サンタ・チェチーリア音楽院

サンタ・チェチーリア音楽院(サンタ・チェチーリアおんがくいん、イタリア語: Conservatorio Santa Cecilia)は、イタリアローマにある音楽院

サンタ・チェチーリア音楽院
Conservatorio Santa Cecilia
C Marzio - v d Greci conservatorio s Cecilia 1210269.JPG
1878年7月17日に修道院から移築された門[1]
種別 国立音楽院
設立年 1869年
所在地
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

歴史編集

16世紀に創設されたサンタ・チェチーリア国立アカデミアを母体とする。19世紀初めに音楽院の必要性が考慮され始め、1839年から1840年にかけてガスパーレ・スポンティーニがローマに滞在した際に、高名な作曲家を校長に迎える案を持ったが、ローマ教皇庁の信頼を得られず不調に終わった。1869年、ジョヴァンニ・ズガンバーティが学生と低所得者向けに無料でピアノの教授を始め、次いでエットレ・ピネリがヴァイオリンで続いた。1870年5月23日、学生各10人の2教室で正式に開校した[1]

イタリア王国の成立後、ジョヴァンニ・ズガンバーティが教師陣を増やしながら無償での音楽教育を続けた結果、教育省イタリア語版の目にとまり、1875年に音楽高等学校として年額1万リラの予算を得た。その後、国や地方からの援助により財政的にアカデミアから独立し、教師に給料の支払いが可能となった。1911年に法制上独立機関となり、1919年にはアカデミアから分離して国立化、サンタ・チェチーリア音楽院となった[1]

2020年、コロナウイルスの流行を防ぐという名目で、ロベルト・ジュリアーニ院長は最近帰国したかどうかに関わらず「2月5日に当院の医師が診察し再登校を認めるまで、すべての東洋人のレッスンを中止し、病欠扱いとする」と発表した。伊ラ・レプッブリカ紙によると多くの教員は院長の署名入りの発表に絶句し、「レッスンに参加する学生の権利を侵害し、差別・恐怖・不条理を広める」と懸念しているという。中国人・韓国人・日本人の学生はローマとその近郊に住んでおり、移民二世も多く含まれているにも関わらず無差別に行われる措置は人種差別と非難の声があがっている[2][3]

特色編集

蔵書30万冊を超える図書館が知られている[1][4]

出典編集

  1. ^ a b c d Dal Liceo Musicale al Conservatorio”. サンタ・チェチーリア音楽院 (2009年). 2015年2月16日閲覧。
  2. ^ “新型コロナウイルス 伊の国立音楽院「すべての東洋人へのレッスン中止」”. ハフポスト. (2020年1月31日). https://www.huffingtonpost.jp/entry/story-coronavirus-france_jp_5e338415c5b69a19a4ac9d4f 2020年1月31日閲覧。 
  3. ^ Roma, psicosi coronavirus. Il Conservatorio di Santa Cecilia impone: "Visita obbligatoria per tutti gli allievi orientali"” (イタリア語). la Repubblica (2020年1月29日). 2020年2月1日閲覧。
  4. ^ ローマ・サンタチェチーリア音楽院”. アンドビジョン. 2015年2月16日閲覧。

外部リンク編集