉田豊 56 芝1600m(良) 1:34.8 (35.5) -0.2 アドバンスヘイロー
0000.01.31 東京 クロッカスS OP 13 03.3 0(1人) 01着 吉田豊 56 芝1400m(不) 1:25.0 (36.5) -0.2 (スガノメダリスト)
0000.03.22 中山 スプリングS JpnII 16 14.4 0(4人) 04着 吉田豊 56 芝1800m(良) 1:51.0 (34.7) -0.2 アンライバルド
0000.04.11 中山 ニュージーランドT GII 16 02.6 0(1人) 01着 吉田豊 56 芝1600m(良) 1:33.8 (34.9) -0.3 (ティアップゴールド)
0000.05.10 東京 NHKマイルC GI 18 06.9 0(3人) *18着 吉田豊 57 芝1600m(良) 1:33.4 (33.9) (1.0) ジョーカプチーノ
0000.10.24 東京 富士S GIII 18 13.4 0(8人) 11着 吉田豊 56 芝1600m(良) 1:33.7 (34.4) -0.4 アブソリュート
0000.11.22 京都 マイルCS GI 18 43.9 (15人) 12着 吉田豊 56 芝1600m(良) 1:33.8 (33.6) -0.6 カンパニー
0000.12.20 阪神 阪神C GII 18 19.9 (11人) 02着 吉田豊 56 芝1400m(良) 1:20.6 (34.7) -0.2 キンシャサノキセキ
2010.02.28 阪神 阪急杯 GIII 16 20.4 0(7人) 03着 吉田豊 58 芝1400m(良) 1:21.6 (34.5) -0.2 エーシンフォワード
0000.03.28 中京 高松宮記念 GI 18 09.3 0(4人) 04着 吉田豊 57 芝1200m(良) 1:08.7 (34.1) -0.1 キンシャサノキセキ
0000.05.15 東京 京王杯SC GII 17 05.1 0(2人) 10着 吉田豊 57 芝1400m(良) 1:20.7 (33.1) -0.9 サンクスノート
0000.06.06 東京 安田記念 GI 18 39.9 (14人) 13着 吉田豊 56 芝1600m(良) 1:32.8 (35.4) -1.1 ショウワモダン
0000.09.12 中山 京成杯AH GIII 14 07.1 0(3人) 05着 吉田豊 57 芝1600m(良) 1:33.0 (33.7) -0.2 ファイアーフロート
0000.10.03 中山 スプリンターズS GI 16 15.9 0(7人) 03着 吉田豊 57 芝1200m(良) 1:07.7 (33.6) -0.3 ウルトラファンタジー
0000.10.23 東京 富士S GIII 17 09.8 0(4人) 08着 吉田豊 57 芝1600m(良) 1:33.2 (34.5) -0.4 ダノンヨーヨー
0000.11.21 東京 霜月S OP 16 05.9 0(2人) 11着 吉田豊 57 ダ1400m(良) 1:25.2 (37.1) -2.1 セイクリムズン
0000.12.18 阪神 阪神C GII 17 20.2 0(7人) 06着 吉田豊 57 芝1400m(良) 1:20.7 (33.7) -0.4 キンシャサノキセキ
2011.02.27 阪神 阪急杯 GIII 16 08.4 0(4人) 01着 吉田豊 57 芝1400m(良) 1:20.1 (34.7) -0.2 ガルボ
0000.03.27 阪神 高松宮記念 GI 16 10.5 0(4人) 02着 吉田豊 57 芝1200m(良) 1:08.1 (33.3) -0.2 キンシャサノキセキ
0000.05.14 東京 京王杯SC GII 17 03.8 0(1人) 09着 吉田豊 57 芝1400m(良) 1:20.8 (33.2) -0.6 ストロングリターン
0000.06.05 東京 安田記念 GI 18 33.9 (11人) 13着 横山典弘 56 芝1600m(良) 1:33.1 (34.9) -1.1 リアルインパクト
0000.09.11 阪神 セントウルS GII 15 10.9 0(4人) 04着 吉田豊 57 芝1200m(良) 1:08.7 (33.5) -0.2 エーシンヴァーゴウ
0000.10.02 中山 スプリンターズS GI 16 16.6 0(5人) 07着 吉田豊 57 芝1200m(良) 1:08.0 (33.9) -0.6 カレンチャン
0000.10.29 京都 スワンS GII 18 08.9 0(5人) 04着 吉田豊 57 芝1400m(良) 1:20.0 (33.3) -0.6 リディル
0000.12.17 阪神 阪神C GII 18 09.8 0(4人) 01着 吉田豊 57 芝1400m(良) 1:20.5 (34.4) -0.0 グランプリボス
2012.02.26 阪神 阪急杯 GIII 16 02.9 0(1人) 03着 吉田豊 57 芝1400m(良) 1:22.3 (35.7) -0.3 マジンプロスパー
0000.03.25 中京 高松宮記念 GI 18 06.5 0(3人) 02着 吉田豊 57 芝1200m(良) 1:10.3 (34.7) -0.0 カレンチャン
