メインメニューを開く

種類編集

英語で sardine と呼ばれるのは、次の6属である。

このうち漁業上重要なのはサルディナ属、サッパ属、マイワシ属である。マイワシ属とサルディナ属はピルチャード pilchard とも呼ぶ。日本での「マイワシ類」に当たる呼び名である。

しばしばイワシと訳されるが、日本ではあまりイワシとはされないサッパ Japanese scaled sardine なども含む。一方、ウルメイワシカタクチイワシは系統的・分類的に離れているにもかかわらずイワシに含まれるが、サーディンには含まれない。

利用などはイワシと大差ないが、円筒状のイワシとはやや異なる「小さなニシン」のような魚も多い。

漁獲編集

FAO調べ、2005年 [1]。和名と学名は元データから一部修正してある。

順位 和名 英名 学名 千トン
11 ニシイワシ European pilchard Sardina pilchardus 1069
17 カリフォルニアマイワシ South American pilchard Sardinops sagax 635
22 カタボイワシ round sardinella Sardinella aurita 442
31 マラバールイワシ Indian oil sardine Sardinella longiceps 370
48 ミナミアフリカマイワシ southern African pilchard Sardinops ocellatus 274
57 マイワシ Japanese pilchard Sardinops melanostictus 213

利用編集

 
サーディンの油漬缶詰(種不明)

日本のマイワシ同様、食用や、飼料肥料魚油の原料などに使われる。

食用の場合、英米では、一尾丸ごとの状態で販売・調理されることは希で、主に缶詰にされる。ただし、サーディンと称して売られている缶詰には、中身がスプラットSprattus spp.)やウルメイワシなどのものもある。油漬(オイルサーディン)、トマト煮などの調理が代表的。オイルサーディンは頭と内臓を抜いた鰯を塩水に漬け、拭き取った後、香辛料と共に弱火で油煮した食べ物である。

関連項目編集