メインメニューを開く

サンクムこと、サンクム・リアハ・ニヨム(クメール語: សង្គមរាស្រ្តនិយម、Sangkum Reastr Niyum)はカンボジアにかつて存在した政治団体もしくは政党。直訳すると「庶民に帰依する組織」となるが、人民社会主義共同体英語: Popular Socialist Community)との訳が定着している[1]。当時のカンボジア王国においてノロドム・シハヌーク(シアヌーク)の政権を支え[2]、事実上の一党支配政党であったが、公式には(超党派の)運動を称することが多かった。

サンクム・リアハ・ニヨム
(人民社会主義共同体)
សង្គមរាស្រ្តនិយម
Sangkum Reastr Niyum
国名 カンボジアの旗 カンボジア
成立年月日 1955年4月7日
解散年月日 1971年2月18日
解散理由 クーデターによる政権喪失
後継政党 フンシンペック
本部所在地 プノンペン
政治的思想・立場 保守主義
社会主義仏教社会主義
民族主義
王党派
国際組織 なし
ノロドム・シハヌーク(1956年)。サンクム総裁時代の写真。

結成編集

1955年3月3日にノロドム・シハヌークがカンボジア国王王位父親であるノロドム・スラマリット譲位し、自ら首相となるための政治的基盤として、同年4月7日に自らを総裁として結成した。

イデオロギー的には王党派保守主義的な民族主義反共主義であると同時に上座部仏教に基づく社会主義仏教社会主義でもあり、カンボジアの宗教的伝統に基づく社会正義の樹立、貧困との闘い、透明な政治を掲げた。

そして9月の総選挙英語版でサンクムは共和主義的な左翼系の政党を破って国会の全議席を獲得し圧勝(不正選挙を疑われている。以後、共和主義者の穏健派はクメール共和国の樹立までサンクムに協力しなくなった[3])、シハヌークが首相となった(のち1960年にスラマリット国王の崩御にともなって、国王不在のまま国家元首に就任している)。1957年にはシハヌークはサンクムの青年団「クメール王立社会主義青年」 (French: Jeunesse socialiste royale khmère, JSRK)を創設した[4]

拡大と包括政党化編集

 
キュー・サムファン(1978年)。一時、左派としてサンクムに参画した

シハヌークは国内では王制社会主義の名の下で中道左派や左翼勢力の多く(例えば共産主義者であり、後に民主カンプチアで国家元首となるキュー・サムファン[5]もサンクムに取り込んで包括政党化していき、当初は政治的抑圧も比較的少なかったものの、次第に右派自由クメール英語版極左共産主義カンプチア共産党 (Communist Party of Kampuchea(のちクメール・ルージュとなる)の両ゲリラ組織に悩まされるようになった。さらにサンクムが包括政党化した結果、組織内左右両派の対立も生じた。

サンクムの硬直化編集

しかしサンクムは王制社会主義体制下の総選挙で常に全議席を独占、そうしていくうちに次第にその社会主義は縁故主義(事実上は縁故資本主義と同じ)の色彩も強め、国営企業はサンクムの幹部が支配するようになっていった[6]。それによって当初の仏教社会主義の理念から乖離していき、政情も不安定化していった。

 
ロン・ノル。サンクム体制化で首相となったが、後に親米クーデターを起こす

1967年4月、バタンバン州のサムロート(サムラウト)で政府による余剰米の安価な強制買い付け(フランス語: ramassage du paddy)に反対する農民との間で衝突が起き[7][8]、カンプチア共産党は反米反政府のビラを撒いて暴動を煽動[9]した。サムロート周辺の鎮圧作戦は数か月間続き、サンクムの内部でロン・ノル首相らの右派や秘密警察の勢力が強まりキュー・サムファンは地下潜行を余儀なくされるなど、左派との対立・衝突は強まっていく(ただロン・ノルはその後に交通事故で一時引退を余儀なくされ、シハヌークはこれを機に右派とのバランスを取るために左派の人物を政権に登用している。このときの後任の首相はソン・サンであった[10])。

それでも後の悲惨なカンボジア内戦[11]に比べれば、シハヌークとサンクムが統治した時期は相対的に平穏だったとされており[12]、実際に強制買い付けなどがあったとはいえ、豊富な農業生産高を誇る食料輸出国でもあった。

中立政策とベトナム戦争への関与編集

 
ホーチミン・ルート。南端のオレンジの線がシアヌーク・トレイル

またベトナム戦争においてシハヌークとサンクムの政権は中立政策を採ることで左右に偏らない宗教上の社会秩序平和オアシスとして「東南アジアキャメロット」のイメージを喧伝したが[13]、戦争の激化によって1965年2月にアメリカが北ベトナムへの爆撃(北爆)を開始するとカンボジアは対米断交に踏み切り、さらにホーチミン・ルートの一部としてシアヌーク・トレイル英語版の設置を黙認して北ベトナム寄りの姿勢もみせた。

