サヴァ・ディアキフ

サヴァ・フェドロビッチ・ディアキフウクライナ語:Сава Федорович Дьяків、1887年 - 1919年12月13日)は、ロシア帝国ウクライナ人民共和国の軍人、アタマン自由コサック英語版の一人で、抵抗運動をしながら、赤軍義勇軍(白軍)英語版と偽り、略奪をしたとして知られている。

1910年代撮影

生涯編集

ロシア帝国のキエフ県(現在のキーウ州)のカガリツキー地区英語版イワニフカ村ウクライナ語版で貧しいコサック一家の元に生まれた。

第一次世界大戦の際に海軍に召集され、ロシア革命が起きるまでバルチック艦隊に勤務した。

革命後はイワニフカ村に帰郷し、ウクライナ中央ラーダに参加した。

同じアタマンのマルコ・シュリャホヴィウクライナ語版は彼について後に回想録で次のように記している。

1917年の革命の以来、ディアキフは海軍勤務中に、黒海艦隊のウクライナの軍事組織に参加した。黒海艦隊が他の艦隊と同様に、1917年末に向けてボルシェビキ運動を開始した時、彼は艦隊を去り、自発的に中央議会にやって来た。ここでは、1918年1月に中央議会がボルシェビキと戦った時、ディアキフはすでに自由コサックだった。その時から、彼はキエフ県の彼の故郷の地区で自由コサックの首長になった。ディアコフ自身が私に言ったように、彼は中央評議会とその当時の指導者をとても愛していたので、敵との戦いでいつでも命を捧げる準備ができていた。

1919年8月から9月にかけて、彼はキエフ県のゲルマニフカ村ウクライナ語版にある共産党の独房を破壊する。(この独房は、ボリシェヴィキの下、近くの農民から食料などを略奪していたため)

最期編集

1919年12月13日、ウズィーンの製糖工場の強盗から、保護を求めてディアコフに頼ったイワニフカ村の農民に裏切られ、町の近くの待ち伏せに遭い、彼を連れ出した後にミリフカ村ウクライナ語版で射殺された。

遺体は義勇軍によって嘲笑され、住民を威嚇する為に町の柱に足から吊るされた。

疑惑編集

当時のウクライナで名を上げていたアタマンダニール・テルピロロシア語版の死への関与を疑われている。(2011年に娘のマリアが「テルピロの死が伝わった時、彼はスタビスカに居て、亡くなった報告を受けた後に彼の死因を調べ、自身の部隊とテルピロの部隊と合流した。」と証言している。)

家族編集

妻のハンナ、子供にはパブロ、ペトロ、ビラ、マリアがいる。

参考文献編集

  • Марко Семенович Шляховий Кармелюк. Записки повстанця. — Кн.: Так творилося українське військо: 10 спогадів учасників Визвольної війни 1917—1920 років, Р.Коваль. — К., 2008.