ザクのバリエーションでは、アニメガンダムシリーズ」に登場する架空の有人操縦式人型機動兵器「モビルスーツ (MS)」の一種であるザクのバリエーションのうち、以下の機体群を除いた機体について解説する。

  • MS-04の型式番号をもち、「プロトタイプザク」などと呼称される機体群についてはザクI#プロトタイプザクを。
  • MS-05の型式番号をもち、「旧ザク」や「ザクI」と呼称される機体群についてはザクIを。
  • MS-06の型式番号をもつ機体のうち、

また、本記事では便宜上、その後のザクの流れを汲む機体群の一部や、『∀ガンダム』に登場する「ボルジャーノン」についても解説する。

ザク強行偵察型編集

諸元
ザク強行偵察型
RECON TYPE ZAKU
型式番号 MS-06E
全高 18.0m[1]
頭頂高 17.7m[1]
本体重量 60.4t[1]
全備重量 76.2t[1]
出力 951kW[1]
推力 53,750kg[1]
センサー
有効半径
3,200m[1]
武装 なし(カメラ・ガン)
ハイザック用シールド(連邦軍仕様)

メカニックデザイン企画『モビルスーツバリエーション (MSV)』、および『機動戦士Ζガンダム』に登場。ザクIIの偵察仕様。

母体機については、C型やF型からとした資料[2]と、C型をベースに開発され、量産機はF型の生産ラインで作られたとする資料[3]がある。また、ソロモンやア・バオア・クーでC型やF型から改造したとする資料[4]と、ソロモンやア・バオア・クーで生産されたとする資料[3]の両方が存在する。情報収集性能や機動性を高めるために、頭部のモノアイを、縦ロール軸を設け、高精度の複合式にしたり、頭部に短距離通信用アンテナを設けたり、ランドセルをS型の改良型に改装するなど変更がなされている。また、左右胸部には緊急離脱用ロケット2基を、両肩をはじめ機体の各部には、カメラもしくはセンサーと小型スラスターが増設されている。機体内燃料スペースは通常型より10%増加している。基本的にセンサーと兵器状の外見の「カメラ・ガン」を用いた偵察を行うため武装は持たないが、必要があれば即時武装化も可能であり(これは開発当初からの軍部の要求に基づく物であり、国力の限られたジオン公国には、非武装の純偵察用MSを遊ばせておく余裕が無く、偵察用MSも有事の攻撃用戦力として期待されていたためである。そのため、その攻撃能力を損なわないよう、通常型から偵察型への改造は必要最低限の部分に留まっている)、一部の部隊では戦力不足からかザクマシンガンを装備している。右肩大型シールドと左肩接近戦用スパイクアーマーを撤去し、機体の装甲が薄いため、戦闘に向かないとする資料もあるようだが、一説には装甲は標準機と変わらずS型なみの戦闘力を有する[5]、あるいは通常機に遜色はない[6]とも言われ、定説を見ない。総生産数は100機近くと極めて少ない。

開発当初の型式番号は「RMS-06」だったが、ジオン軍の型式番号統一により「MS-06E」に改められている[3]

カラーリングについては、暗視塗装としての藍色や濃灰色以外にもエース機なみの目立った塗装を施すパイロットも見られ、熟練パイロットへのジオン軍の温情が垣間見られる[7]。MS-06E-3 ザクフリッパーというマイナーチェンジ型も存在している。なお、近藤和久によるOVA『機動戦士ガンダム0080』のためのイメージイラストには、この派生型としてアイザックのように後頭部がレドーム状になったザクIIが描かれている。

一年戦争序盤におけるジオン軍の大勝の影の立役者ともいえ、連邦軍からの評価も高かったようで、終戦時に連邦軍によって接収される。一部の機体はグリプス戦役においてもコクピットの形状や偵察用の機材、スラスター類を最新のモノに更新・実戦投入されており、『機動戦士Ζガンダム』の第10話に月面で偵察活動を行うティターンズ所属の同機が描かれている。茶色に塗装されたこの機体はハイザック用のシールドも装備している。

マイナーバージョン(強行偵察型)編集

ザクE・バズノーズ (ZAKU II BUZZNORSE)
『MSV』の文字設定が初出で(「バノーズ」と表記)[8]、書籍『GUNDAM WARS PROJECT Ζ』で立体化された(型式番号:MS-06E)。
ザク強行偵察型の背部に中距離航行用ブースターを装着した機体。「バズノーズ」という名称は、ブースター単体を指すとも[8]、機体も含めた呼称であるとも言われる。一年戦争終結後に、地球連邦軍の兵器テスト・センターで機体の一部をハイザックのパーツを用いて改修され、運用されている。機体色は白で、両肩に青いスパイク・アーマーが装備されている。
ザクII[狙撃型]
ゲーム『機動戦士ガンダム バトルオペレーション Code Fairy』に登場(型式番号:MS-06L[注 1])。北米戦線の秘匿部隊「ノイジー・フェアリー」隊所属のヘレナ・ヘーゲル曹長の専用機で、強攻偵察型の高精度複合式モノアイを狙撃に転用し、実弾系の狙撃用ライフルを携行するなど、狙撃機として徹底したチューンがほどこされている[9]。強攻偵察任務のための機動性強化はそのまま活かされているが[10]、重力下での運用に合わせた防塵処理などのほか、狙撃任務に不要な偵察用カメラ類が廃されている[11]。左肩には通常のザクIIより短いシールドを装備。部隊カラーの薄紫と白を基調に、一部ダーク・グレーで塗り分けられている。近接戦闘で狙撃用ライフルを全損し、ヘレナはイフリートに乗り換える。