0000.05.12 東京 京王杯SC GII 15 04.0 0(1人) 10着 吉田豊 57 芝1400m(良) 1:20.8 (34.5) -0.7 サダムパテック
0000.09.09 阪神 セントウルS GII 16 19.4 0(7人) 14着 吉田豊 57 芝1200m(良) 1:08.2 (33.9) -0.9 エピセアローム
0000.09.30 中山 スプリンターズS GI 16 36.2 (11人) 06着 吉田豊 57 芝1200m(良) 1:07.0 (33.3) -0.3 ロードカナロア
0000.10.27 京都 スワンS GII 16 09.1 0(4人) 08着 吉田豊 57 芝1400m(良) 1:20.9 (33.4) -0.4 グランプリボス
0000.12.24 阪神 阪神C GII 18 07.9 0(3人) 01着 吉田豊 57 芝1400m(良) 1:21.0 (34.4) -0.2 (ガルボ)
2013.02.24 阪神 阪急杯 GIII 16 08.8 0(3人) 04着 吉田豊 57 芝1400m(良) 1:21.2 (34.2) -0.2 ロードカナロア
0000.03.24 中京 高松宮記念 GI 17 10.4 0(3人) 09着 吉田豊 57 芝1200m(良) 1:08.7 (33.2) -0.6 ロードカナロア
0000.05.11 東京 京王杯SC GII 18 14.0 0(7人) 11着 吉田豊 57 芝1400m(稍) 1:21.2 (34.5) -0.6 ダイワマッジョーレ
0000.08.25 函館 キーンランドC GIII 16 20.8 0(7人) 07着 吉田豊 59 芝1200m(稍) 1:12.6 (37.1) -0.9 フォーエバーマーク
0000.09.29 中山 スプリンターズS GI 16 68.4 0(9人) 08着 吉田豊 57 芝1200m(良) 1:07.7 (33.6) -0.5 ロードカナロア
0000.10.26 京都 スワンS GII 13 36.0 (11人) 08着 吉田豊 57 芝1400m(稍) 1:21.6 (34.0) -0.8 コパノリチャード
0000.12.23 阪神 阪神C GII 18 12.5 0(6人) 04着 吉田豊 57 芝1400m(良) 1:21.8 (34.4) -0.4 リアルインパクト
2014.03.02 阪神 阪急杯 GIII 16 15.3 0(8人) 02着 吉田豊 56 芝1400m(良) 1:21.4 (35.4) -0.7 コパノリチャード
0000.03.30 中京 高松宮記念 GI 18 15.6 0(6人) 13着 吉田豊 57 芝1200m(不) 1:13.6 (36.5) -1.4 コパノリチャード
0000.04.27 京都 マイラーズC GII 16 53.7 (10人) 07着 吉田豊 56 芝1600m(良) 1:32.4 (32.8) -1.0 ワールドエース
0000.08.31 札幌 キーンランドC GIII 16 34.2 (10人) 09着 吉田豊 57 芝1200m(良) 1:09.3 (34.3) -0.3 ローブティサージュ
0000.10.05 新潟 スプリンターズS GI 18 107.3 (17人) 10着 吉田豊 57 芝1200m(良) 1:09.1 (33.7) -0.3 スノードラゴン
0000.12.27 阪神 阪神C GII 18 14.2 0(7人) 13着 吉田豊 57 芝1400m(良) 1:21.4 (34.6) -0.7 リアルインパクト

血統表編集

サンカルロ血統ロベルト系 / Nashua 5×5=6.25%) (血統表の出典)

*シンボリクリスエス
Symboli Kris S
1999 黒鹿毛
父の父
Kris S.
1977 黒鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Sharp Queen Princequillo
Bridgework
父の母
Tee Kay
1991 黒鹿毛
Gold Meridian Seattle Slew
Queen Louie
Tri Argo Tri Jet
Hail Proudly

ディーバ
1997 栗毛
Crafty Prospector
1979 栗毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Real Crafty Lady In Reality
Princess Roycraft
母の母
*ミスセクレト
Miss Secreto
1993 鹿毛
*セクレト
Secreto
Northern Dancer
Betty's Secret
My First Fling Olden Times
Hello Theo F-No.23-b


脚注編集

  1. ^ 4コーナーで進路妨害した件は5月16日から5月24日までの開催日4日間、最後の直線コースで進路妨害した件は5月30日から6月7日までの開催日4日間の計8日間。このため吉田豊は、ヴィクトリアマイル優駿牝馬(オークス)東京優駿(日本ダービー)、さらに安田記念の騎乗機会を失った。
  2. ^ サンカルロ号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2015年1月4日). 2015年1月4日閲覧。

外部リンク編集