サンドアート

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

サンドアート英語: Sand art)とは一般に、サンド即ち「砂」をマチエールとして行なわれる芸術活動全体を指している。

目次

概要編集

「サンドアート」という芸術分野は、いくつかの種類に分類される。砂浜の砂でお城等を造形する「砂像(サンドスカルプチュアもしくはサンドスタチュー)」。日本の小学校教育にも取りいれられている、糊の貼られたシートにマスキングして色砂をまぶして作る「砂絵(サンドペインティング)」。瓶の中に色砂を敷き詰めて、その地層の模様で絵を描く「グラスサンドアート」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでストップモーション撮影をする「砂アニメーション(サンドアニメーション)」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでライブ中継し、次々と砂絵を描いていき物語を展開させる「サンドアートパフォーマンス」等がある。時に「サンドアートパフォーマンス」も「サンドアニメーション」と呼称されることがあり、混乱の元となっているが、アニメーションの定義は「フレーム・バイ・フレーム」(コマ撮り)であり、「サンドアートパフォーマンス」は正確にはアニメーションではない[1]

世界の伝統工芸や伝統芸能の多くにもサンドアートが存在する。チベット仏教の「砂曼荼羅」は、色砂を用いて何週間もかけて曼荼羅を描く宗教芸術。日本にも「盆石」というサンドアートの文化が存在する。黒いお盆の上に、白い砂で自然の風景を描き、石を岩や山に見立て配置する、日本古来の縮景芸術の一つ。また、日本には、1600年代に作れた、縦122メートル、横90メートル、周囲345メートルの巨大な砂絵「銭形砂絵」が今も香川県観音寺市に現存している。テレビ時代劇『銭形平次』(大川橋蔵版)のタイトルバックにも使用されたことでも有名。

サンドアートパフォーマンス編集

日本においてサンドアートパフォーマンスが一般に知られるようになったのは、1996年、広島国際アニメーション映画祭で来日したハンガリーのフェレンク・カーコが、実演したことに端を発する。

国際的に最も著名なサンドアートパフォーマーは、イラーナ・ヤハブ(イスラエル)、フェレンク・カーコ(ハンガリー)、クセニア・シモノヴァ(ウクライナ)。2008年からはじめたクセニア・シモノヴァは、テレビ番組「ゴット・タレント」に出演し番組で優勝。YouTubeにアップロードされたこのパフォーマンス映像は、全世界で5,000万以上の再生回数を記録し、サンドアートパフォーマンスの存在を世界に広く知らしめた。東アジア圏では、キム・ハジュン(韓国)、荘明達(台湾)、日本では、飯面雅子[2]、伊藤かりん、kisato等のパフォーマーが活動している。

砂像彫刻家編集

グラスサンドアート作家編集

  • 椿Ako(日本)

砂アニメーション作家編集

  • キャロライン・リーフ(アメリカ)
  • フェレンク・カーコ(ハンガリー)
  • 飯面雅子(日本)
  • 若見ありさ(日本)
  • 永田ナヲミ(日本)

出典編集

  1. ^ 東京新聞2014年5月14日版 t-hatsu
  2. ^ 神戸新聞2014年6月26日 文化欄

関連項目編集