メインメニューを開く

サンデードラゴンズ


サンデードラゴンズ』(Sunday Dragons[1])は、1983年10月2日からCBCテレビで毎週日曜日に放送されている中日ドラゴンズ情報番組。通称『サンドラ』(新聞テレビ欄にも通称名で表記がされている)。

サンデードラゴンズ
Sunday Dragons
ジャンル スポーツ情報番組
出演者 若狭敬一
柳沢彩美
山田久志
小松辰雄
牛島和彦
立浪和義
ほか
放送分 30分
制作 CBCテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1983年10月2日 -
放送時間 日曜 12:54 - 13:24
公式サイト

特記事項:
放送時間は2017年現在のもの。

目次

概要編集

2017年現在放送中のドラゴンズ応援番組の中では最長寿番組であり、番組冒頭で「SINCE 1983」とクレジットされている。前身は『木俣達彦の燃えよドラゴンズ』という番組で、1983年4月から半年間放送されていた。当初は30分番組であったが、後に放送枠を1時間に拡大。2003年4月6日からは『ニュースな日曜日』のコーナー枠(約30分)に吸収。2006年4月2日からは同時間帯に『サンデージャポン』が放送されるようになった関係で3年ぶりに独立し、日曜日12:54 - 13:24に放送される。

プロデューサーが変更された2008年途中からは、番組に若干の変更(解説者がゲストの際の簡単なVTRの放送、エンディングの提供クレジット表示中にスタッフロールを流すなど)があった。

この番組は基本的にCBCテレビのみで放送されるローカル番組であるが、一時期J SPORTSを通じて全国放送されていたこともある。

放送時間編集

放送時間の変遷編集

  • 日曜 09:00 - 09:30 → 日曜 10:00 - 10:30 → 日曜 10:00 - 10:55 → 日曜 10:00 - 10:40 (1983年10月2日 - 2003年3月30日)
  • 日曜 10:00 - 11:20 (2003年4月6日 - 2006年3月26日、『ニュースな日曜日』内で放送)
  • 日曜 12:54 - 13:24 (2006年4月2日 - 現在)

主な番組コーナー編集

基本的には、シーズン中はその週(前の週の日曜日〜放送前日)のハイライトを中心、シーズンオフはドラゴンズに関連したニュースを中心となっている。

若狭&木俣の肉体改造大作戦編集

サンドラの司会若狭敬一と伝説の予想屋木俣達彦が健康な体をめざして奮闘する企画。

回数 放送日 放送内容 備考
第1回 2012年11月11日 足つぼマッサージ
第2回 2012年11月25日 筋肉トレーニング
第3回 2013年01月13日

おもてなしツアー編集

毎年オフシーズンに行われるおもてなしツアー。

  • 2010年度
  • 2011年度
  • 2012年度

サンドラ学力テスト編集

2013年1月13日、1月20日、1月27日に3週にわたって放送された。

試験結果

順位 生徒 国語 数学 理科 社会 英語 合計
第1位 三瀬幸司 65 90 70 80 60 365
第2位 小林正人 50 80 55 45 60 290
第2位 岩田慎司 45 75 70 45 55 290
第4位 浅尾拓也 45 75 55 45 65 285
第5位 高橋聡文 30 80 55 50 50 265
第6位 山井大介 40 65 45 40 30 220
第7位 朝倉健太 45 35 60 45 25 210
第8位 山内壮馬 30 55 40 35 40 200

けさの撮って出し(若ズバ)編集

14:00からナゴヤドームでデーゲームがある場合、若狭敬一がサンドラ開始前にナゴヤドームで選手などにインタビューをする。

山田チェック編集

山田久志出演時に放送されるコーナー。選手のプレーVTRを見て「普通」、「いいね」、「ファインプレー」のいずれかで判定する。

デーゲーム直前情報編集

ナゴヤドームで14:00からデーゲームがある場合、実況アナウンサーかベンチリポートのアナウンサーが直前情報(先発投手)などを伝える。

落合英二ブルブルの輪編集

落合英二とドラゴンズの選手が内輪ネタで馴れ合いのトークをするコーナー。2008年シーズンオフは料理屋で収録した。なお、落合英二が2010年から韓国・三星の投手コーチに就任した事から、同コーナーは、野球シーズンオフの時期を中心に、不定期放送となっている。

