メインメニューを開く

サン・トワ・マミー」(原題:Sans toi ma mie)はベルギーの歌手サルヴァトール・アダモの楽曲。作詞、作曲ともに「雪が降る」などのヒットで知られているアダモ自身が手がけた。アダモが当時19歳だった1962年に発表され、翌1963年にベルギーで大ヒットした。日本では越路吹雪が歌唱したものがヒットしたことによって知られている(岩谷時子による日本語詞)。

サン・トワ・マミー
サルヴァトール・アダモ楽曲
リリース 1962年
ジャンル シャンソン
作詞者 サルヴァトール・アダモ
岩谷時子(訳詞)
作曲者 サルヴァトール・アダモ

日本での歌唱編集

サン・トワ・マミー
越路吹雪シングル
A面 サン・トワ・マミー(愛しているのに)
B面 チャンスが欲しいの
リリース
規格 シングル
録音 1964年
  日本
ジャンル ポピュラー音楽
時間
レーベル 東芝音楽工業
作詞・作曲 岩谷時子(訳詞)
テンプレートを表示

越路吹雪のシングル編集

日本では岩谷時子の訳詞により越路吹雪が歌ったものが特に有名である。1964年に発売された越路盤のシングルレコードには「愛しているのに」というサブタイトルが付けられている。越路は『サン・トワ・マミー』を自身のリサイタルやステージなどで必ず披露し、『愛の讃歌』や『ラストダンスは私に』などとともに越路の代表曲の一つになっている。また、1964年の『第15回NHK紅白歌合戦』では、越路によって本楽曲が歌唱された。

岩谷による訳詞では、越路吹雪が歌唱するにあたって、主人公を女性に置き換えた大人の女性の恋の歌になっており、アダモ自身の少年時代の失恋を描いた原詞をかなり意訳したものになっている[1]

後にロックバンドRCサクセションも本楽曲を歌唱している(アルバム『COVERS』収録)。歌詞は越路が歌った岩谷の訳詞をベースとしているが、ボーカル忌野清志郎によって一部改変されている。RCサクセションによるカバーバージョンは、フジテレビのドラマ『やっぱり猫が好き』のエンディングテーマ、日産自動車の企業CM曲や、映画『バカヤロー!』シリーズの主題歌として使用された。

また、フジテレビのドラマ『古畑任三郎』の主人公・古畑任三郎は本楽曲を数少ない歌のレパートリーとしており、ドラマ内でも歌唱されている。また、同ドラマの第11回「さよなら、DJ」の犯行シーンでは本楽曲が流れていた。

テレビ朝日系列ドラマ『越路吹雪物語』主題歌、大地真央瀧本美織が歌唱。

収録曲編集

  1. サン・トワ・マミー
  2. チャンスが欲しいの

主なカバー一覧 編集

世界のカバー編集

日本のカバー編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「うたの旅人」朝日新聞 be on Saturday
  2. ^ オリジナルシングルでは、バッカラッチと表記されている。
  3. ^ “越路吹雪37回忌、トリビュートアルバム&メモリアルコンサートに宝塚OGら”. ステージナタリー. (2016年10月26日). http://natalie.mu/stage/news/206881 2016年10月26日閲覧。