この頃からカンボジアの余剰米の少なくとも4分の1が北ベトナムと南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)に売り渡されていたという(上記のサムロートでの衝突の背景にも、この政策があった)。これに対しアメリカ軍南ベトナム空軍はしばしばカンボジア領内へも限定的ながら爆撃を加え、またシハヌークとサンクムを「容共」の存在とみなし[14]、その排除をめざすようになった。

体制の終焉から本格的な内戦へ編集

 
サンクム体制の崩壊後すぐカンボジアに介入したアメリカ軍
 
アメリカ軍のカンボジア介入を説明するニクソン米大統領

1970年3月18日、首相に復帰していたロン・ノルが親米派のシリク・マタク副首相(シハヌークの従兄弟)らと、ソ連モスクワ中国北京外遊中だったシハヌークを国家元首から解任するクーデターを起こし、引き続きアメリカ軍のカンボジアへの大規模な軍事介入を(公式に)許可、カンボジア内戦が開始された。10月には王制を廃止しクメール共和国の成立を宣言。これらの動きに対してシハヌークは北京からロン・ノルへの抵抗を訴え、これまで敵対していたクメール・ルージュと一転して手を結ぶこととなった(カンプチア王国民族連合政府)。こうした情勢の急変のなかサンクムも国内での存在価値を失い、公式には1971年2月18日に解散した。その後の内戦とクメール・ルージュの支配による大虐殺によりカンボジアの経済は徹底的に破壊されたが、そのなかでシハヌークを支持する独自の勢力は穏健派として基盤を維持・温存することに成功し、民主カンプチア政権(クメール・ルージュ政権)期の1978年におけるフンシンペック結成へと結びつくこととなる。

サンクムへの評価編集

 
シハヌーク(1983年)。反ベトナム派のひとつ、フンシンペックの指導者として

シハヌークやサンクムに批判的な者はその保守的かつ権威主義的なステイタス・クオとしての側面を強調する[15]。いっぽうカンボジアの庶民民主主義に参加することをコミュニティ開発を通じて行った実用的な試みとする考え[16]もあり、シハヌーク個人や1993年王政復古への評価も含めて大きく見解が割れる。

いずれにせよ、後の悲惨なカンボジア内戦やポル・ポト時代に比べて、特にサンクムの時期の前半に「まだ安定した時期だった」とのノスタルジーを感じる高齢者が多いことは確かであり、現在でもサンクム・チャ(旧社会)[17]と呼ばれ懐古されている(カンボジアでは高齢者とは、悲惨な時代を辛うじて生き延びた者であるが)。

脚注・出典編集

  1. ^ コトバンクでの「サンクム」への言及では、すべて「人民社会主義共同体」を日本語訳として採用している。[1]
  2. ^ Dommen, A. The Indochinese experience of the French and the Americans, Indiana University Press, 2001, p.318
  3. ^ Dommen, A. 上掲書 ,pp.359-360
  4. ^ Kershaw (2001). Monarchy in South East Asia. p. 57. 
  5. ^ ベン・キールナン. How Pol Pot came to power, Yale University Press, 2004, p.158
  6. ^ Ross, R. Library of Congress Country Studies: Cambodia - Domestic Developments, 1987
  7. ^ 清野 真巳子『禁じられた稲-カンボジア現代史紀行』連合出版、p.42
  8. ^ 『NAM』同朋舎出版、見聞社編、p.532
  9. ^ デービッド・P・チャンドラー,『ポル・ポト伝』めこん、p.131
  10. ^ このようにシハヌークおよびサンクムは左派の人物の登用と弾圧を繰り返した。
  11. ^ しかしサムロートでの衝突をカンボジア内戦の開始とみなすベン・キールナンらの見解もある。上掲書 pp.250-253
  12. ^ ベン・キールナン. 上掲書 pp.175-176
  13. ^ Ayres, D. M Anatomy of a crisis: education, development, and the state in Cambodia, 2000, p.31
  14. ^ ここに反共であると同時に容共であるという、民族主義社会主義を兼ね備えたが故のサンクムの複雑な性格が表れている。
  15. ^ ノーム・チョムスキーエドワード・ハーマンAfter the cataclysm, South End Press, 1979, pp.216-217
  16. ^ Kershaw, R. Monarchy in South-East Asia: The Faces of Tradition in Transition, Routledge, 2001, pp.56-57
  17. ^ シアヌーク前国王死去 カンボジアの現代史を体現iza』2012年10月16日

関連項目編集