ザイオン・ウィリアムソン

アメリカのバスケットボール選手 (2000 - )

ザイオン・ラティーフ・ウィリアムソンZion Lateef Williamson, 2000年7月6日[2][3] - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州ソールズベリー出身のプロバスケットボール選手。NBAニューオーリンズ・ペリカンズに所属している。ポジションはパワーフォワード

ザイオン・ウィリアムソン
Zion Williamson
Zion Williamson 2020.jpg
ニューオーリンズ・ペリカンズでのウィリアムソン
(2020年)
ニューオーリンズ・ペリカンズ  No.1
ポジション PF
シュート
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (2000-07-06) 2000年7月6日(22歳)
出身地 ノースカロライナ州の旗 ノースカロライナ州ソールズベリー
身長 198cm (6 ft 6 in)
体重 129kg (284 lb)
ウィングスパン 208cm  (6 ft 10 in)[1]
キャリア情報
高校 スパータンバーグ・デイ高等学校
大学 デューク大学
NBAドラフト 2019年 / 1巡目 / 全体1位[1]
プロ選手期間 2019–現在
経歴
2019-ニューオーリンズ・ペリカンズ
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten

生い立ち編集

ザイオンはアメリカンフットボールのディフェンスで高校の全米選抜に選ばれた父と、陸上の短距離選手で中学校の体育教師であった母との間に生まれた[4]。バスケットを始める前は野球とアメリカンフットボールのクォーターバックでプレイしていた。そして5歳からバスケットボールを始め、母がコーチをするチームでプレイをする。その後、継父であるリー・アンダーソンがポイントガードとしてのスキルを教えている。

学生時代編集

ハイスクール編集

地元のスパルタンバーグ・デイ高校に進学。1年生から頭角を現し、3年次には36.8点, 13リバウンド, 3スティール, 2.5ブロックをマーク。4年には36.4点, 11.4リバウンド、3.5アシストを記録。マクドナルド・オール・アメリカンナイキ・フープサミットにも選出された。デューク大学に進学した[5][6]

カレッジ編集

プレシーズンマッチのライアソン大学戦でデューク大学のデビュー戦を迎えた。その試合でいきなりダブルダブルとなる29得点13リバウンドをマーク。スリーポイントも3本決めるなど衝撃的なデビューを飾る[7]。シーズンに入ってもその勢いは止まらず、1試合平均22.6得点、8.9リバウンド、2.1アシスト、1.8ブロック、2.1スティールを記録。フィールドゴール成功率68.0%はNCAAディヴィジョン1において2位の記録であり、1年生としては史上最高を記録した。また、八村塁の所属するゴンザガ大学との試合では87-89で惜敗を喫している。2019年4月15日にNBAドラフト2019へのアーリーエントリーを表明した。

NBA編集

ニューオーリンズ・ペリカンズ編集

2019-20シーズン: ルーキーイヤー編集

2019年6月20日に行われたNBAドラフトにおいて、全体1位としてニューオーリンズ・ペリカンズに指名された。

プレシーズンでは4試合に出場し、平均27.2分23.3得点6.5リバウンド2.3アシスト1.5スティールをマーク。フィールドゴール成功率は圧巻の71.4パーセントという高確率を残していたが、10月13日のサンアントニオ・スパーズ戦で右膝を負傷。半月板の損傷で手術を受けることになり、復帰まで6~8週間とされた[8]

1月22日のスパーズ戦で初出場し、18分18秒を通して22得点、7リバウンド、3アシストという上々のデビューを果たした[9]。2月28日のクリーブランド・キャバリアーズ戦で24得点を決め、NBA史上初めて10試合連続20得点超えを記録した10代の選手になった[10]。この活躍により2月のルーキー・オブ・ザ・マンスに選出される[11]。最終的には13試合連続まで伸ばし、3月1日には自己最高の35得点をマークした。しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大により3月11日から4か月半のシーズン中断。7月30日の再開後、自身は出場時間の制限し、チームはプレーオフ争いから脱落してシーズン終了。最終的に24試合の出場に留まったが、平均22.5得点、6.3リバウンド、2.1アシスト、シュート成功率58.3%の成績を残した。ルーキーで平均20得点、シュート成功率55%以上を記録したのは、シャキール・オニール以来史上2人目の快挙である[12]。新人王投票では3位に終わったが、受賞したジャ・モラント以外で唯一の1位票を1票獲得した[13]

