メインメニューを開く

ザ☆ドラえもんズ ドキドキ機関車大爆走!

ザ☆ドラえもんズ ドキドキ機関車大爆走!』(ザ・ドラえもんズ ドキドキきかんしゃだいばくそう!)は、2000年に『ドラえもん のび太の太陽王伝説』、『おばあちゃんの思い出』と同時に公開された日本のアニメ映画である。第18回ゴールデングロス賞優秀銀賞受賞作。

ザ☆ドラえもんズ ドキドキ機関車大爆走!
監督 錦織博
脚本 池田眞美子
製作 シンエイ動画
小学館
テレビ朝日
出演者 難波圭一
白鳥由里
銀河万丈
大山のぶ代
音楽 宮崎慎二
編集 岡安肇
配給 東宝
公開 2000年3月11日
上映時間 17分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ザ☆ドラえもんズ おかしなお菓子なオカシナナ?
次作 ドラミ&ドラえもんズ 宇宙ランド危機イッパツ!
テンプレートを表示

目次

概要編集

この作品より前作までザ・ドラえもんズシリーズの監督を務めていた米谷良知に代わり、錦織博が監督となった。

アチモフが再登場していることから、『ザ☆ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!』の後日談的作品となっている。

サブタイトルが「ドキドキ機関車大走」と表記されるケースがしばしば見られるが(例1例2など)、これは誤記である。

作中ではドラえもんズそれぞれの一人称が統一されていないのが目立つ(登場人物の項を参照)。また、ドラえもんと寺尾台校長がドラえもんズの映画に登場した最後の作品である。

本作は『ドラミ&ドラえもんズ ロボット学校七不思議!?』から次作までの作品で唯一田中道明によるコミカライズ版が制作されなかった。

あらすじ編集

22世紀のパワーセンターから、悪の科学者アチモフによりエネルギーカプセルが盗まれ、街全体が停電となってしまった。

街を救うためにドラえもんズは一つだけ残されたエネルギーカプセルを届ける任務を負い、車掌のロビンとともに蒸気機関車でパワーセンターへ向かう。

登場人物編集

ドラ・ザ・キッド
- 難波圭一
1作目以来、本作の主役。当初はロビンをやんちゃ坊主、機関車のロコをオンボロ呼ばわりしたが、後に謝った。
ロビン
声 - 白鳥由里
本作のヒロイン的な存在。校長先生の幼馴染の孫娘で、10歳。男勝りな性格と作業着姿から、ドラえもんズからは少年と思われていた。足の踏んづけが強く、キッドはおろか、アチモフですら痛がる程。機関車のロコをバカにすると怒る。「フン!」が口癖。キッドと衝突しがちだったが、アチモフとの戦いで人質に捕られた際、カプセルよりも命を優先したキッドの姿を見たことで和解。事件後、キッドに頬キスする。エンディング映像では、ドレス姿を披露。
王ドラ
声 - 林原めぐみ
真面目な性格。女の子に弱く、ロビンに対しては当初普通の態度で接していたが、彼女が女の子だと分かった途端骨抜きになった。
通常の作品の一人称は「私」だが、本作のみ一人称が「僕」であり、キッドを「さん」付けした。
ドラニコフ
声 - 桜井敏治
唐辛子を食べ、口から火を吐く。「ガウ」しか話せない。
エル・マタドーラ
声 - 中尾隆聖
シェスタが好きでよく居眠りをする。
ドラメッド三世
声 - 佐藤正治
カナヅチであるため、水が苦手だがそのおかげで助かる。機関車を滝に落とされたとき機関車を持ち上げて全力疾走した(王ドラ曰く「火事場の馬鹿力ならぬ、水場の馬鹿力ですね」)。
自らを「ワシ」と呼んだり、「~ゾよ」が口癖だったり等、他作品と口調が異なる。
ドラリーニョ
声 - 一龍斎貞友
運動神経はメンバー一だが物忘れが激しい。
ドラえもん
声 - 大山のぶ代
アチモフから、エネルギーカプセルを守っている。
寺尾台校長
声 - 永井一郎
ロビンにペンダントのお守りを渡す。
ミニドラ
声 - 佐久間レイ
ドラリーニョのサッカー・チーム。
所長
声 - 緒方賢一
パワーアップセンターの所長。
Dr.アチモフ
声 - 銀河万丈
悪の科学者。2作目の『怪盗ドラパン謎の挑戦状!』の際に刑務所送りになったが脱獄し、エネルギーカプセルを盗んで街を混乱に陥れる。最後はまたしてもドラえもんズに敗れ、何処かに去っていった。
アチモフの部下
声 - 大西健晴長嶝高士柳沢栄治

スタッフ編集

主題歌編集

  • 「ぼくらの元気」
作詞 - 柚木美祐、作曲・編曲 - 藤沢秀樹、歌 - 堀江美都子