サン・イシドロ・マクドナルド銃乱射事件

サン・イシドロ・マクドナルド銃乱射事件(サン・イシドロ・マクドナルドじゅうらんしゃじけん)は1984年7月18日にサンディエゴ・サン・イシドロ地区のマクドナルドの店内およびその周辺で発生した銃乱射事件。ジェイムズ・ヒューバティ (James Huberty, 41歳) がSWATの狙撃手に射殺されるまで店長以下21人を射殺し19人を負傷させた[1]。犠牲者のほとんどはヒスパニック系だった。

サン・イシドロ・マクドナルド銃乱射事件
Mcdonaldsmassacre.jpg
事件現場となったマクドナルドの店舗跡地に建つ犠牲者の慰霊碑
場所 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ
日付 1984年7月18日
c. 3:59 p.m.–5:17 p.m. (PST)
攻撃手段 銃撃
武器
死亡者 22人(犯人含む)
負傷者 19人
犯人 ジェイムズ・ヒューバティ

座標: 北緯32度33分21秒 西経117度03分15秒 / 北緯32.55590度 西経117.05417度 / 32.55590; -117.05417

オハイオ州出身のヒューバティはポリオによる歩行障害を負っており、溶接工の職を得ていたが不況により失職し、次第に精神に変調をきたし始める。その後メキシコで職を求めたがうまくいかず、サン・イシドロで警備員を務めたが事件の2週間前に解雇され、自暴自棄に陥ったことが動機と考えられている。

ルビーズ銃乱射事件(1991年)が発生するまでアメリカ史上最悪の銃乱射事件であり[1]、犯人が自殺したのではなく射殺された事件では2番目に死者数が多い銃乱射事件である。

現在、事件現場跡地には慰霊碑が建てられている。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集