2020-21シーズン編集

2年目の2020-21シーズンは開幕から健康を維持し、前年から大きく成績を伸ばした。オールスターにリザーブとして初選出され、当日に新型コロナウイルス安全性プロトコルの問題で欠場となったジョエル・エンビードに代わり先発出場した。4月6日のアトランタ・ホークス戦まで25試合連続でFG成功率50%、20得点以上を記録し、これは1954-55シーズン以降ではシャキール・オニールに並ぶ最長記録であった[14]。同25日のサンアントニオ・スパーズ戦、歴代10位タイの早さで通算2,000得点に到達し、1985年のマイケル・ジョーダン以降では最速だった[15]。5月4日のゴールデンステート・ウォリアーズ戦で左手小指を骨折し、シーズンが終了した。

2021-22シーズン編集

オフシーズン中に、オーバーワークで右足の第5中足骨を骨折し手術を受けた[16]。復帰することはできず、このシーズンは全休となった。

2022年7月2日、ペリカンズと5年1億9300万ドルの延長契約に合意した。これはルーキー契約としてはマックス額の延長契約で、来季オールNBAチーム入りやMVP獲得を達成すれば、その総額はスーパーマックス額の2億3100万ドルまで跳ね上がる[17]。一方で、体重制限も含まれ、体重が133kgを下回っていなければ、契約金が減額されるという[18]

選手としての特徴編集

身長198cm・体重128kgという規格外の体に高いスピードや跳躍力を備えており[19][20]ケビン・デュラントから「一世代に一人のアスリート」と表現され[21]、ある大学コーチは彼を「自然の奇跡」と評した[22]。本来は左利きだが、両手を使うことができる[23]

豪快なダンクシュートが持ち味で[24]、巨体にも関わらずフリースローレーンから決めることができる(大学時代の実際の映像がYouTubeに残されている)。また、何度かリングを破壊している[25]。ボールハンドリングのミスからのターンオーバーが多いことが改善点の一つされる[26]

個人成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック  PPG  平均得点  太字  キャリアハイ

NBAレギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2019–20 NOP 24 24 27.8 .583 .429 .640 6.3 2.1 .7 .4 22.5
2020–21 61 61 33.2 .611 .294 .698 7.2 3.7 .9 .6 27.0
2021–22
  負傷により全休
通算 85 85 31.7 .604 .333 .683 7.0 3.2 .9 .6 25.7
オールスター 1 1 14.0 .556 --- --- 1.0 .0 .0 .0 10.0

大学編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2018–19 デューク大学 33 33 33.0 .680 .338 .640 8.9 2.1 2.1 1.8 22.6

エピソード編集

  • デューク大学時代の2019年2月20日、ノースカロライナ大学戦において、試合開始36秒後に左足のシューズが破損した。負傷により交代を余儀なくされると、チームも88対72で敗れた。すでに大学バスケットボールにおいてスター選手であったウィリアムソンのこのニュースは全米でも話題となり、シューズを提供していたナイキの株価が下がり、時価総額を11億ドル下げた[27]。それでもプロ入り直後にナイキと7年契約を結んだ[28]
  • ザイオンの名の由来は聖書にあるシオン山。母が祖母のアドバイスで名付けている。