竜'sweek編集

先週の試合のハイライトコーナー。

過去の番組コーナー編集

優子の野球相談室編集

小倉優子が野球に関する相談をCBC解説者に相談する。なお初回の2008年11月30日放送では小松辰雄に対しブルペンについて質問したが、マウンドを知らなかったため、小松を少々あきれさせていた。コーナーの最後には「疑問解決」というハンコが画面に登場する。他にも当時、選手会長であった荒木雅博の出番も多く、小倉の天然さにもめげずに相手をしていた。2009年度に「今年は中日をずっと応援していた」と言い張る小倉に対し、荒木が尊敬する人物にブランコを挙げたが、小倉は公園のブランコだと思い「人名で言うと?」と尋ねられ、「ブランコ選手です」と返すと小倉は「何処(の球団)の選手ですか」とまた尋ね、遂には「ウチの4番打者です、ドラゴンズの試合を観てないでしょう?」と荒木が呆れながら突っ込んだ。ちなみに、山内壮馬投手の風貌から付けられた愛称となっている(チャラ内)の"名付け親"は小倉優子で、山内が当コーナーに出演した際に、小倉から「何か、チャラチャラしてるからチャラ内くんで良い?」と尋ねられたことがきっかけである。

水野裕子始球式85キロへの道編集

水野裕子が中日ドラゴンズ・谷繁元信捕手との約束を番組がバックアップするべく誕生したコーナー。

若狭敬一球速135キロへの道編集

2008年1月6日スタート。若狭がナゴヤドームの試合開始前に行われるスピードボールコンテストの在名局アナウンサー大会で球速135キロを出したら水野裕子と結婚できるという企画。結果として135キロが出なかったため、継続企画として放送された「メガネは踊る」(チア・ドラゴンズのメンバーとしてナゴヤドームで行われる試合前に踊る)に続く。

メガネは踊る編集

若狭敬一球速135キロへの道実施前の放送で山田久志がしゃべった何気ない一言から発展したコーナー。詳しくは「2008年の出来事」を参照。

新人佐藤アナのやります!編集

2009年当時CBC新人アナウンサーだった佐藤幹朗が、ドラゴンズ選手にインタビューして一流のアナウンサーになろうという企画。

DR.K編集

今週の気持ちがいい奪三振を紹介するコーナー。浅尾拓也が常連人物である。

今週のホームラン 編集

今週のドラゴンズ選手が打ったホームランのハイライト映像で紹介するコーナー。ブランコが打ったホームランのみ紹介するコーナーもあった。TBS系列で放送していたドラマ「MR.BRAIN」の便乗企画(DR.Kも同様)。

高木チェック編集

高木守道出演時に放送されるコーナー。選手のプレーVTRを見て「普通」、「ナイス」、「ファインプレー」のいずれかで判定する(但し"ただ横っ飛びで取る事をファインプレーと称賛する傾向にある"事を批判するといった持論の持ち主なので、ファインプレーも高木は「普通」と評することが多い)。

今週のブーちゃん編集

ブーちゃんこと中田亮二選手の今週の活躍を放送する企画。

今週の堂上兄弟編集

兄・堂上剛裕選手、弟・堂上直倫選手の今週の活躍を放送する企画。

板東英二のバンドラ編集

板東英二がドラゴンズに関する都市伝説を語る企画。2011年 - 2012年放送。

回数 トークテーマ
第1回 初代ミスタードラゴンズ西沢道夫
第2回 高木守道の現役時代
第3回 ダンディ 近藤貞雄
第4回 オールスターの思い出①
第5回 オールスターの思い出②
第6回 歴代監督の衝撃エピソード
第7回 ジャイアンツ戦の思い出
第8回 王貞治との思い出
第9回 現役時代のリハビリ
第10回 ミスター長嶋茂雄との思い出
第11回 燃えよドラゴンズ!の思い出
第12回 高木守道監督のエピソード
第13回 高木守道監督の弱点①
第14回 高木守道監督の弱点②
第15回 伝説のスコアラー
第16回 喰次郎コーチのエピソード

