サンディエゴ・コミコン

サンディエゴ・コミコン・インターナショナルSan Diego Comic-Con International)は、1970年以来、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴで毎年開催されているコミコンであり、非営利[2]のマルチ・ジャンル・娯楽イベントである。ウェブサイト上での名称はComic-Con International, San Diegoであり、一般的にはコミコンComic-Con)、サンディエゴ・コミコンSan Diego Comic-Con)、SDCCと呼ばれている[3]

サンディエゴ・コミコン
San Diego Comic-Con
状況 活動中
種類 マルチジャンル
会場 サンディエゴ・コンヴェンションセンター(メイン)
ダウンタウン・サンディエゴ(様々)
会場所在地 カリフォルニア州サンディエゴ
開催国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
初回開催 1970年3月21日 (52年前) (1970-03-21) (Golden State Comic Book Conventionとして)
最終開催 2019年7月21日 (3年前) (2019-07-21)
次回 2021年11月26日 (11か月前) (2021-11-26)
来場者数 2015年: 約167,000人[1]
主催 コミコン・インターナショナル
税申告資格 非営利団体
ウェブサイト
www.comic-con.org

概要編集

このコンベンションは、1970年にシェル・ドルフ、リチャード・アルフ、ケン・クルーガー、マイク・トウリーらサンディエゴのグループによってゴールデン・ステート・コミック・ブック・コンベンションGolden State Comic Book Convention)として創設された。後に「サンディエゴ・コミック・ブック・コンベンション」と呼ばれるようになった。ドルフはインタビューの中で、第1回目のコンでは500人の参加者を集めたいと語っていた[4]。夏(2003年からは7月)の4日間、サンディエゴのサンディエゴ・コンベンション・センターで開催される。正式な開催に先立つ水曜日の夜には、プロフェッショナル、出展者、4日間の事前登録ゲストが、展示ホールを歩き、コンベンション中に何が販売されるかを確認する機会を提供するプレイベント「Preview Night」に参加することができる。

当初は、コミック・ブックやSF・ファンタジー関連の映画、テレビなどの大衆芸術を中心に紹介していたが、現在では、ホラー、洋画、アニメマンガ、玩具、トレーディングカードゲームビデオゲームウェブコミック、ファンタジー小説など、ほぼすべてのジャンルのポップカルチャーやエンターテインメントの要素が含まれるようになった。2010年以降は毎年、サンディエゴ・コンベンション・センターを満員にする13万人以上の来場者を記録している[5]。毎年開催されるコミックとポップカルチャーの祭典としては世界最大規模であることをはじめ、いくつかのギネス世界記録を持っている[6]

SDCCは新型コロナウイルスのパンデミックの影響で2度中止になった。2020年は、SDCCが設立されて以来、初めて延期されることになった[7][8]

歴史編集

1970年にシェル・ドーフ、リチャード・アルフ、ケン・クルーガー、マイク・トウリー、バリー・アルフォンソ、ボブ・サーク、グレッグ・ベアによって設立されたコンベンションである[9][10]。初期のコミックブックやSFクラブのミーティングは、オーシャンビーチのKrueger's Alert Booksで行われ、初期のConsの基盤の多くがここで作られた[11]。1960年代半ば、デトロイト生まれのコミック・ファンであるドーフは、商業的なコミック・ファン・コンベンションの先駆けとなる「デトロイト・トリプル・ファン・フェア」(Detroit Triple-Fan Fairs)を開催していた。1970年にカリフォルニア州サンディエゴに移住した際には、1970年3月21日に1日だけのコンベンション(Golden State Comic-Minicon)を開催したが、これは「より大きなコンベンションを開催するための『予行演習』のようなもの」だった。ドルフは、その後、コンベンションと疎遠になるまでの数年間、社長やマネージャーとしてコンベンションに関わった[12]。アルフはクルーガーと第1回大会の共同議長を務め、1971年には議長に就任した[10]

 
1982年、ゴールデン・ホールの外に集まった観客

1970年8月1日から3日までの3日間、U.S.グラントホテルで開催された「ゴールデンステート・コミコン」は、300人の参加者を集めた[13]。その他、コンベンションの初期には、エル・コルテス・ホテル、カリフォルニア大学サンディエゴ校、ゴールデン・ホールなどで開催されたが、1991年にサンディエゴ・コンベンション・センターに移転した[14]。1971年に会長を務めたリチャード・アルフは、コンベンションが成長した初期の要因として、「ソサエティー・フォー・クリエイティブ・アナクロニズムなどの他のファンダムとネットワークを組んで、コミコン(組織委員会)の基盤を拡大しようとしたこと」を挙げている[15]。コミコンの起源に関するローリング・ストーン誌の記事では、初期のビジネス問題を担当し、イベントを非営利団体が主催するように働きかけたクルーガーの功績が記されている。1970年代後半になると、コミコンは大きく成長し、ボブ・シュレックは当時の上司であったクリエーション・エンターテインメント社のゲイリー・バーマンと面会したときのことを次のように語っている。バーマンが『このショーは我々のショーより大きくない!』と繰り返して自分を納得させている間、私は黙ってフロアを歩き、その大きさに唖然とし、畏敬の念を抱いていた。私は吹き飛ばされてしまった」[16]。1984年から1994年頃まで、「サンディエゴ・コミコン」の関連イベントとして「サンディエゴ・コミックブック・エキスポ」という見本市が開催されていたが、その主催者はデビッド・スクロギーだった[17]

