メインメニューを開く
Surfside 6 左からトロイ・ドナヒュー, リー・パターソン, ヴァン・ウイリアムズ,ダイアン・マクベイン

サーフサイド6』(原題:Surfside 6)は、1960年から1962年にかけてアメリカABCにて放映されたテレビシリーズ。ワーナー・ブラザース・テレビジョン製作。当時のワーナーが、テレビ映画の私立探偵物で本作以外にも製作した『サンセット77』『ハワイアンアイ(英語版)』『バーボンストリート(英語版)』らと併せ、「私立探偵四部作」とも称される[1]

目次

概要編集

 
マルガリータ・シェラ(左)とトロイ・ドナヒュー

放映当時は『サンセット77』の青春版とも言われたTVシリーズで、フロリダ州マイアミビーチのヨットハーバーの6号埠頭に停泊しているハウスボート(それゆえ「サーフサイド6」と呼ばれる)を探偵事務所にする3人の若い私立探偵の活躍を描いている[2]

『サンセット77』の洒落た大人びた雰囲気ではなく、若くてリッチでトロピカルなムード[3]を前面に出し、3人とも事件解決よりも女の子と遊ぶ方に夢中となる。ボートの所有者で億万長者のサンディ・ウインフィールド2世(トロイ・ドナヒュー)、兄貴分のデイブ・ソーン(リー・パタースン(英語版))、弟分のケニー・マディソン(ヴァン・ウィリアムズ)。そのガールフレンドが隣りのハウスボートに住む金髪の女性ダフィ(ダイアン・マクベイン(英語版))と近くのナイトクラブの歌姫チャチャ(マルガリータ・シェラ(英語版)[4]。『サンセット77』の姉妹編なので、ジェフ・スペンサー探偵(ロジャー・スミス(英語版))が友情出演している。

放送編集

アメリカでは、1960年10月から2シーズン放送されて全74話が放映された。日本では1961年10月7日から1963年11月2日までTBSの土曜夜8時[5]から放送され、途中1962年5月からはプロボクシング中継「ビッグファイト」と交互に放送された[6]

キャスト編集

役名、俳優、日本語吹き替え。

備考編集

  • サンディ・ウインフィールド2世を演じたトロイ・ドナヒューは、この当時青春スターとして絶頂期で、『恋愛専科』『避暑地の出来事』『パームスプリングスの週末』『遠い喇叭』に主演していた。しかし1960年代後半になると人気が落ち、1972年の『ゴッドファーザー』では端役を演じている。
  • デイブ・ソーンを演じたリー・パタースンはカナダのバンクーバー生まれで、本作への出演後も1960年代はアメリカの各テレビシリーズに出演し、1980年代までいろんなドラマで活躍した。 
  • ケニー・マディソンを演じたのはヴァン・ウィリアムズ。このケニー・マディソンはもともと前年製作の『バーボンストリート』の探偵で、そのまま本作にも継続されて引き続きヴァン・ウイリアムズが演じている。そして『サーフサイド6』終了後、『グリーン・ホーネット』で主役を演じて、その時に共演したのが若き日のブルース・リーである[7]。 
  • ダフィ役のダイアン・マクベインは、本作のレギュラー陣ではその後もテレビ映画の世界で最も長く活躍し、『バークにまかせろ』『バットマン』『ワイルドウエスト』『ナポレオンソロ』『チャーリーズ・エンジェル』『ダラス』など数々のテレビシリーズで客演している。
  • チャチャを演じたマルガリータ・シェラは、本作が終了した直後に重い心臓病を患い、1963年9月に急死している。わずか27歳であった。
  • 帝人1962年10月までは「帝国人造絹絲」)の一社提供[8]
  • 1982年に行われた「スーパーニッカ」(ニッカウヰスキーCMのシリーズ「スーパーメモリーシリーズ」の一つとして、本作が取り上げ、CMにはトロイ・ドナヒューが出演した。

注・出典編集

  1. ^ キネマ旬報臨時増刊「テレビの黄金伝説~外国テレビドラマの50年~ 」109P 参照
  2. ^ SCREEN特編版「なつかしの外国TVシリーズ」86P 参照
  3. ^ キネマ旬報臨時増刊「テレビの黄金伝説~外国テレビドラマの50年~ 」109P 参照
  4. ^ SCREEN特編版「なつかしの外国TVシリーズ」87P 参照
  5. ^ 当初は20:00 - 21:00だったが、1962年10月よりスポットニュースJNNフラッシュニュース』設置に伴い、20:00 - 20:56に短縮された。
  6. ^ 当時TBS系列では野球シーズンに入ると、毎週水曜日、土曜日、日曜日の週3日でナイター中継を行っていたが、この1962年から土曜日のナイター中継をやめてボクシング中継に切り替え、『サーフサイド6』との隔週放送となった。しかし、その2年後の1964年5月16日の『逃亡者』の放送開始からボクシング中継も終了している。
  7. ^ 「アメリカTVドラマ劇場」 71P参照
  8. ^ なお帝人は土曜19時台前半枠から提供枠を移動しての放送だったが、本作を以て一社提供を終了した。「TBS50年史 資料編」(東京放送)135 - 141頁 2002年

参考文献編集

  • 「懐かしのアメリカTV映画史」 瀬戸川宗太著 集英社新書  2005年1月発行
  • SCREEN特編版「なつかしの外国TVシリーズ」 近代映画社  2006年5月発行
  • 週刊TVガイド別冊「テレビ30年」 東京ニュース通信社 1982年2月8日発行
  • キネマ旬報臨時増刊「テレビの黄金伝説~外国テレビドラマの50年~ 」1997年7月2日号 
  • 20世紀テレビ読本「アメリカTVドラマ劇場」 内野真一郎著 同文書院  1999年1月発行

外部リンク編集

TBS 土曜20時枠
前番組 番組名 次番組
プロ野球中継
(20:00 - 21:30)
サーフサイド6
(1961.10.7 - 1963.11.2)
【1962年5月よりプロボクシング中継
「ビッグファイト」と隔週放送】
バトルライン
(1963.11.16-1964.5.2)
「ビッグファイト」
(1962.5.13- 1964.5.9)
【隔週放送】
TBS系 土曜20:56 - 21:00枠
プロ野球中継
(20:00 - 21:30)
サーフサイド6
(1961.10.7 - 1962.9.29)
【以降4分縮小】
JNNフラッシュニュース
(1962.10.6 - 2019.3.30)