メインメニューを開く

サンクトペテルブルグ国際経済フォーラム

SPIEFは最近プルコヴォ国際空港に建てられたエキスポ・フォーラム(Expoforum)で開催。

サンクトペテルブルク国際経済フォーラム(サンクトペテルブルクこくさいけいざけいざいフォーラム、英語: St. Petersburg International Economic Forum 、略称:SPIEF=スピーフ、ロシア語: ВЭФ =ヴェフ)はロシアのビジネスに関する国際経済会議で、1997年から毎年サンクトペテルブルクで行われてきて、2005年からはロシア連邦大統領の庇護の下になっている。

概要編集

サンクトペテルブルク国際経済フォーラムは1997年からロシアでのビジネス、特にロシアへの投資を促す目的で、ロシア第二の都会であるサンクトペテルブルクで開かれてきた。

2005年からはウラジーミル・プーチン大統領も出席して、より国際的なフォーラムになっている。日本の安倍晋三首相も出席している[1]

2007年には「世界経済フォーラム」とのパートナーシップを発表している。この年ごろ以来、ロシア貯蓄銀行がこのフォーラムの最大スポンサーになっている。

このフォーラムの開催場所は、はサンクトペテルブルクのタヴリーダ宮殿であったが、2006年からは大ネヴァ川向かいのヴァシリエフスキー島Vasilyevsky Island )にあるレネクスポ展示センター(Lenexpo Exhibition Center)へ移った。しかし2016年からは、新しくプルコヴォ国際空港に建てられたエキスポ・フォーラム(Expoforum)で開催されている。

東方経済フォーラムはロシア連邦政府のロシア国会議協会(Roscongress)が主催していて、この協会が開催する国際会議にはこの他に「東方経済フォーラム」などがある。

参照項目編集

脚注編集

外部リンク編集