ザイログ (Zilog) は、米インテルの元社員がスピンアウトしてできた半導体製造会社である。 有名な8bitマイクロプロセッサZ80の開発と製造をした企業である。

ザイログ
Zilog, Inc.
種類 株式会社
本社所在地 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ミルピタス[1]
設立 1974
業種 電気機器
事業内容 マイクロプロセッサマイクロコントローラなど
主要株主 リテルヒューズ
関係する人物 フェデリコ・ファジン、ラルフ・アンガーマン、嶋正利
外部リンク http://www.zilog.com/
テンプレートを表示

歴史編集

設立編集

1974年、インテルの社員だったフェデリコ・ファジンとラルフ・アンガーマン(後にアンガマン・バスを創業する)が退職し、アンガーマンアソシエイツを設立した[2]

それを聞きつけたエクソンの子会社エクソン・エンタープライズは150万ドルを投資し、アンガーマンアソシエイツの株式の51%を保有することになった。そして、新社名を"Zilog"とすることになった。Zはアルファベットの最後であり、「決定版」という意味を込めた。iはintegratedのi、logはlogicを意味した。つまり、Zilog(ザイログ)は「集積された論理回路の決定版」という意味であった[3]

8bit CPUの事実上の標準Z80の誕生編集

ファジン達は、ザイログを設立すると、インテルで共に40048080の開発に従事した嶋正利らと共に、独自のマイクロプロセッサの開発を始めた。まもなく8080の上位互換であるZ80マイクロプロセッサ (=CPU) が完成した。1976年に発売されたZ80は、8080よりも高性能かつ扱いやすいこともありビジネスを軌道に乗せることに成功した[4]。また、同時に周辺デバイスもラインナップに加えた。

Z80は、Intel 8080(1974年)、MC6800(1974年)、MOS 6502(1975年)、Intel 8085(1976年)と競合することになった。Z80はこれらの中では後発の部類であったが、1980年には8bitマイコンの中で最大のシェアを確保することになった[5]

Z8000の失敗編集

やがて8ビットCPUからさらに処理性能の高い16ビットCPUの技術開発へと進み、デジタル半導体メーカーの新たな開発競争の舞台となった。 16ビットCPUとしては、1978年にインテルからi8086が、1979年末にモトローラからMC68000がそれぞれ出荷された。ザイログはZ8000シリーズを、1979年に出荷を始めた。

しかし、モトローラMC68000は、命令体系全体を再設計し直したためMC6800MC6809と互換性がなかった。同様にザイログZ8000も命令体系全体を再設計し直したためZ80と互換性がなかった。両社は過去の互換性を捨てて命令体系を綺麗にした。しかし、それが裏目に出て、モトローラとザイログの16bit CPUの市場への普及は限定的だった。

それに対してインテルの16ビットCPUのi8086は、8ビットCPUである8080の命令コードをアセンブラレベルではそのまま実行できるように設計されていた(バイナリ互換性はなかった)。その代償として、16ビットCPUであるi8086の命令体系は、8ビット世代の8080の上にセグメント方式という方法で「屋上屋を架した」ことによってコンピュータアーキテクチャ的に不細工なものとなった[6]。一般的にセグメント方式そのものは悪いものではない。Z8000にもセグメントはあった。しかし、i8086のセグメント方式は、セグメントレジスタを4bit左シフトした値を従来のアドレスに加算したものを実アドレスとするという変わったものであった。マイクロソフトの技術者は、i8086のセグメント方式を「コンピューティング市場でもっとも愚かな決定」とみなしていた[7]。ところが、結果としてインテルはこの不細工な設計によって、ビジネス的に大成功を収めた。

Z8000はi8086との競争に敗れ、それほど普及しなかった。しかしながらZ8000ファミリーのシリアル通信コントローラー Zilog SCC (Z8530) は、アップルMacintoshシャープX68000でも採用された。それ以外にも各社のマイクロプロセッサと直結できる高性能な周辺デバイスをシリーズ化。これらは一時期のザイログを支える製品に成長した。

迷走編集

Z8000の失敗によって、ザイログは、マイクロプロセッサの開発で迷走するようになった。

1985年にZ80を16bit化したZ800を発売した。しかし、当時の組み込みシステム用途には複雑かつ過剰性能であった。

1986年にZ8000を32bit化したZ80000を出荷したが、商業的に失敗したZ8000の互換性は売りにならなかった。Z8000と同様にZ80との互換性はなかった。しかもモトローラは1984年に32bitのMC68020をすでに発売しており、インテルも1985年に32bitのIntel 80386をすでに発売していた。このような状況では、Z80000の需要はなく極少数の出荷に終わった[8]

結局、ザイログは、日立製作所HD64180Zセカンドソースとしてザイログが発売したZ64180を改良した8bitマイクロプロセッサZ180を1986年に発売することになった。

1987年にZ800をCMOS化したZ280を発売した。しかし、売れなかったZ800をCMOSにしても売れることはなかった。

1994年にZ380というZ80を32bitに拡張したCPUを発売した。メモリ保護やキャッシュメモリもなく、組み込みシステム用途を意識したものと思われる。これも普及は限定的であった。

