メインメニューを開く

サンタナ (バンド)

ロックバンド

経歴編集

1966年サンフランシスコで結成されたサンタナ・ブルース・バンドが前身である。その後サンタナと改名し、1969年コロムビア・レコードと契約してデビュー。それと同時期にウッドストック・フェスティバルに出演し、大きな話題となった。当時のメンバーにはグレッグ・ローリー[1]がいた。ラテン・ロック[2]のアルバムであるファーストからは「ジンゴー」が話題になった。セカンド・アルバム『天の守護神』(1970年)がビルボード誌のアルバム・チャートで1位を獲得。「ブラック・マジック・ウーマン」[3]はロック・クラシックスとなった[4]。他に「オイェ・コモバ」[5]、「イヴィル・ウェイズ」[6]もよく知られた人気曲である。1971年のアルバム『サンタナIII』ではニール・ショーンが加入してツイン・ギター編成となるが、ジャズ・ロック色を強めたアルバム『キャラバンサライ』(1972年)発表後、大幅なメンバー・チェンジが起こる。新たにトム・コスターらが加入した。またカルロス・サンタナはソロとして、バディ・マイルズ[7]やジョン・マクラフリンらと共演アルバムを発表している。

1973年7月の大阪厚生年金会館での模様は、横尾忠則デザインのジャケットでも有名なライヴ盤『ロータスの伝説』(1974年)に収録された。76年の「哀愁のヨーロッパ」[8]は日本でヒットした。翌77年の「シーズ・ノット・ゼア」[9]はアメリカ、日本両国でヒットしている。

アルバム『ジーバップ!』(1981年)は、全米9位のヒット作となる。グレッグ・ウォーカーが歌う「ホールド・オン」もアメリカで小ヒットした。その後の作品はチャート上では低迷するが、バンドは活動を継続。『フリーダム』(1987年)では、過去にサンタナと共演したドラマー、バディ・マイルス(ジミ・ヘンドリクスとも共演)がボーカルを担当した。サンタナは1998年にはロックの殿堂入りを果たした。

1999年に発表したアルバム『スーパーナチュラル』は、バンドにとって28年ぶりの全米1位獲得を果たし、アメリカだけで1500万枚、全世界で3000万枚以上を売り上げるという大復活となる。同作は、グラミー賞史上最多の9部門を受賞し、収録曲「スムース (Smooth)」は、ビルボードのHOT 100で12週連続1位を獲得、バンドにとって初の全米1位シングルとなった。2002年には、アルバム『シャーマン』も全米1位を獲得した。その後、女性ヴォーカリストをゲストに迎えた「ゲーム・オブ・ラブ」もヒットしている。

2016年のアルバム『サンタナIV』は、『サンタナIII』に参加したメンバーのうち5人が再結集して制作された[10]

メンバー編集

デビュー時編集

過去のバンド・メンバー編集

ボーカリスト キーボーディスト ギタリスト
ベーシスト ドラマー パーカッショニスト
  • ガス・ロドリゲス (Gus Rodriguez): 1970年-1971年
  • デイヴ・ブラウン (David Brown): 1967年-1971年、1974年-1976年
  • トム・ラトレー (Tom Rutley): 1971年-1972年
  • ダグ・ローチ (Doug Rauch): 1972年-1973年
  • バイロン・ミラー (Byron Miller): 1976年
  • パブロ・テレス (Pablo Telez): 1976年-1977年
  • デヴィッド・マーゲン (David Margen): 1977年-1982年
  • キース・ジョーンズ (Keith Jones): 1983年-1984年、1989年
  • アルフォンソ・ジョンソン (Alphonso Johnson): 1985年-1989年、1992年
  • ベニー・リートヴェルド (Benny Rietveld): 1990年-1992年、1997年-
  • マイロン・ダヴ (Myron Dove): 1992年-1996年
  • クリス・ディノイア (Chris DiNoia): 1997年-1999年
  • クリス・シェヴェーグラー (Chris Schwegler): 2006年-現在
その他の楽器  
  • ジュールス・ブルサード (Jules Broussard) - サクソフォーン: 1974年-1975年
  • マイルス・デイヴィス (Miles Davis) - トランペット: 1976年
  • アレックス・ジャックマン (Alex Jackaman) - トランペット: 1993年
  • オラン・コルトレーン (Oran Coltrane) - サクソフォーン: 1992年
  • ラッセル・タブス (Russell Tubbs) - フルート: 1978年
 

