メインメニューを開く

サーカディア』(CIRCADIA)はソニー・コンピュータエンタテインメントから発売されたPlayStationコンピュータゲーム。ジャンルはアドベンチャープラス。アドベンチャーゲーム要素にシミュレーション要素が統合された作品であるとして、アドベンチャープラスとしている。制作はソニーコンピューターエンターテイメント。企画・開発は有限会社アルヴィオン(現在は株式会社アルヴィオン)。略称はサーカ。ゲームやろうぜのプロジェクト内でできたアルヴィオンの1作目となるゲームソフト。豪華声優陣が当時話題になり、歴代2位の記録をもつ[要出典]

サーカディア
ジャンル アドベンチャープラス
対応機種 PlayStation
開発元 アルヴィオン
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
人数 1人
メディア CD-ROM 2枚
発売日 1999年1月14日
テンプレートを表示

2007年10月24日にゲームアーカイブスで配信が開始され、他ハードでもプレイできるようになった。

目次

物語編集

海底都市ブルージェネシスに怪物・ナイトメアの噂が流れる。それは世界崩壊の予兆をはらんだ真実だった。謎の生命体と合体後、覚醒する。覚醒後、戦う力を持った高校生・片山弘樹(主人公)は自分と同様に覚醒した仲間を謎の生命体とともに探すが...

特徴編集

アドベンチャーゲームであると同時に恋愛シミュレーションゲームのゲーム性も併せ持ち、会話や戦闘によって仲間(パーティ)との友好度を上げることで、シナリオ・エンディングが変わっていく。特に、友好度の低いキャラクターは敵となって立ちはだかるという異色のシステムを採用しており、これが本作品における最大の特徴となっている。

CD-ROM2枚組であり、Disc1はゲームのメインとなる期間で、学生生活を送りつつ仲間集めや各種イベント、戦闘訓練に勤しむ。Disc2では物語がクライマックスに向けて動き出し、世界の命運を賭けた戦いが繰り広げられる。

システム編集

ゲームは三つのモードを繰り返して進行する。自由に行動できる期間は6月15日から7月3日までの約三週間で、これを過ぎると以降は最後まで一本道の展開が続く。

アドベンチャーモード編集

通常のゲーム画面。会話を読み進め、選択肢を選んでゲームを進行させる。時にはマーカーを操作して画面上の調べるポイントを選ぶ事もある。平日の放課後になるとフリームーブモードに移行。土日はイベントのみで進行する。

フリームーブモード編集

自由行動。仲間達と会話して友好度を上げるのが目的となる。マップ上に移動可能な場所と、そこに居る仲間の名前が表示され、友好度を上げたい仲間の元へ行ってイベントを起こす。但し、選択肢次第では友好度が下がる場合もある。マップ上にはナイトメアも視覚化されており、マーカーと接触すると戦闘になる。移動すると時間が進み、下校時間となると終了する。

知り合った仲間は少しイベントを進めると協力にこぎ着ける事ができ、以降は戦闘に参加するようになる。そこから更に友好度を上げる事で「イデアイベント」という特殊なイベントが発生する。但し、一定期間内に協力を得られなかった仲間は以降は登場しなくなる。

バトルモード編集

イベントやマップ上でナイトメアと遭遇するとバトルパートに移行する。本作では体力ゲージにあたる「PP」を消費して攻撃を繰り出す。その為、ひたすら攻撃ばかりを繰り返していては逆に窮地に追い込まれる。PPは回復用の技かチャージで回復可能。PPの現在値を見極めた戦略を取る必要がある。技はキャラ毎に異なり、全体攻撃やステータス異常を引き起こすものも存在するが、強力なものほどPPの消費も激しい。戦闘終了時にはキャラのステータスが上昇する事もある。

友好度編集

主人公と仲間キャラがどれだけ仲良くなっているかを示す値。フリームーブモードで起こすイベントの他、ストーリーの合間に発生する選択肢でも変動する。実際の画面には数値としては表示されないが、メニュー画面の仲間の並び順は友好度が高い順となっているので、パーティー間の比較は可能。この数値が一定以上且つ条件を満たした場合、後述のイデアイベントが発生する。終盤やエンディングでは、イデアイベントをクリアした仲間の中で友好度が最も高いキャラが主人公と親密な関係となる。逆に友好度が低いキャラは敵に乗っ取られる可能性がある。

ミニゲーム編集

フリームーブモードのイベントにて、各仲間一人につき一つずつミニゲームが用意されている。良い成績を出すほど友好度も大きく上昇する。一度でもプレイしたミニゲームはおまけモードで挑戦可能。

イデアイベント編集

ナイトメアに寄生された仲間を救う為にその精神世界に乗り込むイベント。このイベントをクリアし、救出に成功したキャラは以降は正式な仲間になり、敵に乗っ取られる心配も無くなる。但し、一人のイデアイベントをクリアするとその翌日に、「現在協力関係にこぎ着けているがイデアイベントはクリアしていない仲間」のうち、友好度が最も低いキャラがナイトメアに自我を乗っ取られてしまう(最終日を除く)。また、救出に失敗した場合でもそのキャラは乗っ取られる。