高木山田対談編集

月に1度程度シーズン中に行われる高木守道監督と山田久志による対談企画。

出来事編集

2006年編集

4月のリニューアル直後はオープニングの後すぐに番組本編へと入ったが、2006年9月頃からはオープニング→提供クレジット読み→CM→番組本編という流れになった(ただし12月31日の放送はオープニング後すぐに番組本編)。

2006年10月15日の放送は祝!セ・リーグ優勝スペシャルとして30分拡大で14:00まで放送(この日は13:00から放送)。

2006年12月31日の放送は「サンデードラゴンズ〜来季は絶対日本一スペシャル!!〜」として14:00まで放送した。井端弘和渡邉博幸選手がゲスト出演した(渡邉博幸はナゴヤ球場での練習を終了した後、急遽CBCまで直行)。

2007年編集

2007年2月11日の放送は琉球放送の協力で、沖縄県北谷公園野球場から生放送した。

4月1日は開幕1時間スペシャルを放送した。

4月29日は12:54 - 15:00まで「サンデードラゴンズスペシャル 燃えよドラゴンズ!」としてTBSからの裏送りによる横浜ベイスターズ対中日ドラゴンズ戦を放送した。

10月21日の放送は「祝!日本シリーズ進出スペシャル」として30分拡大で14:00まで放送した(この日は13:00から放送)。

11月4日は日本一記念スペシャルとして36分拡大で14:00まで放送した。

12月23日はアシスタントの占部沙矢香が結婚式の翌日のため、若狭が1人で番組を進行した。

12月30日は年末総集編として14時まで拡大。

2008年編集

若狭が130km/hをスピードガンコンテストで出せなかったため、スピードガンコンテストの本番にのぞむ前の番組内での山田久志の一言がきっかけでチアドラをやることとなり、練習を含めて随時番組内で放送され、本番の日の後涙を流した。

このチアドラ企画の後、横浜スタジアム・スタンドでのチアドラ披露など、若狭と番組のチアドラ企画が切っても切れないものになった。

2009年編集

若狭がスピードガンコンテストで130km/hを出せなかったら、小倉優子に自腹でおもてなしをする約束をしたが、6月21日の野球中継の副音声の前にナゴヤドームを案内しただけで達成したことにしたことで、落合英二から反感を買う。なお、その内容は7月5日・12日に放送した。

2009年7月12日祝250盗塁と題して、優子の野球相談室と落合英二ブルブルの輪がコラボして「ブルブルの相談室」を放送した。

2009年7月19日の変化球講座でチェンチェンジアップフォークボールみたいだねと落合英二が言ったところ、若狭は「チェンという名前だからじゃないですか?」と言い、落合を薄々納得させたが、若狭は恥ずかしがっていた。

2009年7月20日からナゴヤドームで「サンドラ弁当」を発売することになった。当日は若狭と夏目が51番通路付近で弁当を販売した。

2009年8月9日から佐藤幹朗が参加、主に選手へのインタビューを担当するが、佐藤が元槍投げ選手だった事にちなみ、当初から「ヤリます!」、「ヤリました!」を自らのキャッチフレーズとして頻繁に使用、後に中日ドラゴンズの選手やファンが持つ応援グッズなどにも多用されることとなった。

2010年編集

佐藤幹朗が若狭の127km/hを超えたら1日キャスターを務められるが、超えなかったらチアドラをやる条件でスピードコンテスト挑戦。見事129km/hを記録し、4月11日に丹野みどりと1日キャスターを務める。