日本公演編集

7月25日 大阪、26日 東京
6月27日 福岡市九電記念体育館、28日 広島郵便貯金会館、30日,7月1日 名古屋市公会堂、2日,3日,4日 大阪厚生年金会館、5日 京都会館、6日,7日 日本武道館、10日,11日 北海道厚生年金会館
11月23日 金沢市民会館、25日 新潟県民会館、26日 秋田県民会館、29日,30日 北海道厚生年金会館、12月3日 横浜文化体育館、5日 名古屋市公会堂、6日 和歌山県民文化会館、7日,12日 大阪厚生年金会館、8日 渋谷公会堂、9日,10日 日本武道館、11日 京都会館、13日 広島県立体育館、14日 福岡九電記念体育館
2月20日,21日 日本武道館、22日 フェスティバルホール、25日,3月1日 大阪厚生年金会館、27日 京都会館、28日,29日 高松文化センター、2日 岡山県立体育館、3日 新日鐵大谷体育館、5日 熊本県立体育館、6日 福岡九電記念体育館、8日 広島県立体育館、9日 名古屋市公会堂、10日 横浜文化体育館、11日,12日 渋谷公会堂、13日 新潟県立体育館、15日 登別室蘭健保体育館、16日,17日 北海道厚生年金会館
10月16日 福岡九電記念体育館、18日 広島郵便貯金会館、19日 大阪厚生年金会館、20日 名古屋市公会堂、22日,23日 日本武道館、24日,25日 フェスティバルホール
8月2日 横浜スタジアム、3日 京都会館、4日 名古屋市公会堂、6日 フェスティバルホール、7日 福岡スポーツセンター
7月3日 横浜文化体育館、4日 浜松市民会館、6日,7日 フェスティバルホール、9日 名古屋市公会堂、10日 NHKホール、11日 宇都宮市文化会館、13日 群馬音楽センター、14日 千葉県文化会館、15日 中野サンプラザ、16日 日本武道館
6月1日 軽井沢プリンスホテル
5月15日,18日 フェスティバルホール、17日 福岡サンパレス、19日 名古屋市公会堂、21日 日本武道館、22日 神奈川県民ホール
4月20日 神奈川県民ホール、21日 川口リリア、22日 日本武道館、24日 神戸国際会館、25日 フェスティバルホール、26日 名古屋市民会館
4月22日,23日 東京国際フォーラム、24日 神奈川県民ホール、26日 愛知県勤労会館、27日 フェスティバルホール、28日 日本武道館
11月6日 フェスティバルホール、7日 名古屋センチュリーホール、8日 なんばHatch、10日,11日 日本武道館
7月22日 富士スピードウェイ、23日 泉大津フェニックス
3月12日 日本武道館、13日 東京国際フォーラム
4月22日 盛岡市民文化ホール、24日 大阪市中央体育館、25日 名古屋センチュリーホール、27日 日本武道館

アメリカ公演編集

9月 カリフォルニア州グレン・ヘレン・リージョナル公園[12]

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

ライブ・アルバム編集

コンピレーション・アルバム編集

  • 『オリジナル・グレイテスト・ヒッツ』 - Greatest Hits (1974年)
  • 『ビバ・サンタナ』 - Viva Santana! (1988年) ※フィルモア出演20周年記念
  • 『ダンス・オブ・ザ・レインボー・サーペント』 - Dance of the Rainbow Serpent (1995年)
  • 『ザ・ベスト・オブ・サンタナ』 - The Best Of Santana (1998年) ※デビュー30周年記念
  • 『ザ・ベスト・オブ・サンタナ VOL.2』 - The Best Of Santana VOL.2 (2000年)
  • 『ザ・ビギニングス』 - Fried Neckbones & Home Fries (2000年)
  • 『エッセンシャル』 - The Essential (2002年) - SME Essential Series
  • 『サンタナ紀元』 - The Birth Of Santana (2002年)
  • 『セレモニー』 - Ceremony - remixes & rarities (2004年)
  • 『ヴェリー・ベスト・オブ・サンタナ』 - Ultimate Santana(2007年)

カルロス・サンタナ ソロ・プロジェクト編集

  • 『カルロス・サンタナ&バディ・マイルス!ライヴ!』 - Live! - Carlos Santana & Buddy Miles (1972年)
  • 『魂の兄弟たち』 - Love,Devotion and Surrender (1973年) ※Carlos Santana & Mahavishnu John McLaughlin名義
  • 『啓示』 - Illuminations (1974年) ※Carlos Santana & Alice Coltrane名義
  • 『ワンネス』 - Oneness,Silver Dreams - Golden Reality (1979年)
  • 『スイング・オブ・デライト』 - Swing Of Delight (1980年)
  • 『ハバナ・ムーン』 - Havana Moon (1983年)
  • 『サルバドールにブルースを』 - Blues For Salvador (1987年)
  • 『サンタナ・ブラザース』 - Santana Brothers (1994年)
  • 『ディヴァイン・ライト:カルロス・サンタナRemix/ビル・ラズウェル』 - Divine Light - Bill Laswell Remixed (2001年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ http://www.allmusic.com/artist/gregg-rolie-mn0000193526
  2. ^ http://www.latinrockinc.net/
  3. ^ オリジナルはUKのフリートウッド・マック
  4. ^ http://www.billboard.com/music/santana
  5. ^ オリジナルはラテンのティト・プエンテ
  6. ^ オリジナルはラテンのウィリー・ボボ
  7. ^ http://www.allmusic.com/artist/buddy-miles-mn0000943936
  8. ^ ドラムスは、エヌドゥーグー・チャンクラ-が担当している
  9. ^ オリジナルはゾンビーズである
  10. ^ サンタナ、クラシック・ラインナップで新作”. BARKS. Japan Music Network (2016年4月8日). 2017年4月28日閲覧。
  11. ^ http://www.santana.com/players/tommy_anthony.aspx
  12. ^ サンタナ、82年の未発表ライブ映像が発掘&米テレビ局にて放送!収録曲1曲が公開に ARBAN、2018年6月15日閲覧。
  13. ^ http://www.billboard.com/music/santana
  14. ^ http://www.billboard.com/music/santana

外部リンク編集