ザウバー・C13 (Sauber C13) はザウバー1994年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。デザイナーはアンドレ・デ・コルタンツレオ・レス

ザウバー C13
Sauber C13 1.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ザウバー
デザイナー アンドレ・デ・コルタンツ
レオ・レス
先代 ザウバー・C12
後継 ザウバー・C14
主要諸元
エンジン メルセデス・ベンツ2175B
主要成績
チーム ザウバー・メルセデス
ドライバー オーストリアの旗 カール・ヴェンドリンガー
イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス
フィンランドの旗 J.J.レート
ドイツの旗 ハインツ=ハラルド・フレンツェン
出走時期 1994年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
通算獲得ポイント 12
初戦 1994年ブラジルGP
最終戦 1994年オーストラリアGP
出走優勝表彰台ポールFラップ
160000
テンプレートを表示

概要編集

前年と同じくイルモア製V10エンジンを搭載するが、メルセデス・ベンツがF1復帰を正式表明したことにより、エンジン銘柄が「ザウバーエンジン」から「メルセデス・ベンツエンジン」に変更された。

チーム名も「ブローカー・ザウバー・メルセデス」として出発したが、スポンサーの契約不履行により「ザウバー・メルセデス」に変更。同郷スイスの企業であるスウォッチ・グループがスポンサーになり、マシンにティソのスポンサーロゴが描かれた。

第6戦カナダGPでは、このレースでF1参戦200戦を迎えたアンドレア・デ・チェザリスを祝うスペシャルカラーリングで出走した。

1994年シーズン編集

ドライバーは前年から継続参戦するカール・ヴェンドリンガーと、ベネトンへ移籍したJ.J.レートの後任としてハインツ=ハラルド・フレンツェンがF1デビューを果たした。フレンツェンはメルセデス・ジュニアチームでの英才教育を受けており、ミハエル・シューマッハ、ヴェンドリンガーとともに「メルセデスの若手三羽烏」がF1に揃い踏みした。

フレンツェンはデビューレースのブラジルグランプリでいきなり予選5番手につけ周囲に衝撃を与えるも、決勝ではリタイアした。第15戦日本GPでは全日本F3000時代に走りなれた鈴鹿サーキットで予選3位を獲得(決勝は6位)。最終的には4度の入賞を果たし、チームのエースに成長する。

チームメイトのヴェンドリンガーも開幕戦で6位、第3戦サンマリノグランプリで4位と3戦中2戦で入賞。波に乗ったかに見えたが、第4戦モナコグランプリのフリー走行中にヌーベルシケインでクラッシュして意識不明の重体に陥り、一生意識が戻らないとも言われた。奇跡的に一命は取り留め、数週間後に意識も戻ったが、残りのシーズンすべてを欠場することとなった。

クラッシュの際、ドライバーの頭部が剥き出し状態であった事が重傷を負った原因とチームが独自に判断したこともあり、翌第6戦からコックピットの両脇に頭部の安全を守る「サイドプロテクター」を自主的に装着するようになった。この「サイドプロテクター」は1996年からレギュレーションに加えられた[1]

ヴェンドリンガーの代役として第6戦~第14戦はアンドレア・デ・チェザリス、残りの2戦はJ.J.レートが起用された。チェザリスは6位入賞が1度で残りのレース全てでリタイア。レートもノーポイントに終わり、獲得ポイントは前年に並んだものの、ランキングは1つ下の8位となった。

スペック編集

シャーシ編集

エンジン編集

  • エンジン名 メルセデス・ベンツ2175B
  • 排気量 3,500cc
  • 気筒数・バンク角 V型10気筒・75度
  • 燃料 カストロール
  • 潤滑油 カストロール

成績編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
BRA
 
PAC
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
EUR
 
JPN
 
AUS
 
1994 29   ヴェンドリンガー 6 Ret 4 DNS 12 8位
  チェザリス Ret 6 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret
  レート Ret 10
30   フレンツェン Ret 5 7 WD Ret Ret 4 7 Ret Ret Ret Ret Ret 6 6 7

脚注編集

  1. ^ 元々はインディカーなど、高速オーバルコースを走行する北米のレースで採用されていた装備である。