イデア内部では台詞を読み進めたり何らかの要因で少しずつ主人公のPPが減少していく。PPが尽きる前に仲間と合流し、イデアに入り込んだナイトメアを撃破すればクリアとなる。主人公のPPが尽きると失敗し、強制的に外に出される。

終盤の決戦ではイデアイベントをクリアした仲間は主人公側に付き、ナイトメアに乗っ取られたキャラは敵側に付いて戦う事になる。イデアイベントをクリアできる仲間の最大数は7人。尚、敵に乗っ取られず、イデアイベントもクリアせずに最終日を迎えた仲間は以降は登場しない。また、敢えて誰も仲間にせず主人公一人で最終決戦に臨む事も可能。

用語編集

ブルージェネシス
海中に建造された巨大立体構造都市。当初は科学庁の研究施設として建造されたが、20年前から政府の都市計画により一般市民が生活を始め、現在のような都市となる。しかし現在でも自治権は科学庁が保持している。
内部は5階層で構成される。温度、湿度、酸素濃度、天候などは都市の環境システムで管理されており、第1〜3階層の天井部分には30分ごとに変化する空の映像が投影されている。
動力は「リバースエナジー」と呼ばれる無公害且つ容易に生産可能とされる新エネルギーであり、下層部に設置された動力炉から都市全体にエネルギーを供給している。
アカデミア学院
本作の主な舞台となる学園。ブルージェネシスでは第二階層に位置する。初等部から大学までの一貫教育と旨としている為、ブルージェネシスにおける唯一の教育機関となる。
高等部からは適性試験を受ける事によって各学科に進む事ができる。学科毎に制服のデザインが異なり、制服を見ればどの学科に所属する生徒かが分かると共に、難度の高い医学科や物理学科の制服は生徒達の憧れの的となっている。
エーテル
宇宙を構成するエネルギーで、作中では物質界に存在するものは全てエーテルが具現化したものとされる。主人公達はこのエーテルを自在に具現化させる事で超能力を駆使する。
イデア
個々の人間の意識。仲間達の精神世界はそれぞれの意識がエーテルを具現化させる事で形成したもの。
サーカディア
精神世界の総称。この世界を「物質界」と呼ぶならサーカディアは「意識界」と呼ばれ、通常の精神体では即座に吸収されるほど濃いエーテルが渦巻いている。人間のイデアの集合体である巨大な塔が存在し、ここから仲間達のイデアに入る事ができる。
ナイトメア
エネルギーの塊が意識を持った怪物。人の思念によって生まれる。肉体を持たない意識体であるが故に自身を構成するエーテルを常に消費する為、その欠損を補う為に本能的に人を襲う。人間のイデアに寄生し、その自我を喰らい尽くす事で肉体を乗っ取る事すら可能。知能を持ったナイトメアは人を襲うよりも寄生した方が効率が良い事に気付き、積極的に人間への寄生を目論むようになる。

登場人物編集

主人公編集

片山弘樹(檜山修之、少年時代は矢島晶子
本作の主人公。幼少期に両親を失い、叔父の茂に育てられた。その影響か、子供の頃の記憶が無い。叔父の仕事の都合で転校を繰り返している。ブルージェネシスに引っ越したその日にナビと出会い、超能力に覚醒。ナイトメアとの戦いへと身を投じる事となる。学園での所属は普通科
ナビ(声:高山みなみ
物質界を救うためにサーカディアからやってきた高次元意識体。弘樹と共生関係を結び、以来パートナーとなる。元々は人間だったが、その頃の記憶は全て失っている。

