サンディー

日本の女性歌手

サンディー(Sandii、1951年12月27日 - )は、日本女性歌手フラ指導者。東京都田無市(現:西東京市)出身。本名:鈴木 あや日本芸術専門学校特別講師。

来歴・人物編集

アメリカ人と日本人とのハーフ。10歳のときにハワイへ渡り、12歳の頃から歌手として活動[1]ホノルルカイルア・ハイスクールを卒業した[2]1974年には「サンディ・愛」名義でトニー荒木(トニーズのリーダーで荒木久美子の父)が作曲した「ペルシャ猫は恋泥棒」でレコード・デビューした。日本では1975年から本格的に活動し、「サンディー・アイ」名義で「くちづけは許して」で歌手デビューしたほか、NHKラジオ第1放送トーク番組若いこだま』パーソナリティを務めた。当時は23歳で身長163センチメートル(cm)、スリーサイズはバスト95 cm、ウエスト58 cm、ヒップ93 cm[1]。そのスタイルの良さから、ステージやレコード・ジャケットでの肌の露出度も高く、ハイスクールの後輩アグネス・ラムより早くグラビアアイドルとしても活躍した。1976年「サンディー」名義の初シングル「グッドバイ・モーニング」で第7回世界歌謡祭のグランプリと最優秀歌唱賞を受賞。1978年、映画『ナイル殺人事件』の主題歌「ミステリー・ナイル(「サンディー・オニール」名義)」がヒットする。

1980年細野晴臣プロデュースの「サンディー」名義の初アルバム『イーティン・プレジャー (Eating Pleasure)』を日本、イギリスでリリース。 また同アルバムから、「ラヴ・シック(cw/ イーティン・プレジャー)」をシングル・カット。

その後、「久保田麻琴と夕焼け楽団」を母体にした「サンディー&ザ・サンセッツ英語版[3]を結成し、世界各国のツアー活動を開始。オーストラリアでシングル「スティッキー・ミュージック」がヒットする。この頃より、日本よりも海外での評価が高まってゆく。

1990年より再びソロ活動を開始し、アルバム『マーシー』をリリース。元々アジア色の濃い音楽性であったが、久保田とディック・リーとの共同プロデュースにより、このアルバムによってそのスタイルがより強固になってゆく。1994年リリースのアルバム『ドリーム・キャッチャー』は海外でも高く評価され、服部良一音楽祭優秀アルバム賞を受賞している。

90年代中盤頃より、自身のルーツであるハワイ音楽に傾倒。『サンディーズ・ハワイ』などハワイアンを基調としたアルバムをセルフプロデュースで次々とリリースしている。クム・フラ(「フラの教師」の意)でもある。

変名を多用する人物で、先述の「サンディー・アイ」「サンディー・オニール」以外でも「サンドラ・ホーン[4]」名義で『ルパン三世』(第2期)のエンディング曲「ラブ・スコール」を歌っている。それ以外には「久保田あや」など。海外では先述の「サンディ・愛」のほか「サンディー・鈴木」の芸名で活動する事もある。又ゴダイゴなど他のミュージシャンのコーラスCMソング(ノークレジットである事が多い)などのセッション活動も多い。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

名義 発売日 レーベル 規格 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
サンディ・愛 Sandie I 1974年 パイナップルレコード EP TRS-5002 A ペルシャ猫は恋泥棒 PERUSHA NEKO WA KOI DOROBO トニー荒木 日本デビュー前にハワイで発売
B あの人 ANOHITO
サンディー・アイ 1975年 東宝レコード EP AT-1118 A くちづけは許して 葵ゆうじ 葵まさひこ
B 恋の仲直り
1975年 EP AT-1132 A 愛のメロディー りりぃ 葵まさひこ
B 日曜日の午後 りりぃ&サンディー・アイ りりぃ 土田治一
サンディー 1976年11月25日 ディスコメイト・レコード EP DSF-105 A グッドバイ・モーニング Goodbye Morning 庄野真代 なかじまかおる 山室鉱一 1992年近藤房之助が当時Mi-Ke宇徳敬子宇徳敬子&近藤房之助名義で、『Good-by morning』としてカバー。
B マドモアゼル・ママ Mademoiselle Mama 大杉弓子
サンディー・オニール 1978年 東芝EMI

Eastworld

EP EWR-20497 A ミステリー・ナイル 映画『ナイル殺人事件』イメージソング
B ミステリー・ナイル Part2
1979年 EP EWR-20555 A ヘイ!キング・コング King Kong
B シェリー Sherry
サンドラ・ホーン 1978年 日本コロムビア EP YK-111-AX A Lupin III '79 大野雄二 テレビアニメ『ルパン三世』オープニングテーマ
B ラヴ・スコール Love Squall テレビアニメ『ルパン三世』エンディングテーマ
サンディー 1980年 アルファレコード EP ALR-707 A ラヴ・シック Love Sick
B イーティン・プレジャー Eating Pleasure
サンディー&ザ・サンセッツ 1984年 EP YLR-710 A スティッキー・ミュージック STICKY MUSIC 細野晴臣
B THE MIRRORS OF EYES
1985年5月22日 東芝EMI

