サントリーホール国際作曲委嘱シリーズ

サントリーホール国際作曲委嘱シリーズ (さんとりーほーるこくさいさっきょくいしょくしりーず) (Suntory Hall International Program for Music Composition) は、サントリー芸術財団が1986年から毎年開催している、世界の第一線で活躍する作曲家に管弦楽作品を委嘱し、サントリーホールで世界初演するシリーズ[1]。監修は1986年から1998年が武満徹[注釈 1]、1999年から2011年が湯浅譲二[2]、2013年からは細川俊夫が担当している[1][3]

初演コンサートの概要編集

サントリーホールが開館した1986年10月から翌1987年2月にかけて、「サントリーホール オープニング・シリーズ」として、武満徹を始めとする5人の作曲家の委嘱作品5曲が披露された。1987年から1991年までは毎年秋にサントリーホールの周年行事として1人から3人の作曲家に委嘱され、ヴォルフガング・リームら計9人の作品が初演されている。 1992年のホセ・マセダからは、大ホールでの公演だけでなく小ホール (ブルーローズ) を会場に、作曲家の生の声を聴く企画が始まった。 2004年からは「サントリー音楽財団サマーフェスティバル」[1][注釈 2] の中に組み込まれた。そして大ホールでの管弦楽初演、小ホールでの作曲家トークに加え、室内楽コンサートが小ホールで開催されるようになっている[4]

委嘱作品一覧編集

委嘱作品の作曲家 (生没年、出身地)、『作品名』、公演日は次の通り[1][5]

出典・注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d Global Partnership | サントリーホール 2020年4月8日閲覧。
  2. ^ 特別インタヴュ- <サントリーホール国際作曲委嘱シリーズ>監修に就任, 2001年<武満徹作曲賞>の審査にあたる湯浅譲二氏 / 湯浅譲二. 音楽芸術 56(8), pp68-72, 1998-08
  3. ^ 沼野雄司「サントリーホール国際作曲委嘱シリーズの歴史と成果」 | サントリーホール 2020年4月9日閲覧
  4. ^ サントリーホール公演アーカイブ 2020年4月8日閲覧。
  5. ^ 「サントリーホール国際作曲委嘱シリーズ 委嘱作品一覧」サントリーホール サマーフェスティバル2019 公演プログラム pp80-81
  6. ^ サントリーホール・国際作曲委嘱シリーズ-1-武満徹「作曲家は語る」 / 武満徹. 音楽芸術 46(1), pp81-89, 1988-01
  7. ^ サントリーホール・国際作曲委嘱シリーズ-2-ヤニス・クセナキス「作曲家は語る」 / クセナキス ヤニス , 黒川夏子 [訳] , 松平頼暁 [構成]. 音楽芸術 46(2), pp74-79, 1988-02
  8. ^ サントリーホール・国際作曲委嘱シリーズ-4-尹伊桑「作曲家は語る」-上- / 尹伊桑 , 西村朗 [構成]. 音楽芸術 46(5), pp75-80, 1988-05
  9. ^ サントリーホール・国際作曲委嘱シリーズ-4-尹伊桑「作曲家は語る」-下- / 尹伊桑 , 西村朗 [構成]. 音楽芸術 46(6), pp74-80, 1988-06
  10. ^ サントリーホール・国際作曲委嘱シリーズ-5-ジョン・ケ-ジ「作曲家は語る」 / Cage John , 垣ケ原美枝 [訳・構成]. 音楽芸術 46(7), pp76-85, 1988-07
  11. ^ サントリーホール・国際作曲委嘱シリーズ-3-シルヴァーノ・ブソッティ「作曲家は語る」-上- / Bussotti Sylvano , 戸口幸策 [構成]. 音楽芸術 46(3), pp72-79, 1988-03
  12. ^ サントリーホール・国際作曲委嘱シリーズ-3-シルヴァーノ・ブソッティ「作曲家は語る」-下- / Bussotti Sylvano , 戸口幸策 [構成]. 音楽芸術 46(4), pp82-88, 1988-04

注釈編集

  1. ^ 武満は1996年に没したが、委嘱の人選は1998年の分まで行っていた。2002年のエサ=ペッカ・サロネンも武満の指名だった (「サントリーホール国際作曲委嘱シリーズ 委嘱作品一覧」サントリーホール サマーフェスティバル2019 公演プログラム p81)。
  2. ^ 2010年から2017年までは「サントリー芸術財団サマーフェスティバル」、2018年からは「サントリーホール サマーフェスティバル」
  3. ^ ルーマニア生まれのギリシャ系フランス人
  4. ^ 日本統治時代の朝鮮出身
  5. ^ ドイツ出身
  6. ^ スロベニア系フランス人

外部リンク編集