テキサス・パシフィック・グループによる買収編集

以上のようにザイログは、商業的に恵まれず、1998年テキサス・パシフィック・グループに買収された[9]

2001年にZ80互換の後継CPUであるeZ80を発売した。eZ80はZ80と同様に8bit CPUではあったが、Z80とのバイナリ互換性と維持しながらメモリ空間を16MBまで拡張し、3ステージパイプラインと最大50MHzのクロック周波数によってZ80を大幅に強化することに成功した。eZ80は後に商業的成功を収めることになる。

ところが、ザイログは、2002年初旬に連邦倒産法第11章の適用を受けた。その後、再建の努力が続いたものの業績は回復せず、テキサス・パシフィック・グループは、ザイログを手放すこととなった。

IXYS Corporationによる買収編集

ザイログは、2010年2月18日に米国カリフォルニア州に本社を持つIXYS Corporationに買収された[10]

2011年1月、IXYSの一部となったザイログは、モータ制御用MCUとして「Z16FMC」シリーズを発表した。この新製品は、多相AC/DCモータ制御に適した16ビットマイクロコントローラとされる[11][12]

2015年にグラフ電卓TI-84 Plus CEが発売された。グラフ電卓として独占的地位を占めるTI-84 Plus シリーズの最新機種であり、CPUとして前述のeZ80を搭載している。これによってeZ80は大量に使用されることとなった。

リテルヒューズによるIXYSの買収編集

2017年8月、リテルヒューズは、現金と株式を合わせて7億5000万US$と引き換えにIXYS Corporationを買収することを発表した[13][14]

2018年1月、リテルヒューズによるIXYSの買収が完了し、IXYSはリテルヒューズの子会社となった[15]。 その結果、ザイログはリテルヒューズの傘下に入ることになった。

主な製品編集

Z80編集

Z8000編集

  • Z8000シリーズ (1979年発売) (以下の2バージョンに分かれる)
    • Z8001 セグメントによりアドレス空間を拡張したバージョン
    • Z8002 セグメントを使用しない64kBだけのアドレス空間を使うバージョン
  • Z80000シリーズ (1986年発売) Z8000を32ビット化したもの

マイクロコントローラ編集

  • Z8 (1979年発売) 1チップ・マイクロプロセッサ・ファミリ
  • eZ8(2005年発売) Z8の拡張版
  • Zataraシリーズ(2007年発売) ARM9コアのセキュアトランザクション用プロセッサ[16]

通信コントローラー編集

  • Zilog SCC(Z8030/Z8530/Z8031/Z8531/Z80C30/Z85C30/Z80230/Z85230/Z85233) 2チャンネルのシリアル通信コントローラ
  • Z16017/Z16M17/Z86017 PCMCIAアダプター
  • Z80382/Z8L382 モデム用のCPU[17][18]
  • Z5380 SCSIプロトコルコントローラー (NCR 5380を元にしている)
  • Z022シリーズ シングルチップモデム

日本での事業編集

1977年、半導体商社の日本テクセル(現在の三井物産エレクトロニクス)が代理店となり、Z80やZ8000シリーズの販売、マーケティングを行った。その後、ザイログジャパンが設立された。現在の代理店は、インターニックス、三井物産エレクトロニクス、ユニダックスほか[要出典]

脚注編集

  1. ^ Zilog "Contact Us"
  2. ^ 「ザイログZ80伝説」(ISBN 978-4-89977-481-5) P31
  3. ^ 「インサイドインテル 上」(ISBN 4-88135-566-X) P207-208
  4. ^ 「インサイドインテル 上」(ISBN 4-88135-566-X) P210
  5. ^ 「ザイログZ80伝説」(ISBN 978-4-89977-481-5) P60-61
  6. ^ 「インサイドインテル 上」(ISBN 4-88135-566-X) P259
  7. ^ 「インサイドインテル 下」(ISBN 4-88135-567-8) P118
  8. ^ IC Collection Z80000
  9. ^ ZiLOG, Inc. -
  10. ^ Acquisiiton of Zilog by IXYS Corporation - ザイログWeb ニュースリリース 2010年2月18日付 (英語、2011年1月21日確認)
  11. ^ “米Zilog、多相AC/DCモータの制御に適した16bit MCUを発表”. マイコミジャーナル. (2011年1月20日). https://news.mynavi.jp/news/2011/01/20/005/ 2011年1月21日閲覧。 
  12. ^ ZILOG Releases New 16-Bit MCU System On A Chip For Motor Control Applications - ADVFN ニュース配信ページ
  13. ^ "IXYS Corp. agrees to be bought by Littelfuse Inc. in $750 million cash and stock deal". Silicon Valley Business Journal. 28 August 2017. 2018年1月10日閲覧
  14. ^ “Littelfuse buys Ixys for $750m” (英語). Electronics Weekly. (2017年8月29日). https://www.electronicsweekly.com/news/business/508082-2017-08/ 2017年9月19日閲覧。 
  15. ^ Investors Hub "Littelfuse Completes Acquisition of IXYS Corporation"
  16. ^ Zilog enters 32-bit market with Zatara
  17. ^ Z80382 Features
  18. ^ Z8L38210ASG Features

外部リンク編集