サートゥルナーリア (競走馬)

日本の競走馬

サートゥルナーリア(英:Saturnalia[1]農神節慶)は、日本競走馬

サートゥルナーリア[1][2]
Saturnalia(Satsuki sho).jpg
第79回皐月賞
欧字表記 Saturnalia[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1][2]
毛色 黒鹿毛[1][2]
生誕 2016年3月21日(5歳)[1][2]
抹消日 2021年1月20日[3]
ロードカナロア[1][2]
シーザリオ[1][2]
母の父 スペシャルウィーク[1][2]
生国 日本の旗 日本北海道安平町[1][2]
生産 ノーザンファーム[1][2]
馬主 (有)キャロットファーム[1][2]
調教師 角居勝彦栗東[4]
中竹和也(栗東)[注 1]
→角居勝彦(栗東)[1][2]
競走成績
タイトル JRA賞最優秀3歳牡馬(2019年)
生涯成績 10戦6勝[1][2]
獲得賞金 5億2358万5000円[1][2]
勝ち鞍
GI ホープフルS 2018年
GI 皐月賞 2019年
GII 神戸新聞杯 2019年
GII 金鯱賞 2020年
テンプレートを表示

主な勝ち鞍は2018年ホープフルステークス (GI)、2019年皐月賞 (GI)、神戸新聞杯 (GII)および2020年金鯱賞 (GII)。馬名の意味は「公現祭での行事の基礎ともなった古代ローマの祭り」(母名からの連想)[6]

経歴編集

デビュー前編集

2016年3月21日、北海道安平町ノーザンファームで誕生。一口馬主法人「キャロットクラブ」より総額1億4,000万円(1口35万円×400口)で募集された[6]。育成はノーザンファーム早来の伊藤隆行厩舎にて行われた。伊藤厩舎長は育成時代のエピファネイアリオンディーズにも騎乗した経験があり、当時のサートゥルナーリアについて「初めて跨がった頃から、兄と共通する前向きさと手応えの良さがありました。ロードカナロアの産駒らしい体型こそしていましたが、折り合いの不安も無かったですし、距離はこなせるとも思っていました」と振り返っている[7]

2歳(2018年)編集

母のシーザリオ、半兄のエピファネイア、リオンディーズと同じく栗東角居勝彦厩舎に入厩。秋の京都開催でデビューしたGI馬の兄2頭と比べて仕上がりは早く、2018年6月10日の新馬戦阪神芝1600m)でデビューする。デビュー1週前の追い切りではたまたま併せ馬が重なった他厩舎のGI馬ペルシアンナイトを追走して併入する抜群の動きを見せた。レースではリオンディーズの主戦でもあったミルコ・デムーロが騎乗し、単勝1.1倍の圧倒的人気を集めた。好スタートから好位の内を追走し、最後の直線では窮屈になる場面もあったが、進路が生まれると一瞬で抜け出し、ゴール前はデムーロが手綱を抑えるほどの楽勝でデビュー勝ちを収めた[8]

2戦目には札幌2歳ステークスが予定されていたが、左前脚の球節に疲れが見られたため回避となった[9]。夏場は休養にあてられ、10月27日の萩ステークスで復帰。最後の直線では持ったままの状態で内から抜け出し、最後まで追われることなく2着ジャミールフエルテに1馬身3/4差をつける大楽勝でデビュー2連勝を飾った[10]

 
第35回ホープフルステークス出走時
(2018年12月28日)

年内最終戦として、12月28日のGIホープフルステークスに参戦。栗東坂路で行われた最終追い切りでは軽く促された程度でラスト1F11秒9を計測し[11]、当日は単勝1.8倍の支持を集めた。レースでは好スタートから2番手を追走し、4コーナーから直線にかけて内に包まれる場面もあったが、僅かに生まれた隙間を突いて一瞬で抜け出し、ゴールまで一度も鞭を入れられることなく2着アドマイヤジャスタに1馬身半差をつけて優勝。騎乗したミルコ・デムーロは勝利騎手インタビューで「今年一番強い2歳馬です」と絶賛した[12]