フォーブス誌によると、このコンベンションは「世界最大のコンベンション」[18]であり、パブリッシャーズ・ウィークリー誌は「コミコン・インターナショナル: サンディエゴは北米最大のショー」としている[19]。このコンベンションの地域経済効果は、年間1億4千万ドル以上と推定されている[20]。しかし、2009年には、この推定経済効果が、コミコン以外の季節的なビジネスに悪影響を与えているとされたこと、参加者の個人消費額の推定が低いこと、参加者の多くがサンディエゴに住んでいること、コンベンションの影響は経済的なものよりも文化的なものであることなどが批判された。

2020年4月17日、第53回大会は新型コロナウイルスのパンデミックの影響で中止となった。2020年の代替イベントとして、同時期にデジタルストリーミングイベント「SDCC@Home」が開催された。その後、2021年の開催に向けて計画が進められたが、2021年3月1日に再び中止が発表された。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Valenzuela, Beatriz (2016年7月16日). “How the security team at Comic-Con works to keep fans safe”. Los Angeles Daily News. San Bernardino Sun. http://www.dailynews.com/arts-and-entertainment/20160716/how-the-security-team-at-comic-con-works-to-keep-fans-safe 2016年7月19日閲覧。 
  2. ^ About Comic-Con International” (英語). Comic-Con International: San Diego (2012年5月28日). 2019年4月18日閲覧。
  3. ^ Whitehurst, Lindsay (2017年6月27日). “Judge to decide who gets comic con naming rights”. The Associated Press. https://www.apnews.com/c8d1525e447f4a0d8bbbd2fd47d84d0d 2017年7月15日閲覧。 
  4. ^ COMIC-CON BEGINS”. comic-con-begins.simplecast.com. 2021年1月20日閲覧。
  5. ^ Weisberg, Lori (2010年11月22日). “Comic-Con registration crashes for second time”. San Diego Union-Tribune (San Diego, California). http://www.signonsandiego.com/news/2010/nov/22/comic-con-registration-crashes-for-second-time/ 2010年11月24日閲覧。 
  6. ^ Glenday, Craig (2013年7月18日). “San Diego Comic-Con – a geeky hotbed of record breaking”. London, England: Guinness World Records. http://www.guinnessworldrecords.com/news/2013/7/san-diego-comic-con-a-geeky-hotbed-of-record-breaking-49972/ 2017年7月6日閲覧。 
  7. ^ Polo, Susano (2020年4月17日). “San Diego Comic-Con 2020 canceled due to coronavirus concerns”. Polygon. 2020年4月17日閲覧。
  8. ^ Gelman, Vlada (2021年3月1日). “Comic-Con 2021 Cancelled; Organizers Eye Smaller, In-Person November Event” (英語). TVLine. 2021年3月1日閲覧。
  9. ^ “Comic-Con co-creator Ken Krueger dies”. BBC News. (2009年11月25日). オリジナルの2016年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160304000150/http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/8379221.stm 2012年1月7日閲覧。 
  10. ^ a b Rowe, Peter (2012年1月5日). “Richard Alf, 59, one of Comic-Con's founders”. The San Diego Union-Tribune. オリジナルの2016年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160305075120/http://www.sandiegouniontribune.com/news/2012/jan/05/richard-alf-59-one-comic-cons-founders/ 2012年1月7日閲覧。 
  11. ^ Column: San Diego Comic-Con gets the superhero treatment in a new SiriusXM podcast”. San Diego Union-Tribune (2021年6月25日). 2021年6月26日閲覧。
  12. ^ Evanier, Mark (2009年11月3日). “Shel Dorf, R.I.P.”. POV Online. 2009年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月26日閲覧。
  13. ^ Comic-Con Souvenir Book No. 40 p.61 (2009)
  14. ^ Rowe, Peter.
  15. ^ "Comic Con Memories The 70s".
  16. ^ "Comic Con Memories The 80s".
  17. ^ David Scroggy entry, Who's Who of American Comic Books: 1928–1999.
  18. ^ David M. Ewalt if you come you will never leave and die (2011年7月25日). “The Coolest Costumes Of Comic-Con”. Forbes. https://www.forbes.com/sites/davidewalt/2011/07/25/costumes-comic-con-cosplay/ 2013年7月9日閲覧。 
  19. ^ MacDonald, Heidi (2013年6月19日). “What are the biggest comic-cons in North America?”. Publisher Weekly (PWxyz, LLC.). オリジナルの2014年8月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140807110133/http://blogs.publishersweekly.com/blogs/PWxyz/2013/06/19/what-are-the-biggest-comic-cons-in-north-america/comment-page-1/ 2014年9月5日閲覧。 
  20. ^ Tobias, Andrea (2018年7月25日). “Economic impact of Comic-Con International San Diego”. KUSI. https://www.kusi.com/economic-impact-of-comic-con-international-san-diego/ 2018年9月5日閲覧。 

参考文献編集

外部リンク編集