メインメニューを開く

サン=ローSaint-Lô)は、フランス西部のノルマンディー地方に位置する都市で、マンシュ県県庁所在地である。古名をブリオウェレBriovère ガリア語でVire Riverにかかる橋の意)という。

サン=ロー
Saint-Lô

Grandes armes ville de saint lo.svg
Vue sur Saint-Lô.jpg

行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) Flag of Normandie.svg ノルマンディー地域圏
(département) Drapeau fr département Manche.svg マンシュ県(県庁所在地)
(arrondissement) Arrondissement of Saint-Lô
小郡 (canton) 2
INSEEコード 50502
郵便番号 50000
市長任期 フランソワ・ブリエール
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Saint-Lô Agglomération
人口動態
人口 18 931人
2012年
人口密度 816人/km2
住民の呼称 Saint-Lois
地理
座標 北緯49度06分55秒 西経1度05分25秒 / 北緯49.115278度 西経1.090278度 / 49.115278; -1.090278座標: 北緯49度06分55秒 西経1度05分25秒 / 北緯49.115278度 西経1.090278度 / 49.115278; -1.090278
標高 平均:? m
最低:7 m
最高:134 m
面積 市: 23.19km2 (2 319ha)
サン=ロー Saint-Lôの位置(フランス内)
サン=ロー Saint-Lô
サン=ロー
Saint-Lô
公式サイト www.saint-lo.fr
テンプレートを表示

歴史編集

この都市はガリアの要塞化された植民地として始まり、ここに居を構えたロー・ド・クタンス(525年〜565年)にちなんで8世紀から"Saint-Lô"として知られるようになった。 890年ヴァイキングに占拠された。後にジョフロワ・ド・モンブレー司教のもとで繁栄し、橋と幾つかの製粉所が造られた。

街は第二次世界大戦中に連合軍の空襲を受け、完全に破壊された。そのため「廃墟の都」 (Capitale des Ruines) という二つ名を持つ。一方でドイツ軍から街を解放したのはアメリカ軍であった。記念病院にはこれを題材にしたフェルナン・レジェのフレスコ画がある。またアメリカ軍の空母セント・ローはこの勝利を記念して命名された。

トマス・ピンチョンの小説『重力の虹』には、サン=ローの廃墟の下に埋まった酒蔵からシャンパーニュを探し出すアメリカ兵が登場する。

姉妹都市編集

出身者編集

外部リンク編集