サーブ 2000 要目一覧
Saab 2000
乗員 2
乗客 58(最大)
初飛行日 1992年3月26日
全長 27.28m
全幅 24.76m
高さ 7.73m
主翼面積 55.74㎡
エンジン アリソンAE2100Aターボプロップ双発
プロペラ ダウティ R381 6枚羽
巡航速度 682 km/h
航続距離 2.868 km
実用上昇限界 9.450 m
総生産数 63機

サーブ 2000Saab 2000)は、スウェーデンサーブ社が開発したターボプロップ双発旅客機である。

概要編集

サーブが、コミューター機の成功作サーブ340に続いて開発した50/58席級の地域航空用ターボプロップ双発機がサーブ2000である。1988年に機体仕様の決定作業が開始され、同年12月15日にスイスクロスエアから確定25機、オプション25機のコミットメントを得て機体計画をローンチ1989年5月に正式なゴーアヘッドとなった。機体は、主翼や胴体などの基本的な構造はサーブ340のものを踏襲し、特に胴体は340と同じ断面でそれを7.55mストレッチしている。このためサーブ2000は、単にサーブ340のストレッチ型と見られやすいが、実際にはターボプロップ・コミューター機の新時代を目指して作られた、全く異なった機体なのである。

サーブ2000開発最大の主観は、ターボプロップ機でジェット機並みの性能を得ることであった。ジェット機と同等の巡航高度と巡航速度性能を、ターボプロップ機の経済性で実現させることを狙ったものである。一方で、機体の開発コストを低く抑えるために、サーブ340で開発済みのコンポーネントを一部に使うこととした。以上の設計により、サーブ2000は、665km/h以上という高速巡航性能と低騒音性能に優れている。主翼はCASA(スペイン)、後部胴体はウエストランド・エアクラフト、尾翼はヴァルメトと生産を分業した。1992年3月26日に初飛行し、1994年9月に商業運航に就航した。

主翼は低翼配置・直線翼であり、垂直尾翼には、前部へ延びるフィンがついている。 搭載エンジンはアリソン(現・ロールスロイス)が開発した新世代の大出力ターボプロップであるGMA2100である。最大出力は2,722kWである。プロペラは6枚のブレードであり、低騒音に貢献している。また、グラスコックピットとなっている。サーブ340と比較して、胴体は7.55m延長され、主翼の長さもそれぞれ3.3m延長された。

生産・運用編集

サーブ 2000は34機がクロスエアで使われたほか、1997年には日本の運輸省(当時)航空局(JCAB)も飛行点検機として導入した。しかし、売り上げが低迷したため、1999年に製造が中止された。生産機数は63機。

売り上げが低迷した主な理由は、市場としていた50席前後のコミューター路線に、エンブラエルERJ145ボンバルディアCRJ-200等、低価格のジェット旅客機が登場し、競争に敗れたことである。このためサーブ社は旅客機市場から撤退する事となった。

派生型編集

 
サーブ2000AEW&C
  • サーブ 2000 AEW&C
パキスタン空軍向けに開発された早期警戒管制機(Airborne Early Warning & Control)。エリアイレーダーを搭載する。

関連項目編集