サーティース・TS9

サーティース・TS9 (Surtees TS9) は、サーティース1971年および1972年1973年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カージョン・サーティースピーター・コンニューによって設計された[1][2][3][4]

サーティース・TS9
サーティース・TS9B
Surtees TS9B Goodwood 2008.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター サーティース
デザイナー ジョン・サーティース
ピーター・コンニュー
先代 サーティース・TS7
後継 サーティース・TS14
主要諸元
シャシー アルミニウムモノコック
エンジン フォード-コスワースDFV 2993cc V8 自然吸気 ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド FG400 5速 マニュアル
燃料 BP
ダッカムス
FINA
シェル
タイヤ ファイアストン
グッドイヤー
主要成績
チーム チーム・サーティース
ドライバー イギリスの旗 ジョン・サーティース
イギリスの旗 デレック・ベル
イギリスの旗 ブライアン・レッドマン
ドイツの旗 ロルフ・シュトメレン
初戦 1971年南アフリカグランプリ
出走優勝ポールFラップ
25000
テンプレートを表示

レース戦績編集

1971-1973: サーティース編集

TS9は1971年南アフリカグランプリでデビューした。チームオーナーでもあるジョン・サーティース用に1台が準備されたが、ギアボックストラブルのためリタイアに終わっている[5]。第2戦スペイングランプリでは2台目のシャシーがロルフ・シュトメレンにも提供されたが、シュトメレンは燃料圧トラブルでリタイアした。サーティースは11位となった[6]。第3戦のモナコではシュトメレンが6位、サーティースが7位となっている[7]。オランダグランプリではサーティースが5位に入ったものの、シュトメレンはスピンの後マーシャルの手を借りて押しがけしたことで失格となっている[8]。フランスグランプリではサーティースが8位、シュトメレンは11位となった[9]。第6戦イギリスグランプリでは2人に加えてデレック・ベルが起用され、ベルはリタイアしたがシュトメレンが5位、サーティースが6位となった[10]。ドイツグランプリではサーティースが7位、シュトメレンが10位となった[11]。オーストリアではサーティースがリタイアし、シュトメレンは7位となった[12]。第9戦イタリアグランプリではマイク・ヘイルウッドがサードドライバーとして起用され、4位となった。シュトメレンはスタート直後のアクシデントでリタイア、サーティースもエンジントラブルでリタイアした[13]。カナダグランプリではサーティースが11位、シュトメレンはオーバーヒートでリタイアしている[14]。最終戦ではシュトメレンに代えてサム・ポージーが起用され、ヘイルウッドも再び起用された。ヘイルウッドは15位、サーティースは17位、ポージーはピストントラブルでリタイアした[15]

1972年に入るとチームはTS9をTS9Bにアップデートしたが、ドライバーのラインナップは変更された。ジョン・サーティースはチームの運営に専念するためドライバーを辞め、オーストラリア人ドライバーのティム・シェンケンとイタリア人ドライバーのアンドレア・デ・アダミッチを起用した。開幕戦のアルゼンチングランプリではシェンケンが5位、アダミッチは燃料システムのトラブルでリタイアしている[16]。第2戦南アフリカグランプリからはマイク・ヘイルウッドも加わった。アダミッチは周回数が10周足らず非完走扱いとなり、ヘイルウッドはサスペンションを破損しリタイア、シェンケンもエンジントラブルでリタイアした[17]。スペイングランプリではアダミッチが4位、シェンケンが8位、ヘイルウッドは電気系トラブルでリタイアした[18]。モナコではアダミッチが7位となったものの、ヘイルウッドとシェンケンは雨の中の事故でリタイアした[19]。ベルギーグランプリではヘイルウッドが4位に入ったが、シェンケンはオーバーヒート、アダミッチもエンジントラブルでリタイアした[20]。フランスグランプリではヘイルウッドが6位、アダミッチが14位、シェンケンが17位となった[21]。イギリスグランプリでは3人揃ってリタイアとなった。シェンケンはサスペンション破損、ヘイルウッドはギアボックストラブル、アダミッチはアクシデントであった[22]。ドイツグランプリではアダミッチが13位、シェンケンは14位、ヘイルウッドはサスペンショントラブルでリタイアした[23]。オーストリアグランプリではヘイルウッドが4位、シェンケンが11位、アダミッチが14位となり[24]、イタリアグランプリではヘイルウッドが2位に入り、アダミッチはブレーキトラブル、シェンケンはスピンオフでリタイアとなった[25]。カナダグランプリではサーティースがヘイルウッドに代わってTS14で出走、TS9をドライブしたシェンケンとアダミッチはシェンケンが7位、アダミッチはギアボックストラブルでリタイアした[26]。最終戦アメリカグランプリではシェンケンがTS14をドライブ、復帰したヘイルウッドはアクシデントの後17位となり、アダミッチはアクシデントでリタイアした[27]

TS9Bは1973年、ブラジルと南アフリカの2戦で出走した。ブラジルではブラジル人ドライバーのルイス・ブエノがドライブし12位となった[28]。南アフリカではアダミッチがドライブし、TS9B最後のレースで8位となった[29]

