サン=テミリオン地域

サン=テミリオン地域は、ボルドー近郊の町サン=テミリオンを中心とする地域のユネスコ世界遺産としての登録名。サン=テミリオンのコミューン共同体になっている8つの市町村を含む。中世以来ブドウ栽培やワイン醸造のさかんな景勝地であり、「サン=テミリオン」の名はボルドーワインの主要なブランド名のひとつにもなっている。このため、世界遺産ではブドウ畑も登録の対象とされた。登録名に用いられたjuridiction (jurisdiction) は中世の裁判権や管轄権のことであり、12世紀にイングランドに支配されていた時期に遡る地域区分である。そのため、「サン=テミリオン管轄区」などと訳されることもある。

世界遺産 サン=テミリオン地域
フランス
サン=テミリオンの町並
サン=テミリオンの町並
英名 Jurisdiction of Saint-Emilion
仏名 Juridiction de Saint-Émilion
面積 7,847 ha
(緩衝地域 5,101 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (3),(4)
登録年 1999年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
サン=テミリオン地域の位置
使用方法表示

なお、サン=テミリオン市はそれ自体が世界遺産「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の途上にあり、地下を刳り貫いて作ったモノリス(一枚岩)教会などの歴史的建造物もある。

登録対象市町村編集

 
サン=テミリオンの町並
サン=テミリオンの町並
 
サン=テミリオンのブドウ畑


登録基準編集

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。


外部リンク編集