サージ・チャロフ

サージ・チャロフSerge Chaloff1923年11月24日1957年7月16日)は、アメリカ合衆国ジャズサクソフォーン奏者。ボストンの著名なピアノ教師であった母マーガレットと、ピアニストの父ジュリアスの間に生まれる。

サージ・チャロフ
Serge Chaloff
Serge Chaloff, Georgie Auld, Red Rodney, Tiny Kahn (Gottlieb).jpg
サージ・チャロフ(手前左)
写真 : ウィリアム・ゴットリーブ
基本情報
生誕 (1923-11-24) 1923年11月24日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ボストン
死没 1957年7月16日(1957-07-16)(33歳)
ジャンル ジャズ
職業 サクソフォーン奏者
担当楽器 バリトンサックス
活動期間 1937年 - 1957年
共同作業者 ウディ・ハーマン

著名なジャズ・ミュージシャンにしては珍しい楽器を選び、チャロフがバリトン・サクソフォーンを自分の楽器とするまでは、その楽器の演奏者は、デューク・エリントン楽団のハリー・カーネイしかいなかった。チャーリー・パーカーの影響を受けた最初のミュージシャンの一人であり、他のサックス奏者に先駆けてビバップ様式で演奏した[1]

当初チャロフは、第2期のウディ・ハーマン楽団に1947年から1949年まで属し、ズート・シムズハービー・スチュワードスタン・ゲッツとともに「フォー・ブラザーズ」の一人として有名になった。チャロフはボイド・レイバーンジョージー・オールドジミー・ドーシーカウント・ベイシーらとも共演し、リーダーとして録音も手懸けた。

チャロフの活動は、ヘロイン中毒のために非常に限られたものだった。薬物依存症を克服した後で脊椎を患い、そのために早世した。

レーベルはストーリーヴィルキャピトルに録音が残る。共演者はラス・フリーマンチャーリー・マリアーノディック・ツワージクソニー・クラークフィリー・ジョー・ジョーンズ等が挙げられる。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 『サージ・アンド・ブーツ』 - Serge and Boots (1954年、Storyville)
  • 『ザ・フェイブル・オブ・メイベル』 - The Fable of Mabel (1955年、Storyville)
  • 『ボストン・ブロウ・アップ!』 - Boston Blow–Up! (1955年、Capitol)
  • 『ブルー・サージ』 - Blue Serge (1956年、Capitol)
  • Metronome All-Stars 1956 (1956年、Verve)
  • 『ザ・フォー・ブラザーズ トゥゲザー・アゲイン』 - The Four Brothers... Together Again! (1957年、Vik)
  • Boston 1950 (1994年、Uptown Records)

註釈編集

  1. ^ Joachim E Berendt's "The Jazz Book"

参考文献編集

  • 『ジャズ管楽器 : バリトン・サックス/ソプラノ・サックス/クラリネット/フルート/トロンボーン他』ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2002年、32頁。ISBN 4-915557-12-X

外部リンク編集