1972:チーム・ガンストン編集

チーム・ガンストンはTS9を購入し、ジョン・ラヴ南アフリカグランプリに出走させた。ラヴはアクシデントでパンクしたものの16位に入

1972:チャンプカー・インク編集

チャンプカー・インクはTS9Bを購入し、サム・ポージーアメリカグランプリに出走させた。ポージーは12位で完走した。

F1における全成績編集

(key) (斜体ファステストラップ

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント 順位
1971年 ブルック・ボンド オクソ チーム・サーティース フォード コスワースDFV
3.0 V8
F RSA
 
ESP
 
MON
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
8 8位
ジョン・サーティース Ret 11 7 5 8 6 7 Ret Ret 11 17
アウト・モトール・ウント・シュポルト チーム・サーティース ロルフ・シュトメレン Ret 6 DSQ 11 5 10 7 DNS Ret
チーム・サーティース デレック・ベル Ret
マイク・ヘイルウッド 4 15
ジィズ・ヴァン・レネップ DNS
サム・ポージー Ret
1972年 ブルック・ボンド オクソ チーム・サーティース フォード コスワースDFV
3.0 V8
F ARG
 
RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
18 5位
マイク・ヘイルウッド Ret Ret Ret 4 6 Ret Ret 4 2 17
ティム・シェンケン 5 Ret 8
チーム・サーティース Ret Ret 14 11 Ret 7
Flame Out Team Surtees 17 Ret
Ceramica Pagnossin Team Surtees アンドレア・デ・アダミッチ Ret NC 4 7 Ret 14 Ret 13 14 Ret Ret Ret
チャンプカー・インク G サム・ポージー 12
チーム・ガンストン ジョン・ラヴ 16
1973年 チーム・サーティース フォード コスワースDFV
3.0 V8
F ARG
 
BRA
 
RSA
 
ESP
 
BEL
 
MON
 
SWE
 
FRA
 
GBR
 
NED
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
7 7位
ルイス・ブエノ 12
Ceramica Pagnossin Team Surtees アンドレア・デ・アダミッチ 8

ノンタイトル戦における全成績編集

(key) (太字ポールポジション) (斜体ファステストラップ

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8
1971年 ブルック・ボンド オクソ チーム・サーティース フォード コスワースDFV 3.0 V8 F ARG ROC QUE SPR INT RIN OUL VIC
  ジョン・サーティース 3 Ret 12 3 1 6
アウト・モトール・ウント・シュポルト チーム・サーティース   ロルフ・シュトメレン 7
チーム・サーティース   マイク・ヘイルウッド Ret
1972年 ブルック・ボンド オクソ チーム・サーティース フォード コスワースDFV 3.0 V8 F ROC BRA INT OUL REP VIC
  マイク・ヘイルウッド 2 Ret 9
  ティム・シェンケン 5
チーム・サーティース 3
  アンドレア・デ・アダミッチ DNA 2 3
  レイネ・ウィセル DNA
  ジョン・サーティース 3
  カルロス・パーチェ 2
1973年 ヘスケス・レーシング フォード コスワースDFV 3.0 V8 F ROC INT
  ジェームス・ハント 3

参照編集

  1. ^ Surtees TS9”. Stats F1. 2016年7月9日閲覧。
  2. ^ Surtees TS9B”. Stats F1. 2016年7月9日閲覧。
  3. ^ Surtees Ford TS9”. Jonathan Davies. 2016年7月9日閲覧。
  4. ^ Surtees Ford TS9B”. Jonathan Davies. 2016年7月9日閲覧。
  5. ^ Grand Prix results, South African GP 1971”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  6. ^ Grand Prix results, Spanish GP 1971”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  7. ^ Grand Prix results, Monaco GP 1971”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  8. ^ Grand Prix results, Dutch GP 1971”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  9. ^ Grand Prix results, French GP 1971”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  10. ^ Grand Prix results, British GP 1971”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  11. ^ Grand Prix results, German GP 1971”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  12. ^ Grand Prix results, Austrian GP 1971”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  13. ^ Grand Prix results, Italian GP 1971”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  14. ^ Grand Prix results, Canadian GP 1971”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  15. ^ Grand Prix results, United States GP 1971”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  16. ^ Grand Prix results, Argentine GP 1972”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  17. ^ Grand Prix results, South African GP 1972”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  18. ^ Grand Prix results, Spanish GP 1972”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  19. ^ Grand Prix results, Monaco GP 1972”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  20. ^ Grand Prix results, Belgian GP 1972”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  21. ^ Grand Prix results, French GP 1972”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  22. ^ Grand Prix results, British GP 1972”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  23. ^ Grand Prix results, German GP 1972”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  24. ^ Grand Prix results, Austrian GP 1972”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  25. ^ Grand Prix results, Italian GP 1972”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  26. ^ Grand Prix results, Canadian GP 1972”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  27. ^ Grand Prix results, United States GP 1972”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  28. ^ Grand Prix results, Brazilian GP 1973”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。
  29. ^ Grand Prix results, South African GP 1973”. grandprix.com. 2016年3月25日閲覧。

外部リンク編集