3歳(2019年)編集

2歳時の全3戦に騎乗したデムーロは年明けすぐのインタビューでサートゥルナーリアについて「彼は歴史を変える一頭だと思う。今年も本当に楽しみな馬だよ」と語っていたが[13]、デムーロには朝日杯フューチュリティステークスを含め4戦4勝のアドマイヤマーズもお手馬として抱えており、どちらに騎乗することになるか注目された。結果、1月10日になって春のクラシック戦線はクリストフ・ルメールに乗り替わることが発表され[14]、同月23日にはホープフルステークスで長距離輸送、中山競馬場の2000mを経験していることから、トライアルを使わず皐月賞に直行することが決まった[15]

2019年初戦となった皐月賞では、単勝オッズ1.7倍の1番人気に推された[16]。道中6から7番手の外で待機し直線で一気に抜け出すと、2着のヴェロックス、最内から伸びてきたダノンキングリーとの叩き合いを制しアタマ差での1位入線を果たす[16]。最後の直線でヴェロックスとが競り合った際、直線の半ば付近で内側に斜行してヴェロックスの進路を狭めた[17]として審議が行われたものの、最終的に着順通りに確定し[18]クラシック初戦を勝利した。鞍上のクリストフ・ルメールは皐月賞初制覇と同時に、JRA史上9人目のクラシック完全制覇を達成した[19][注 2]。無敗で皐月賞を制したのは2005年のディープインパクト以来14年ぶりとなった。

 
第86回東京優駿パドック
(2019年5月26日)

5月26日、クラシック第2戦の東京優駿(日本ダービー)では、皐月賞に続いて鞍上を務める予定だったルメールが同月5日のNHKマイルカップにてグランアレグリアに騎乗して出走した際、最後の直線で外側に斜行しダノンチェイサーの進路を塞いだとして翌週開催からダービーまでの16日間の騎乗停止処分を受けて当日の本馬への騎乗が不可能となっていたため[21][注 3]、代役として4月から短期免許制度を交付して来日していたダミアン・レーン騎手を迎えてのテン乗りでの出走となった[23]。戦前の共同記者会見でレーンは「VTRで過去のレースを確認しまして、非常に良い馬なので、とても乗るのを楽しみにしています。多分いくつもレース中はオプションがあると思いますが、素晴らしい終いの脚を見ていて1番強い馬だなと思いました」と自信を覗かせ[24]、当日も単勝1.6倍で1番人気に支持されたものの[23]、スタートで出遅れて[注 4]道中を11番手でレースを進め、大外に持ち出した直線では上がり最速34秒1の末脚を繰り出して前を行くロジャーバローズダノンキングリーの二頭を追い上げたものの捉えられず、さらには一度かわしたヴェロックスにも内から差し返されて4着に敗れ、デビュー5戦目にして初黒星を喫した[23]。レース後、鞍上のレーンは「ゲートに着いてから時間がたって、馬のテンションが上がってきてしまった。ゲートでガタガタして、いつもより後ろからになってしまった。道中の手応えの感じは良かったが、早めに仕掛けて勝負にいったぶん、最後は苦しくなってしまった」と振り返り[23]、また10月にフランスパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞に本馬の挑戦を表明していたキャロットファームの秋田博章社長は「まだ3歳のこの時期の段階だし、(敗因が)馬の発走(出遅れ)のところなのか距離なのか分からないので」とコメントし、既に登録を済ませていた凱旋門賞への挑戦を断念する方向性を示した[23]。(詳細は第86回東京優駿(日本ダービー)を参照)

6月24日にキャロットクラブを通じて秋の初戦は神戸新聞杯に出走することが発表された[26]。9月22日の神戸新聞杯では鞍上がルメールに戻り、単勝オッズ1.4倍の1番人気に支持される[27]。道中2番手でレースを進め、直線入り口で先頭に立つと、後続に3馬身差をつけて優勝し、菊花賞への優先出走権を獲得した[28]。ゴール前では、騎手が後方を振り返ってセーフティリードを確認すると、それ以上は力走しなくてもよいだけの余裕があった[29]。ゴールまでのラスト600メートルの走破タイムは、勝ったサートゥルナーリアと3着のワールドプレミアが32秒3を記録した[30]。この記録は阪神競馬場を2006年に改装して以後の勝ち馬の記録としては最も速いものだった[31][注 5]。『競馬ブック』の牟田雅直は、この時計がでた要因として、スピードの出やすい馬場であったこと、前半のペースが遅かったことの影響を指摘しつつ、この好タイムは2400メートルの距離に不安がないことを示したものとした[29]