Eastworld

EP WTP-17719 A だって夏よっ - Babes in the woods サンディー

補:Jonah Pashby

久保田麻琴 '85 ポーラ・サザン・コールCMソング
B プライベート・ムーン Private Moon
1986年 EP WTP-17853 A バッテリー 映画「熱海殺人事件」エンディング曲
B バッテリー(英語版)
1988年 EP RT07-2114 A No No No 悲しき鉄道員 ショッキング・ブルーのカヴァー
B MAKE BELIEVE つくり話し
1989年 EP RT07-2388 A 涙の太陽 エピック・メンソールCMソング
B Cipher (Maybe Live ver.)
サンディー 1991年 東芝EMI

VIVID

LP VS12-9010 A SURIRAM (RAGGA BASS MIX)
SURIRAM (HIPPY BASS MIX)
SURIRAM (ALBUM MIX)
B TE CHERIR A JAMAIS (RADIO MIX)
TE CHERIR A JAMAIS (T.K.O MIX)
TE CHERIR A JAMAIS (ON THE BEACH MIX)
1994年 エピック・ソニー 8cmCD 1 HAI HAI HAI (Single ver.)
2 Every Day(Ragga Mix)
1994年 8cmCD 1 Dream Catcher
2 Every Day
1994年 8cmCD 1 Seaside Bound
2 Every Day (Malay ver.) duet with Aishah
2 Seringgit Si Dua Kupang
1995年 8cmCD 1 Life - There Is Nothing Higher Than Your Life
2 Life - There Is Nothing Higher Than Your Life (Inst.)

アルバム編集

  • くちづけは許して(1975年)(サンディー・アイ名義)
    2011年08月にオリジナルソング6曲のカラオケをボーナス・トラックで収録し、初CD化。
  • ミステリー・ナイル(1978年)(サンディー・オニール名義)
  • イーティン・プレジャー(1980年)
  • マーシー(1990年)
  • コム・アゲイン(1991年)
    蘇州夜曲」「花〜すべての人の心に花を〜」のダンスミックスも収録。発売から半年で約2万5000枚を販売した[5]
  • パシフィカ(1992年)
    オリコン最高55位。
  • アイルマタ(1993年)
  • ドリーム・キャッチャー(1994年)
  • WATASHI(1996年)
  • サンディーズ・ハワイ(1996年)
  • サンディーズ・ハワイ 2nd(1997年)
  • サンディーズ・ハワイ 3rd(1998年)
  • Sings Pacific Lounge Classics featuring Lune Paolo(1999年)
  • ウクレレ・ドリーミング(2003年)
  • サンディーズ・レムリアン・ハート(2004年)
  • サンディーズ・ハワイ 4th(2007年)
  • Sandii’s Tahitian Passions(2007年)
  • モアナ・ヌイ~ Sandii’s Tahitian Passions 2(2008年)
  • サンディー・ビーチ(2010年)
  • サンディーズ・ハワイ 5th(2011年)
  • サンディーズ昭和ハワイアン ウクレレ・ドリーミング2(2011年)
  • サンディーズ・ハワイ 6th サンディーズ・ハワイ・クリスマス(2013年)
  • サンディーズ・ハワイ 7th アイランドスタイル(2013年)
  • Te Pua No 'ano' a ~ Sandii's Tahitian Passions 3(2015年)
  • Hula Dub(2018年)

サンディー&ザ・サンセッツ編集

  • ヒート・スケール
  • イミグランツ
  • Viva Lava Liva(1984年、YLR-28017)- ベスト盤
  • ラ・ラ・ラ・ラブ
  • リズム・ケミストリー
  • ワン・ラブ
  • オリエンテーション(ベスト盤)

サンディー・ウィズ・ザ・ココナツ・カップス編集

  • Sandii with The Coconut Cups(1999年)
  • ALOHA GROOVIN'(2000年)

サンディー&ザ・ココナツ・カップス編集

  • Mele O Aloha(2006年)

客演編集

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「たわわな果実 サンディー・アイ」『平凡パンチ』第12巻第43号、平凡出版、1975年9月29日、 6頁。
  2. ^ 宮原安春 「現代の肖像 サンディー アジア・ポップスの扉をあけた」『AERA』1994年9月5日号
  3. ^ 当初のバンド名は「ザ・サンセッツ」であった。オーストラリアの新聞に誤報道され、「サンディー&ザ・サンセッツ」と変更した。
  4. ^ 英語表記は、Sandra HornSandii-A-Horn)。
  5. ^ 「ワタシにも歌えちゃう ニュー民謡 ニュー演歌」『日経流通新聞』1991年8月29日付、28頁。
  6. ^ アストロミュージック出版 | 1975〜1979年作品

関連項目編集

外部リンク編集