メインメニューを開く

ザ☆ドラえもんズ ゴール!ゴール!ゴール!!

ザ☆ドラえもんズ ゴール!ゴール!ゴール!!』は、2002年に『ドラえもん のび太とロボット王国』、『ぼくの生まれた日』と同時に公開された日本のアニメ映画である。

ザ☆ドラえもんズ
ゴール!ゴール!ゴール!!
監督 やすみ哲夫
脚本 なし
製作 シンエイ動画
小学館
テレビ朝日
出演者 なし
音楽 宮崎慎二
編集 小島俊彦、岡安プロモーション
配給 東宝
公開 2002年3月9日
上映時間 7分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ドラミ&ドラえもんズ 宇宙ランド危機イッパツ!
次作 -
テンプレートを表示

目次

概要編集

ザ・ドラえもんズが登場する最後の映画作品。内容は、ドラえもんを除くザ・ドラえもんズの面々が悪の科学者アチモフの軍団とアチモフスタジアムにてサッカーの試合を行う、というもの。

音楽と効果音が流れるだけで、登場人物の台詞が一切なく、サイレント物のアニメになっている。上映時間も7分程度と最短である。

クライマックスはシュートで決めており、「親友テレカ」は『ムシムシぴょんぴょん大作戦!』以来未登場となった。

なお、この作品が公開された2002年は日本・韓国共催でサッカーワールドカップが行われた年でもある。

キャラクター編集

(全て声なし)

  • ドラリーニョ
2作目6作目に続いて本作の主役。ラストでは彼がシュートを決める。
  • ドラ・ザ・キッド
普段は高い所が苦手だが、多少克服されたのか、全員が海に落下しそうになった時彼の空気砲のおかげで助かる。
  • エル・マタドーラ
得意のヒラリマントで援護する。この映画では珍しくシエスタの場面がない。
  • ドラメッド三世
ゴールキーパーを担当。顔面にボールが当たり、怒って巨大化する。カナヅチで水に触れることも苦手だが、多少克服したのか、仲間とともにシンクロを披露した。ゴールキーパーでは、敵のシュートで何度か痛い目に遭い、昇ろうとした王ドラにズボンを下ろされるなど不憫な役が多い。
  • ドラニコフ
かつては、丸いものを見ると狼男になるが、彼も克服したのかボールなどある程度のものは大丈夫になった。巨大な扇風機満月に見えたため変身し、トウガラシを食べて火を吐いた。なお、彼が狼男になる前にマフラーを取った所を見られるのは本作初である。
  • 王ドラ
カンフーが得意とするため、最初にボールを蹴ったがドラリーニョにぶつかったり、ボールに当たって容器のように割れたりと酷い目にあう。
  • アチモフ
怪盗ドラパン謎の挑戦状!』、『ドキドキ機関車大爆走!』に続いて3度目の登場の悪の科学者。ドラえもんズにサッカー対決を挑み、様々な装置を駆使して勝とう[1]とする。が、またまたしてもドラえもんズに敗れた。
前作に引き続いて不在。(不在の理由が説明されていた前作とは異なり)一切説明が無いため理由は不明。ただし、ドラリーニョがお尻を焦がして走り回っていたら、ドラえもんの絵ができた。

スタッフ編集

主題歌も存在しないため、スタッフロールは本編ラストにBGMと共に流れる。

脚注編集

  1. ^ アチモフの仕掛けはアチモフが猫ふんじゃったを弾くと作動