レース後、馬主側は優先出走権を得ている菊花賞へ出走する意思がないことを明言し、天皇賞(秋)に出走することになった[31][32]

迎えた天皇賞(秋)はルメールが前年の年度代表馬アーモンドアイに騎乗するため、5年振りに来日していたクリストフ・スミヨンを鞍上に迎えた[33]。初対戦となるアーモンドアイをはじめ、ダノンプレミアムワグネリアンなどの古馬の有力馬が集まり、出走16頭の内GI優勝馬は10頭という超豪華メンバーとなった[34]。本馬はその中でアーモンドアイに次ぐ2番人気に推された[35]。しかし、ゲートに入る前から落ち着きがなく、レースでは好位につけたが、直線で伸び脚を欠き、6着に敗れた[36]。レース後に鞍上のスミヨンは「ずっと力みっぱなし。直線は、ゴールの100メートル手前で外に膨れ、アップアップの状態だった」と敗因を語った[36]。(詳細は第160回天皇賞を参照)

次走にはファン投票で第4位となる8万3491票[37]を集めた有馬記念を選択。前走に引き続きスミヨンとのコンビを継続しての出走となり[38]、GI馬11頭が揃ったメンバー[39]の中でアーモンドアイ、宝塚記念コックスプレートを連勝しここがラストランとなる牝馬リスグラシューに次ぐ3番人気に推された。レース前から既にテンションが上がり消耗していた前走の結果を踏まえて輪乗りに参加せずゲートインを迎える[40]と、レースでは好スタートからアーモンドアイをマークする形で中団後方を追走。最終コーナーで外から進出を開始し、直線半ばで内のアーモンドアイとフィエールマンを交わして一旦は先頭に立ったが、外から突き抜けたリスグラシューに差を開けられ、同馬から5馬身差の2着で入線[41]。鞍上のスミヨンは「勝った馬が強過ぎました[注 6]。リスグラシューが引退するなら、(今後は)日本でこの馬が一番強いのではないでしょうか」とコメント[43]、角居調教師は「落ち着いていましたし、ジョッキーも“前回とは違った”と言ってくれました。力は出し切ったと思います」と述べた[44]。(詳細は第64回有馬記念を参照)

JRA賞最優秀3歳牡馬の選定ではNHKマイルカップ香港マイルを制したアドマイヤマーズも有力候補に挙がっており、前年のJRA賞最優秀2歳牡馬選出に続く同馬との一騎打ち[45]の様相となったが、17票差で本馬の受賞が決定した[46][47]

4歳(2020年)編集

1月13日、キャロットファームの秋田博章社長からサートゥルナーリアの香港遠征プランがあることが明かされ[48]、遠征を行う場合は4月26日のクイーンエリザベス2世カップ、国内のレースの場合は大阪杯を目標とし[48]、28日にはルメールを鞍上に3月15日の金鯱賞から始動することが発表された[49]。当日は前年のチャレンジCなど5連勝中のロードマイウェイなどが出走する中[50]、単勝1.3倍の1番人気の支持を受けた[51]。58kgの斤量や左回りを不安視する声もあったものの[52][53][54]、レースでは直線で先頭に立つと後続を突き放し、2着サトノソルタスに2馬身差をつけて勝利。人気に応えて重賞4勝目を挙げた[55]。金鯱賞後は滋賀県のノーザンファームしがらきへ放牧に出され、大阪杯は回避、香港遠征は行わずに6月28日の宝塚記念に出走することが発表された[56]

迎えた宝塚記念ではファン投票3位の票数を集めた[57]。大阪杯の1,2着馬ラッキーライラッククロノジェネシスをはじめ、史上最多のGI馬8頭が集結する豪華メンバーが揃った中[58][59]、それらを抑えて1番人気に推された。しかし、レース前の降雨で馬場状態が悪化。稍重で行われたレース本番では、道中10番手を追走したが、直線ではキャリアで最も遅い上がり3F37秒6と本来の末脚が見られず、勝ったクロノジェネシスから2秒1差と水をあけられる4着に敗れた[60][61]。レース後、鞍上のルメールは敗因に前走より1ハロン長い距離と馬場を挙げ、「ベストは2000メートルでしょう。良馬場なら、もっといい競馬ができたと思います」とコメント。管理する角居調教師も「(父の)ロードカナロアが出てきたのか、(距離も)長く感じました」と語った[60]