脚注編集

  1. ^ zion-williamson” (英語). nbadraft.net (2019年). 2021年1月27日閲覧。
  2. ^ Zion Williamson stats, details, videos, and news.” (英語). NBA.com. 2020年1月19日閲覧。
  3. ^ Zion Williamson Stats” (英語). Basketball-Reference.com. 2020年1月19日閲覧。
  4. ^ 驚異の新人ザイオン・ウィリアムソン、知っておいて損はない「15個のトリビア」”. NBA Rakuten. 2020年9月2日閲覧。
  5. ^ Kentucky offers Zion Williamson”. 247Sports (2017年3月28日). 2018年8月24日閲覧。
  6. ^ Duke offers 247Sports' #1 player in 2018, SF Zion Williamson”. 247Sports (2016年8月30日). 2018年8月24日閲覧。
  7. ^ Duke's Zion Williamson, R.J. Barrett lead Blue Devils to exhibition rout of Ryerson”. CBS Sports (2018年8月16日). 2018年8月19日閲覧。
  8. ^ 右ひざ負傷のザイオン、半月板の損傷と判明…6~8週間の離脱へ”. バスケットボールキング. 2019年11月30日閲覧。
  9. ^ ザイオン・ウィリアムソンがNBAデビュー戦で22得点を記録「長い間リハビリをしてきたから準備はできていた」”. Basket Count. 2020年2月6日閲覧。
  10. ^ 怪物新人ザイオンがNBA史上初の快挙 「10代で10試合連続20得点超え」を達成”. THE ANSWER. 2020年3月7日閲覧。
  11. ^ コービー・ホワイトとザイオン・ウィリアムソンが初選出!/2月の月間最優秀新人賞”. バスケットボールキング. 2020年9月2日閲覧。
  12. ^ 大型新人ザイオン・ウィリアムソン、来季のペリカンズ躍進を予言「僕たちの未来は明るい」”. NBA Rakuten. 2020年9月2日閲覧。
  13. ^ NBA新人王はモラント圧勝 “ドラ1”ザイオンは3位 八村は得票なし”. デイリースポーツ online. 2020年10月31日閲覧。
  14. ^ 2年目でシャックと肩を並べたザイオン。ペリカンズの若き怪物が作り出した“新たな選手像””. THE DIGEST. 2021年9月18日閲覧。
  15. ^ ザイオン・ウィリアムソンが通算79試合で2000得点超え! ジョーダン以降最速を記録”. バスケットボールキング. 2021年9月18日閲覧。
  16. ^ オーバーワークが原因で右足を骨折したペリカンズのザイオン・ウイリアムソン「僕には大きな責任がある」”. Basket Count. 2022年3月2日閲覧。
  17. ^ ザイオン・ウィリアムソンがペリカンズと5年約260億円のマックス額の延長契約に合意”. バスケットボールキング. 2022年10月16日閲覧。
  18. ^ NBA ザイオン・ウィリアムソンの5年260億円以上の契約延長は“太り過ぎたら減額”に”. HYPEBEAST.JP (2022年7月29日). 2022年10月16日閲覧。
  19. ^ Phillips, Scott. “Zion Williamson breaks Duke vertical leap record”. NBC Sports. 2020年2月27日閲覧。
  20. ^ O'Donnell, Ricky. “We’ve never seen anyone like Zion Williamson ... but will his game work in the NBA?”. SBNation.com. 2017年10月19日閲覧。
  21. ^ Zion Williamson: Basketball’s next dunking prodigy”. Sports Illustrated. 2020年2月27日閲覧。
  22. ^ Kevin Durant on Zion Williamson: 'He's a once-in-a-generation type athlete'”. USA TODAY High School Sports. 2017年11月29日閲覧。
  23. ^ Basketball Recruiting - Adidas Gauntlet: Feeding frenzy for five-star Langford”. basketballrecruiting.rivals.com. 2016年4月18日閲覧。
  24. ^ Duke's Zion Williamson talks dunks, his fame and learning from Coach K”. ajc. 2020年2月27日閲覧。
  25. ^ ザイオン、規格外ダンクでリング破壊していた… 米ファン呆然「弁償するべき」”. THE ANSWER. 2020年2月27日閲覧。
  26. ^ 10試合で見えたドラフト全体1位ルーキー、ザイオン・ウィリアムソンの実力”. Basket Count. 2020年2月27日閲覧。
  27. ^ ナイキ「大失態」で株急落 靴壊れ、米大学バスケのスター選手が負傷”. SANSPO.COM. 2019年11月30日閲覧。
  28. ^ ウィリアムソンがジョーダン・ブランドとシューズ契約、NBA大型新人”. www.afpbb.com. 2019年11月30日閲覧。

外部リンク編集