メインメニューを開く

サーカスの怪人』(サーカスのかいじん)は、月刊娯楽雑誌「少年クラブ」(大日本雄辯會講談社)に1957年に連載された江戸川乱歩作の少年向け推理小説シリーズの一つである。

概要編集

怪人二十面相(作中では四十面相)の過去と本名について描かれた作品でもある。二十面相は遠藤平吉という本名を持つサーカスの曲芸師であり、笠原太郎と二代目団長の座を争いに敗れてサーカス団を去ったことが触れられている。

ストーリーは骸骨男に化けてグランド・サーカス団に復讐をするという中身であり、二十面相の復讐劇になっている。

あらすじ編集

少年探偵団員が怪しげな骸骨男に遭遇し、尾行を開始する。骸骨男はグランド・サーカスのサーカス小屋の中で忽然と姿を消し、その日からサーカス小屋の中で恐ろしい出来事が次々と起こり始める。

名探偵・明智小五郎と、小林少年率いる少年探偵団の活躍が始まる……。

外部リンク編集