秋に入り、11月29日に東京競馬場で行われるジャパンカップ (GI/芝2400m)に出走を予定していたが、左前脚に腫れが見られたことから、回避することが決まった[62]。その後は有馬記念へ向けて調整されていたが、「万全な状態での出走が叶わない」として同レースも回避[63]。「今後は年明けの番組と馬の状態を見て判断する」としていたが[63]、翌2021年1月15日、現役を引退することがキャロットクラブのホームページで発表された。1月20日付で登録抹消[64]。引退後は社台スタリオンステーション種牡馬入りする[65]

競走成績編集

以下の内容はnetkeiba.comの情報[2]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上がり3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2018.06.10 阪神 2歳新馬 芝1600m(良) 9 5 5 001.10(1人) 01着 R1:37.2(34.2) -0.2 0M.デムーロ 54 (ディープダイバー) 488
0000.10.27 京都 萩S OP 芝1800m(良) 7 1 1 001.20(1人) 01着 R1:49.6(35.1) -0.3 0M.デムーロ 55 (ジャミールフエルテ) 488
0000.12.28 中山 ホープフルS GI 芝2000m(良) 13 4 5 001.80(1人) 01着 R2:01.6(35.3) -0.2 0M.デムーロ 55 (アドマイヤジャスタ) 500
2019.04.14 中山 皐月賞 GI 芝2000m(良) 18 6 12 001.70(1人) 01着 R1:58.1(34.1) -0.2 0C.ルメール 57 ヴェロックス 496
0000.05.26 東京 東京優駿 GI 芝2400m(良) 18 3 6 001.60(1人) 04着 R2:23.1(34.1) -0.5 0D.レーン 57 ロジャーバローズ 490
0000.09.22 阪神 神戸新聞杯 GII 芝2400m(良) 8 3 3 001.40(1人) 01着 R2:26.8(32.3) -0.5 0C.ルメール 56 (ヴェロックス) 498
0000.10.27 東京 天皇賞(秋) GI 芝2000m(良) 16 5 10 003.40(2人) 06着 R1:57.1(34.9) -0.9 0C.スミヨン 56 アーモンドアイ 502
0000.12.22 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 16 5 10 007.80(3人) 02着 R2:31.3(35.4) -0.8 0C.スミヨン 55 リスグラシュー 504
2020.03.15 中京 金鯱賞 GII 芝2000m(良) 12 5 6 001.30(1人) 01着 R2:01.6(33.2) -0.3 0C.ルメール 58 (サトノソルタス) 502
0000.06.28 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(稍) 18 3 5 002.40(1人) 04着 R2:15.6(37.6) -2.1 0C.ルメール 58 クロノジェネシス 508

種牡馬時代編集

2021年から社台スタリオンステーションで種牡馬入りした。1月21日に初年度種付料は600万円(受胎条件)と発表されると、同月25日には満口となった[66]

血統表編集

サートゥルナーリア血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 キングマンボ系
[§ 2]

ロードカナロア
2008 鹿毛
父の父
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
*マンファス *ラストタイクーン
Pilot Bird
父の母
レディブラッサム
1996 鹿毛
Storm Cat Storm Bird
Terlingua
*サラトガデュー Cormorant
Super Luna