仲間キャラクター編集

ゲームの進行状況によって仲間にすることができる、或いは敵に回るキャラ。全員が超能力者である。

朝倉優美(声:白鳥由里
弘樹のマンションの一階上に住む少女。引っ越して来たばかりの弘樹に親身に接する。普通科所属。
ストーリー序盤、ナイトメアに乗っ取られるが、ナビの力を借りてイデアに乗り込んで来た弘樹によって助けられる。その為、最初のイデアイベントは必ず彼女のものをクリアする事になり、弘樹の最初の仲間となる。しかし彼女のみイデアイベントが二回用意されており、正式な仲間に加えるには友好度を上げて二回目のイデアイベントをクリアする必要がある。友好度次第では結局乗っ取られて敵に回る可能性もある。
保坂良太(声:田中真弓
初等部のやんちゃ坊主。優美のことが好きで、ボディガードを自称する。
五十嵐啓介(声:井上和彦
茂と組んで仕事をしているフリーカメラマン。過去にナイトメアが原因で親友を失った過去を持つ。
如月美海(声:紗ゆり
ブルージェネシス総合病院に入院している小学生。記憶障害を患っており、自分の事が何も思い出せずにいる。
影守聖(声:三木眞一郎
医学科に所属する高校生にして脳神経外科医。クールな性格だが毒舌家。
速水健吾(声:速水奨
スポーツ科の生徒で、空手に励んでいる。正義感が強く、曲がった事を嫌う。
大塚守(声:緑川光
物理学科の実験チームリーダー。人柄も良く、学園内で慕われている。健吾とは幼馴染。要とは同じ実験チームのメンバー。
桐生院深雪(声:矢島晶子)
良家のお嬢様。箱入り娘であった為に世間知らずで、周囲を驚かせる言動や行動が多い。史学科所属。
彼女のイデアイベントは特殊であり、仲間にしていて且つ、敵に乗っ取られていない場合は特定のタイミングで強制的に発生する。
桐生院綾彦(声:置鮎龍太郎
深雪の兄で、礼儀正しい御曹司。しかし家庭の事情で人間不信に陥っている。史学科所属。仲間になるのが少し特殊で一定期間出会わなくても、登場するイベントが発生して強制的に仲間になる。しかし正式な仲間にする場合はイデアイベントをクリアしなければならない。
杉浦泉(声:安達忍
音楽科の生徒。ピアノコースに在籍しているが、クラシックピアノは嫌い。ミュージシャン志望。趣味はタロット占い。
竜門要(声:関俊彦
明るく社交的な苦学生。いつもお腹を空かしている。物理学科所属。いつも着ている制服は違う学科の先輩から無料で譲りうけた物。兄弟達を養う為にアルバイトを掛け持ちしている。普段の素行からは考えられないが実は物理学科ではトップクラスの成績で特待生として入学している。
乾沙夜香(声:勝生真沙子
弘樹のクラスの担任教師。担当科目は英語。大人の雰囲気を漂わせるが、実際は不器用で強情な性格の上、寂しがり屋。啓介とは並みならぬ関係にある。
矢沢麻衣(声:長沢美樹
スポーツ科で水泳部に所属する少女。礼儀正しい性格。
篠原智美(声:井上喜久子
音楽科の生徒。クラシックピアノの勉強をしている。泉とは犬猿の仲。

主要キャラクター編集

片山茂(声:大塚明夫
弘樹の叔父であり、育ての親。フリールポライター。オカルト系の空想科学雑誌「うむ」の記事を書いており、それなりに有名。ズボラでいい加減な性格で、弘樹にとっては大切な家族であると同時に頭痛の種である。
御剣晃(声:堀秀行
ブルージェネシスを管理する科学庁の一員。御剣恭太郎の養子。
御剣恭太郎(声:堀秀行)
科学庁長官だが、地位と名声を得る為には手段を選ばない欲深い性格。しかし悪党としては小物。
女性の意識体(声:榊原良子
弘樹の前に現れる謎の意識体。弘樹の事を知っている。
片山清一(声:大塚明夫)
弘樹の父親。弘樹の幼少期に片山家を襲った火事で死亡。
片山葵(声:榊原良子)
弘樹の母親。清一と同じく弘樹の幼少期に火事で命を落としたとされる。
片山弘一(声:安達忍)
弘樹の兄であるはずだが、何故か弘樹の記憶からは抜け落ちている。
タナトス
ナイトメアの首魁。サーカディアと物質界の融合を目論んでおり、ある人間の肉体を乗っ取ってその準備を進めている。本作のラストボス。

サブキャラクター編集

上条里香(声:井上喜久子)
麻衣の親友であり、ライバル。麻衣と親しくなりはじめた弘樹に嫉妬心を抱く。
影守真由香(声:白鳥由里)
聖の妹。ある事故から昏睡状態に陥り、未だ意識を失ったまま病院で眠りに就いている。
桐生院茜
深雪と綾彦の母親。桐生院家のしきたりに囚われ、綾彦の人間不信の原因になっている。

製作スタッフ編集

[1]

  • ゲーム開発有限会社アルヴィオン
  • プロジェクトマネージメント:乃一文香
  • ゲームデザイン:米澤利晃
  • アートディレクター:平岡一郎
  • プログラマチーフ・ADVプログラム:島田学
  • バトル・エフェクトプログラム:難波啓二
  • シナリオ・スクリプトエディット:青木香
  • モーションタイポグラフィックデザイン:平岡一郎 村上仁史
  • 2DCGキャラクターデザイン:二薙いさぎ
  • 2DCGアニメーション:原田真理
  • 2DCGサブアニメーター:曽我部裕子 山下知恵子
  • 3DCGデザイン・ムービー:笹野哲也 八田幸司 小松直樹
  • アシスタント:山口幸司 中條有人 石垣直樹
  • ミュージック:サウンドエフェクト:デザートプロダクション(中馬淳、竹ノ内裕治、陰下真由子、衛藤英幸、末広順一)
  • サウンドコーディネーター:藤澤孝史
  • レコーディングエンジニア:関正道 高田征典 
  • ダイアログディレクター:鳥島和也 (X-1)
  • プロダクションマネージャー:川越美帆(東北新社)
  • パッケージコーディネート:小宮浩典 鈴木宏枝(SMC)
  • 解説書編集:安原健一郎(豊玉屋)
  • プロモーション:佐伯雅司 小室吏 山口光秀
  • 販売企画:増山直史
  • スペシャルサンクス:小谷浩之 高橋宏典 梶雅之(瓦割) 森鼻裕子 中澤勇 すさみ Addie Software

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ゲームブックレットp.42-43 staff

外部リンク編集

  • [1] - ゲームアーカイブス版。