メインメニューを開く

サーフィン ドッグ』(原題: Marmaduke)は、2010年アメリカ合衆国コメディ映画。ブラッド・アンダーソンとフィル・リーミングによる同名のコミック・ストリップを原作としている。

サーフィン ドッグ
Marmaduke
監督 トム・デイ
脚本 ビンス・ディ・メジロ
ティム・ラスマッセン
原作 ブラッド・アンダーソン
フィル・リーミング
製作 ジョン・デイヴィス
トム・デイ
製作総指揮 アーノン・ミルチャン
デレク・ドーチー
タリク・ジャリル
ジェフリー・ストット
出演者 オーウェン・ウィルソン
ジョージ・ロペス
音楽 クリストファー・レナーツ
撮影 グレッグ・ガーディナー
編集 ドン・ジマーマン
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年6月4日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 87分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000[1]
興行収入 $83,761,844[1]
テンプレートを表示

日本ではビデオスルーとして、2011年7月6日にDVD(レンタルのみ)がリリースされた。

目次

ストーリー編集

ウィンスロー家のペットあるマーマデュークは、身体は大きいが何の取り得もなくて家族に迷惑ばかりかけるおバカな雑種犬。飼い主フィルの転職によりカリフォルニア州オレンジ郡へと引っ越したマーマデュークは、フィルと共に訪れたドッグパークで可憐な純血種の犬イゼベルに一目惚れする。しかし彼女はドッグパークを牛耳る純血種のリーダー犬ボスコの恋人だった。嫉妬深くて雑種を軽蔑するボスコに釘を刺されたマーマデュークは同じ雑種犬メイジー達三匹の仲間に入れてもらい、仕事先でもフィルに迷惑をかけながら楽しく過ごしていた。

それでもイゼベルを諦める気がないマーマデュークは彼に淡い恋心を抱くメイジーに恋愛相談をしたり、同じウィンスロー家の飼い猫であるカルロスの協力を得てイゼベルにアプローチを試みた。ある日フィルが提案した会社主催のサーフィンドッグ大会に強制参加させられたマーマデュークは優勝候補のボスコと一騎討ちをするはめになるが、水が苦手なマーマデュークは海に落ちたくない一心でサーフボードに必死に乗り続けた結果まさかの優勝を果たしてしまい人生は一変。ボスコをリーダーの座から降ろして新リーダーに昇格した上、憧れのイゼベルと恋人同士になり夢のような生活を送ることになった。

有頂天となったマーマデュークは、イゼベルや純血種達とパーティー三昧の日々を送る一方でメイジー達を蔑ろにしてしまい、更にはメイジーが理想とするデートシチュエーションを何の悪気もなくイゼベルとのデートで再現してしまい、それを目撃したメイジーはショックを受けてしまう…。

キャスト編集

()内は日本語吹き替えキャスト

動物(声の出演)編集

人間(顔出し出演)編集

参考文献編集

  1. ^ a b Marmaduke (2010)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年7月4日閲覧。

外部リンク編集