サンチョ3世 (カスティーリャ王)

サンチョ3世スペイン語Sancho III, 1134年 - 1158年8月31日)は、カスティーリャ王国国王(在位:1157年 - 1158年)。「The Desired(el Deseado)」と呼ばれる。「ヒスパニア皇帝」を自称したカスティーリャ=レオンアルフォンソ7世と王妃ベレンゲラ・デ・バルセロナの長男[1]。レオン王フェルナンド2世の兄。

サンチョ3世
Sancho III
カスティーリャ王
Sancho III de Castela - Compendio de crónicas de reyes (Biblioteca Nacional de España).png
在位 1157年 - 1158年

出生 1134年
Flag of Castile.svg カスティーリャ王国トレド
死去 1158年8月31日
Flag of Castile.svg カスティーリャ王国、トレド
埋葬 Flag of Castile.svg カスティーリャ王国トレド大聖堂
配偶者 ブランカ・ガルセス・デ・ナバラ
子女 アルフォンソ8世
家名 ボルゴーニャ家
王朝 ボルゴーニャ朝
父親 アルフォンソ7世
母親 ベレンゲラ・デ・バルセロナ
テンプレートを表示

生涯編集

1157年に父王アルフォンソ7世は死去するが、その遺言により王国を弟フェルナンドと分割した。サンチョはサンチョ3世としてカスティーリャ王に、フェルナンドはフェルナンド2世としてレオン王にそれぞれ即位した[2]。しかしサンチョ3世は即位後1年も経たない1158年8月31日に急死し、王妃ブランカナバラガルシア6世の王女)との間に生まれていた一人息子アルフォンソがアルフォンソ8世として王位を嗣ぐこととなった。

脚注編集

  1. ^ M. M. Busk, p. 31.
  2. ^ Peter Linehan, p. 8.

参考文献編集

  • M. M. Busk, The history of Spain and Portugal from B.C. 1000 to A.D. 1814, Baldwin and Cradock, 1833.
  • Kenneth John Conant, Carolingian and Romanesque Architecture, 800 to 1200, Yale University Press, 1959.
  • Peter Linehan, Spain:A Partible Inheritance 1157-1300, Blackwell Publishing Ltd, 2011.
  • Joseph F. O'Callaghan, A History of Medieval Spain, Cornell University Press, 1975.