サンガ (出版社)

出版社

株式会社サンガは、宮城県仙台市に本社を置く出版社、コンテンツパブリッシャー事業を行う企業である。スリランカ上座仏教の長老アルボムッレ・スマナサーラの著書を始めとした宗教、特に仏教書、マインドフルネス自己啓発書を多く出している。政治・経済分野の書籍も若干刊行されている。(「主な刊行物」を参照)。

株式会社 サンガ
samgha publishing Co.,Ltd..
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
984-0803
宮城県仙台市若林区新弓ノ町56
設立 1998年7月22日
業種 情報・通信業
法人番号 1370001003047
事業内容 図書出版
音楽ソフト事業
自社所有不動産の管理業
代表者 代表取締役社長 島影透
資本金 8000万円
外部リンク http://www.samgha.co.jp/
テンプレートを表示

2010年に仏教の季刊総合誌「Samgha Japan(サンガジャパン)」を創刊し、2017年夏時点でVol.27となっている。研究員がインタビューを受けた宗教情報センターは、本雑誌を「仏教と現代社会を考える雑誌」と紹介している[1]

目次

主な刊行物編集

  • サンガ新書
  • アルボムッレ・スマナサーラ著『怒らないこと』 2006年- 27万部
  • 鈴木俊隆著、松永太郎訳 『禅マインド ビギナーズ・マインド』2012年[2]
  • 橋爪大三郎大澤真幸著『ゆかいな仏教』 2013年
  • プラユキ・ナラテボー・篠浦伸禎著 『脳と瞑想』 2016年
  • 単行本
  • 板垣英憲著『孫の二乗の法則―ソフトバンク孫正義の成功哲学』 2007年
  • 谷川俊太郎加藤俊朗著 『呼吸の本』 2010年
  • 加藤有希子著 『カラーセラピーと高度消費社会の信仰〜ニューエイジ、スピリチュアル、自己啓発とは何か?〜』 2015年
  • サンガ編集部 『グーグルのマインドフルネス革命〜グーグル社員5万人の「10人に1人」が実践する最先端のプラクティス〜』 2015年

定期刊行物編集

  • 『Samgha Japan』- 季刊、書籍扱い

沿革編集

事業所編集

本社
東京オフィス

その他編集

  • 株式会社しまかげ - かつて仙台市に本部が存在した冷菓製造会社。本社所在地と社長が同じ。
  • 代表取締役社長の島影透は、スマナサーラ長老のもとで教えを受けたテーラワーダ仏教[3]
  • 2012年2月、社長の島影がJR蒲田駅から自宅までのタクシー料金8790円が高いと怒って運転手を暴行、代金を払わずに逃走する事件を起こした。島影は後日、警察に逮捕された[4]

脚注編集

外部リンク編集