7月18日放送分で、当番組の初の企画である「サンドラ応援ツアー」の中で、ドラゴンズ劣勢の状況で若狭が2008年に罰ゲームでやっていた「チアドラ」の衣装で雰囲気を盛り上げて勝利祈願したが、勝利にはつながらなかった(その試合は2-3でドラゴンズ惜敗)。

2011年編集

12月6日に名古屋競馬場で、第5レースに個人協賛競走として「小田幸平やりましたーっ!!特別」を開催した。ドラゴンズの選手が個人協賛競走を行ったのはこれが史上初。表彰式には当事者の小田・若狭以外に英智野本圭大島洋平の3選手も参加した。この模様はおもてなしツアーの模様と併せて2012年1月29日放送[3]

2012年編集

12月16日は全日本実業団対抗女子駅伝競走大会中継のため、14:54 - 15:24に繰り下げて放送した。

出演者編集

司会・ナレーション等編集

  • 若狭敬一(CBCアナウンサー、2006年4月2日 - ) - 第5代メイン司会
  • 柳沢彩美(CBCアナウンサー、2013年4月7日 - ) - 第11代アシスタント
  • DALE(ナレーション)

コメンテーター編集

その他企画等編集

  • 板東英二 - 板東英二のバンドラ
  • 小倉優子 - 優子の野球相談室
  • 水野裕子(不定期ゲスト)
  • 落合英二 - 落合英二ブルブルの輪
  • 佐藤幹朗(元CBCアナウンサー)
  • 丹野みどり(元CBCアナウンサー)
  • 藤田哲由(中日ドラゴンズチーフトレーナー) - 「哲ちゃんのTVマッサー」のコーナーで、視聴者から寄せられた身体の悩みを克服するトレーニング方法を紹介。

ダイヤモンドナビゲーター編集

過去の出演者編集

メイン司会編集

牛島以外はCBCアナウンサー(現役)

  • 初代:久野誠(1983年10月2日 - 1997年3月30日) - その後、ご意見番(コメンテーター[4])として2001年10月7日から2003年3月30日まで4年半ぶりの出演。
  • 2代:伊藤敦基(1997年4月6日 - 2001年9月30日) - 久野が病気療養のために1997年春の改編をもって降板・休養に入り、伊藤が代理として司会を担当。その後、正式に2代目の司会者に抜擢される。
  • 3代:牛島和彦(2001年10月7日 - 2003年3月30日) - その後も、横浜監督就任時を除いて解説者として出演。
  • 4代:宮部和裕(2003年4月6日 - 2006年3月26日) - 『ニュースな日曜日』内包時代に担当。

サブ司会編集

全てCBCアナウンサー(古木から加藤までと占部は当時、青木・夏目は現役)

コメンテーター編集

  • 近藤貞雄(当時CBC野球解説者)
  • 木俣達彦(当時CBC野球解説者)
  • 落合英二(当時CBC野球解説者、元千葉ロッテマリーンズ投手コーチ)
  • 佐々木恭介(当時MBS野球解説者)
  • 星野仙一(当時CBC客員解説者およびNHK野球解説者)中日監督退任直後の1991年オフから監督復帰直前の1995年オフに不定期出演、2014年11月16日に中日監督時代以来13年ぶりに出演した
  • 田淵幸一(当時TBS野球解説者)ダイエー監督退任後の1992年オフ頃から2001年に不定期に出演
  • 高木守道(当時CBC野球解説者)
  • 森繁和(現中日ドラゴンズ監督)

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『サンドラ』と題して放送されていた時代の番組タイトルロゴ副題より。
  2. ^ ただし、2005年4月から2006年3月まではCBCでも『噂の!東京マガジン』を同時ネットしていた
  3. ^ 東京中日スポーツ・2011年12月7日付 2面
  4. ^ 3代目MCの牛島がCBC解説者であるため

外部リンク編集