シーザリオ
2002 青毛
スペシャルウィーク
1995 黒鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペンガール マルゼンスキー
レディーシラオキ
母の母
*キロフプリミエール
Kirov Premiere
1990 鹿毛
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Querida Habitat
Principia
母系(F-No.) (FN:16-a) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 5×4 [§ 4]
出典
  1. ^ [67]
  2. ^ [68]
  3. ^ [67]
  4. ^ [67][68]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 角居勝彦調教師の道路交通法違反容疑(酒気帯び運転)による調教停止処分により、2018年7月6日から2019年1月6日まで中竹和也厩舎に転厩[5]
  2. ^ ルメールは斜行について過怠金5万円[20]
  3. ^ グランアレグリアも4着に入線していたものの、審議の結果5着に降着となった[22]
  4. ^ 安藤勝己はこの出遅れについて、「パドックまで我慢できとったけど、最後の最後でテンションが爆発した。僚馬(優勝したロジャーバローズ)とは逆に、人のプレッシャーも伝わったかな。ああいう時は先にゲート入れたほうが中で落ちつくの。普通ならいいはずの偶数番が裏目に出て、最悪のタイミングでゲートを切られた。」と述べている[25]
  5. ^ 「勝ち馬」ではない馬のものとしては32秒1や32秒2の記録がある[31]
  6. ^ 優勝したリスグラシューには、国内GI歴代最高値となる130ポンドのレーティング(牝馬のアローワンス4ポンドが引かれた126が発表値)が与えられている[42]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p サートゥルナーリア”. JBIS-Search. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年11月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n サートゥルナーリア”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2020年11月14日閲覧。
  3. ^ サートゥルナーリアが競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2021年1月20日). 2021年1月20日閲覧。
  4. ^ 2歳新馬|2018年06月10日”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2020年2月16日閲覧。
  5. ^ 角居勝彦調教師、山田敬士騎手の処分が決定. サンケイスポーツ(2018年11月7日付). 2018年12月21日閲覧
  6. ^ a b 競走馬登録馬名簿・馬名意味. JRA. 2018年12月26日閲覧
  7. ^ 2018年12月28日 ホープフルS G1” (2018年12月28日). 2019年1月28日閲覧。
  8. ^ 【新馬戦結果】サートゥルナーリア、圧勝デビュー!. サンケイスポーツ(2018年6月11日付). 2018年12月21日閲覧
  9. ^ サートゥルナーリア、札幌2歳回避 左前球節などの疲れで夏場は休養. スポーツ報知(2018年7月26日付). 2018年12月21日閲覧
  10. ^ 【萩S】サートゥルナーリアがOPもあっさりクリア. 萩ステークス(2018年10月27日付). 2018年12月21日閲覧
  11. ^ 【ホープフルS】サートゥルナーリア 坂路で軽快52秒5―11秒9. スポーツ報知(2018年12月24日付). 2018年12月28日閲覧
  12. ^ 【ホープフルS】サートゥルナーリアが3連勝でG1制覇 圧倒的な強さみせる. スポーツ報知(2018年12月28日付). 2018年12月28日閲覧
  13. ^ 【新春インタビュー】M.デムーロ騎手、2019年の決意「サートゥルナーリアは歴史を変える一頭」. netkeiba.com(2019年1月6日付). 2019年1月10日閲覧
  14. ^ 【次走】サートゥルナーリアはクラシックに向けてルメール騎手との新コンビ. netkeiba.com(2019年1月10日付). 2019年1月10日閲覧
  15. ^ 無敗のG1馬サートゥルナーリアは皐月賞直行!…次走報. 競馬ラボ(2018年1月23日付). 2019年1月29日閲覧
  16. ^ a b JRAホームページ|データファイル|競走成績データ|第79回皐月賞”. jra.co.jp. JRA 日本中央競馬会. 2020年2月11日閲覧。
  17. ^ 週刊『競馬ブック』平成31年4月20・21日号(57巻16号:通巻3040号)p132-133「第79回皐月賞」
  18. ^ JRA、レース結果(3回中山8日 11レース)、中山11R裁決レポート、2019年4月18日閲覧。
  19. ^ サートゥルナーリア無敗で1冠奪取!ルメール騎手はクラシック完全制覇”. サンスポ. 産業経済新聞社. 2019年4月17日閲覧。
