メインメニューを開く

サンユアンサウルスまたはサンフアンサウルス (ラテン語: Sanjuansaurus ) は、後期三畳紀カルニアン期、現在の南米に生息していたヘレラサウルス科恐竜の一種。

サンユアンサウルス
Preserved bones of Sanjuansaurus.jpg
S. gordilloi の模式標本
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
: 竜盤目 Saurischia
: ヘレラサウルス科 Herrerasauridae
: サンユアンサウルス属 Sanjuansaurus
学名
Sanjuansaurus
Alcober and Martinez, 2010

S. gordilloi
Alcober and Martinez, 2010 (模式種)

目次

概要編集

サンユアンサウルスは、北アルゼンチンサンフアン地方のイスキグアラスト累層英語版より発見され、2010年10月にオスカル・アルコベルとリカルド・マルティネスによって記載された。模式種は、サンフアン博物館のラウル・ゴルディージョ(ゴルディーリョ)にちなんでサンユアンサウルス・コルディルロイ( S. gordilloi )とされた。その生息年代は後期三畳紀カルニアン期(約 2 億 3140 万年前)と考えられている。

模式標本 (PVSJ 605) には、多くの連続した椎骨、右上顎骨の一部、肩甲烏口骨上腕骨尺骨腸骨大腿骨脛骨などが含まれ、状態は良い。この標本によると大腿骨の長さは 395 mm で、大きさはほぼ中程度のヘレラサウルスと同程度の全長 3 m ほどの個体であろうと見られている。他のヘレラサウルス科の動物とは、椎骨の両側に後方に向かう突起がある、恥骨が短い(大腿骨長の 63 % 程度)、大腿骨の第四転子付近に顕著な皺がある、ことなどにより区別される。

分類上の位置編集

サンユアンサウルスは、クロモギサウルスエオラプトル、ヘレラサウルス、パンファギアといった初期の恐竜と同時代に生息していた。アルコベルとマルティネスは、分岐学的分析からサンフアンサウルスはヘレラサウルス科の恐竜であろうと推定している[1]

名称について編集

 
骨格復元図

属名はもちろんサンフアン州で発掘されたことに由来するものだが、サンフアンの綴りは San-Juan であり、これをラテン語読みすれば「サンユアン」となる。学名は基本的にはラテン語かラテン語化された言葉により付けられるため、よってここでは「サンフアンサウルス」や「サンホアンサウルス」ではなく、「サンユアンサウルス」とした。英語風に読めば「サンジュアンサウルス」。ただし、これはどの読み方が合っているか間違っているかといったものではない。

出典編集

参考文献編集

  • Alcober, Oscar A.; and Martinez, Ricardo N. (2010). “A new herrerasaurid (Dinosauria, Saurischia) from the Upper Triassic Ischigualasto Formation of northwestern Argentina”. ZooKeys 63: 55–81. doi:10.3897/zookeys.63.550. 

関連項目編集