サーキ飛行場(サーキひこうじょう、ウクライナ語: Авіабази Сакиロシア語: военный аэродром Саки)は、クリミア半島クリミア共和国ノヴォフェドロフカ英語版に位置する、ロシア海軍の基地である。Su-30SM戦闘機およびSu-24M/MR戦闘爆撃機を運用する第43独立海軍攻撃機航空連隊が所在している。また、ソビエト連邦海軍時代にアレスティング・ギアなどを備えた陸上海軍機訓練施設(ニートカウクライナ語版)が設置され、空母艦載機の発着艦訓練が行われている[1]

サーキ飛行場
военный аэродром Саки
Авіабази Саки
Russian Naval Aviation aircraft at Novofedorovka airbase (2).jpg
IATA: ? - ICAO: UKFI
概要
国・地域  ウクライナ/ロシアの旗 ロシア(実効支配)
所在地 クリミア共和国ノヴォフェドロフカ英語版
種類 軍用
運営者 Middle emblem of the Ministry of Defence of the Russian Federation (21.07.2003-present).svgロシア国防省
標高 180 m (591 ft)
座標 北緯45度05分30秒 東経033度36分17秒 / 北緯45.09167度 東経33.60472度 / 45.09167; 33.60472
地図
サーキ飛行場の位置
サーキ飛行場の位置
UKFI
サーキ飛行場の位置
サーキ飛行場の位置
UKFI
サーキ飛行場の位置
サーキ飛行場の位置
UKFI
サーキ飛行場の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
04R/22L 3,175×60 コンクリート
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

1991年のソビエト連邦崩壊後はウクライナ海軍航空隊の基地であったが、2014年クリミア危機中の3月22日、ロシア連邦軍に占領された[2]

ロシアがウクライナに侵攻後の2022年8月9日、爆発が発生し、少なくとも9機の軍用機が破壊された[3]

所在部隊編集

 
ニートカの配置図
1 管制塔
2 BS-1カタパルト
3 蒸気カタパルト軌条
4 BS-2カタパルト
5 アレスティング・ギア
6 蒸気カタパルト設置予定箇所
7 滑走路

脚注・出典編集

  1. ^ 石川潤一「衛星写真で楽しむ世界の軍用飛行場 第10回ロシア海軍 サキ基地」『Jwings』、イカロス出版、2021年10月、 72-73頁。
  2. ^ “Russian troops storm Ukrainian bases in Crimea”. (2014年3月22日). https://www.bbc.com/news/world-europe-26698754 2014年3月22日閲覧。 
  3. ^ クリミア軍基地爆発、ウクライナの攻撃か 衛星写真が示唆”. AFP (2022年8月12日). 2022年8月12日閲覧。