  20. ^ 週刊『競馬ブック』平成31年4月20・21日号(57巻16号:通巻3040号)p131「8日目制裁その他」
  21. ^ 【JRA】ルメール騎手が16日間の騎乗停止 ダービーのサートゥルナーリアなど乗り替わりに”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2019年5月5日). 2019年5月27日閲覧。
  22. ^ 第24回NHKマイルカップ”. db.sp.netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2019年5月5日). 2019年9月23日閲覧。
  23. ^ a b c d e 【日本ダービー】サートゥルナーリア、出遅れ響いてまさかの4着…無敗の2冠ならず”. hochi.news. スポーツ報知 (2019年5月26日). 2019年5月27日閲覧。
  24. ^ 【JRA】サートゥルナーリア鞍上レーン「1番強い馬だなと思いました」/日本ダービー共同会見”. db.sp.netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2019年5月22日). 2020年2月11日閲覧。
  25. ^ Twitter アンカツ(安藤勝己)のツイート”. 2020年2月11日閲覧。
  26. ^ 【次走】サートゥルナーリアは神戸新聞杯で始動予定”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2019年6月24日). 2019年5月27日閲覧。
  27. ^ 神戸新聞杯(G2) レース結果”. db.sp.netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ (2019年9月22日). 2019年9月23日閲覧。
  28. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【神戸新聞杯】サートゥルナーリアが3馬身差で快勝” (日本語). サンスポZBAT!競馬. 2019年9月22日閲覧。
  29. ^ a b 週刊『競馬ブック』平成31年9月28・29日号(57巻39号:通巻3063号)p170「観戦記」
  30. ^ 週刊『競馬ブック』平成31年9月28・29日号(57巻39号:通巻3063号)p131「神戸新聞杯」
  31. ^ a b c 【神戸新聞杯】サートゥルナーリア、秋初戦を完勝!次は天皇賞かジャパンcで古馬撃破だ”. hochi.news. スポーツ報知 (2019年9月23日). 2019年9月23日閲覧。
  32. ^ スポーツニッポン、スポニチアネックス、2019年9月22日付、【神戸新聞杯】3馬身差Vサートゥルナーリア天皇賞かJCへ キャロット秋田社長「菊花賞はありません」。2019年9月23日閲覧。
  33. ^ サートゥルナーリアはスミヨンと天皇賞・秋へ” (日本語). スポーツ報知 (2019年9月28日). 2019年10月27日閲覧。
  34. ^ 【天皇賞・秋(G1)予想】G1馬10頭参戦!秋の天皇賞を制するのは? | 競馬まとめニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月27日閲覧。
  35. ^ 天皇賞(秋)(G1) オッズ | 2019年10月27日 東京11R レース情報(JRA)”. netkeiba.com. 2019年10月27日閲覧。
  36. ^ a b 【天皇賞・秋】3歳サートゥルナーリアは6着完敗 スミヨン「ずっと力みっぱなし」” (日本語). スポーツ報知 (2019年10月27日). 2019年10月27日閲覧。
  37. ^ 【有馬記念】ファン投票 最終結果発表(100位まで) | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年12月28日閲覧。
  38. ^ サートゥルナーリア有馬記念へ 鞍上は引き続きスミヨン | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年12月28日閲覧。
  39. ^ 【有馬記念】GI馬が11頭ずらり! 超豪華メンバーによる最終決戦/JRAレースの見どころ | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年12月28日閲覧。
  40. ^ 【有馬記念】サートゥル2着 スミヨンと冷静に“能力全開”. www.sponichi.co.jp. 2019年12月28日閲覧。
  41. ^ 【有馬記念】リスグラシュー5馬身差完勝! GI・3連勝で花道飾る!/JRAレース結果 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年12月28日閲覧。
  42. ^ リスグラシューのレーティングが国内GI歴代最高値|極ウマ・プレミアム” (日本語). p.nikkansports.com. 2019年12月28日閲覧。
  43. ^ 「サートゥルナーリア 血統に裏付けられたポテンシャル」『優駿』914、三好達彦、日本中央競馬会内「優駿」編集部、2020年1月24日、p32,33。
  44. ^ 【有馬記念】サートゥルナーリア出し切った2着 スミヨン「勝った馬が強過ぎた」 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年12月28日閲覧。
  45. ^ 最優秀2歳牡馬にアドマイヤマーズ選出 サートゥルナーリアとの一騎打ち制す | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年1月31日閲覧。
  46. ^ 【2019年度JRA賞】最優秀3歳牡馬はサートゥルナーリア 皐月賞&神戸新聞杯V、有馬記念2着 : スポーツ報知”. web.archive.org (2020年1月31日). 2020年1月31日閲覧。
  47. ^ 【JRA賞】最優秀3歳牡馬はサートゥルナーリア”. www.sponichi.co.jp. 2020年1月31日閲覧。
  48. ^ a b サートゥル香港遠征プラン 秋田博章代表「初遠征がドバイは不安」”. sponichi.co.jp. スポニチ Sponichi Annex. 2020年3月16日閲覧。
  49. ^ 最優秀3歳牡馬サートゥルナーリア 金鯱賞で始動→大阪杯か香港QE2”. sponichi.co.jp. スポニチ Sponichi Annex. 2020年3月16日閲覧。
  50. ^ 【金鯱賞】有馬記念2着のサートゥルナーリアが始動/JRAレースの見どころ | 競馬ニュース - netkeiba.com” (日本語). news.netkeiba.com. 2020年3月15日閲覧。
  51. ^ 金鯱賞 (G2) オッズ | 2020年3月15日 中京11R レース情報 (JRA)”. netkeiba.com. 2020年3月15日閲覧。
  52. ^ サンケイスポーツ、サンスポ競馬、2020年3月15日付、【金鯱賞】サートゥルナーリアが始動戦を快勝!“現役最強馬”へ向けて好発進、2020年3月15日閲覧。
  53. ^ 優馬、2020年3月14日付、単勝ブッコミは危険? サートゥルナーリアの「気がかりな点」、2020年3月15日閲覧。
  54. ^ サイゾー、Gambling Journal、JRA金鯱賞 (G2)サートゥルナーリア圧勝! C.ルメール課題の“左回り”に「全然問題なかった」春のG1戦線へ視界良好、2020年3月15日閲覧。
  55. ^ 【金鯱賞】1番人気サートゥルナーリアが圧勝 重賞4勝目”. www.sponichi.co.jp. 2020年3月15日閲覧。
  56. ^ サートゥルナーリアは宝塚記念目標”. race.sanspo.com. サンスポZBAT!競馬 (2020年3月23日). 2019年6月20日閲覧。
  57. ^ 宝塚記念ファン投票 最終結果発表! JRA”. jra.jp. 2020年9月26日閲覧。
  58. ^ “競馬GI見どころ 宝塚記念 最多GI馬8頭が激突” (jp). Mainichi Daily News. (2020年6月26日). https://mainichi.jp/articles/20200626/ddm/035/050/090000c 2020年9月26日閲覧。 
  59. ^ 【宝塚記念見どころ】サートゥルナーリアのGI・3勝目なるか | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年9月26日閲覧。
  60. ^ a b 【宝塚記念】サートゥルナーリア4着 ルメール「距離と馬場」 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年9月26日閲覧。
  61. ^ 【勝負の分かれ目 宝塚記念】道悪では負けなしのクロノジェネシスが底力でGI2勝目 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2020年9月26日閲覧。
  62. ^ 【ジャパンカップ】サートゥルナーリアが回避、経過次第で有馬記念を視野に” (日本語). netkeiba.com. 2020年11月23日閲覧。
  63. ^ a b 【JRA】サートゥルナーリアは有馬記念も出走見送り | 競馬ニュース - netkeiba.com” (日本語). news.netkeiba.com. 2021年1月15日閲覧。
  64. ^ 【JRA】GI・2勝馬サートゥルナーリアが登録抹消、社台SSで種牡馬に | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2021年1月20日閲覧。
  65. ^ サートゥルナーリアが引退、皐月賞などGI・2勝 社台スタリオンステーションで種牡馬入りの予定”. ヤフー競馬 (2021年1月15日). 2021年1月15日閲覧。
  66. ^ 社台スタリオンステーション2021年種付料一覧 2021年1月25日現在 (PDF)”. 社台スタリオンステーション (2021年1月25日). 2021年1月26日閲覧。
  67. ^ a b c サートゥルナーリア 5代血統表”. JBIS-Search. 日本軽種馬協会. 2020年1月4日閲覧。
  68. ^ a b サートゥルナーリアの血統表|競走馬データ - netkeiba.com”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2020-11- 14閲覧。

書誌情報編集

  • 週刊『競馬ブック』、ケイバブック
    • 平成31年4月20・21日号(57巻16号:通巻3040号)
    • 平成31年9月28・29日号(57巻39号:通巻3063号)

外部リンク編集