ザクフリッパー編集

諸元
ザクフリッパー
ZAKU FLIPPER
型式番号 MS-06E-3
頭頂高 16.7m[12]
本体重量 61.5t[12]

『MSV』に登場。ザク強行偵察型の改良型で、「高性能強行偵察型」とも呼ばれる[要出典]。頭部デザインは大河原邦男による「(テレビ版)放映終了後のAプランモビルスーツ」と酷似している[13]

一年戦争中期に登場。頭部センサーやバックパックなどが一新され、機動力および索敵能力が向上している。特に頭部がモノアイセンサーから、三つ目のスコープカメラに変更され、ほかのザクシリーズと一線を画する。また、光学系センサーがおもであった強行偵察型ザクに比べて、レーザーや超音波のほかにミノフスキー物理学を応用したセンサーも搭載されている。このほか移動性能もブースター「バスノーズ」やプロペラントタンクにより増強された。「フリッパー(水かき)」の愛称は、背中の水かき状の複合探知システムに由来する。

就役は一年戦争末期であったため実績は少ないもの、ア・バオア・クー戦開始前のレビル艦隊への偵察任務に投入される。また、地上偵察にも用いられる。雑誌企画『ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者』において、連邦軍に接収されコクピット部分を全天周囲モニター・リニアシート方式へと換装された機体がティターンズヒンカピー少尉によって運用される。本機は最終的に三次にわたる大規模近代化改修で内部パーツの多くをハイザックのものと共有化、戦闘で失った下半身をハイザックのものへ換装、さらに旧式機でも扱えるようにしたため威力が通常のものより低いとはいえ大型ビームカノンを搭載したことによりフリッパー・カスタムと言える半ば別物にまでなっている。

漫画『機動戦士ガンダム アグレッサー』では、狙撃用MSとして運用される。タイタス中尉が「ゴースト」と名付けた本機に搭乗し、「ダークネス」と名付けたスクートに接合したヅダの135ミリ対艦ライフルを携行する。作戦時には前面にフリージーヤード(ゴッグが装備するゲル状の物質)による膜を展開、周囲に浮遊する岩石を貼り付け中央の穴からライフルの銃身だけを出して身を隠し、徹甲弾で狙撃する。「ダークネス」には近接戦闘用にアクト・ザクのブルパップ・ガンに似た火器を収納している。一年戦争末期にソロモンに向かう連邦軍第23独立艦隊を待ち伏せ、長距離から敵艦のブリッジを狙撃するが、チェイス・スカルガードジム2機を犠牲にした策略によって特定の地点におびき寄せられる。チェイスの乗る武装したスペースポッドと一騎討ちの死闘を繰り広げ、最後はハンド・グレネードによって撃破される。

ホークアイ編集

漫画『機動戦士ガンダム バニシングマシン』に登場(型式番号:MS-06E-3 PLUS)。

ザクフリッパーの再改良型。胴体と脚部がパルスブースター8基を有するサイコミュ高機動試験用ザクと同型のものとなり、コクピットは複座となった。センサー類にも変更が加えられており、腕部はデジタル画像処理アームに換装され、肩部には従来のカメラに代わってオプチカルスキャナーが搭載されたほか、頭部センサーも改修が施されている。

一年戦争末期に連邦軍に占領されたソロモンを強行偵察した機体が存在するほか、グリプス戦役時にジャミトフ・ハイマンの乗艦を襲撃したジオン残党も本機を運用する。

また、『バニシングマシン』と同一の作者による漫画『新MS戦記 機動戦士ガンダム短編集』にも、宇宙世紀0092年頃のネオ・ジオンのMSとして同名の機体(型式番号:MS-19EもしくはAMS-119E)が登場しており、こちらでは頭部を始めとするアイザックの探索システムをサイコミュ高機動試験用ザクに搭載した機体とされている。

サイコミュ試験用ザク編集

諸元
サイコミュ試験用ザク[14]
PSYCHOMMU SYSTEM ZAKU[15]
ZEONG TEST BASE[15]
型式番号 MS-06Z / MS-06Z-3[14]
頭頂高 17.7m[16]
本体重量 43.8t[17] / 60.4t[16]
装甲材質 超硬スチール合金[18]
武装 腕部5連装メガ粒子砲×2
搭乗者 ヤハギ・フランジバック
アンネローゼ・ローゼンハイン

ムック『ガンダムセンチュリー』の文字設定が初出で、『MSV』でデザインと追加設定が作られた。『MSV』での名称は「サイコミュシステム試験用ザク」[19]または「Zタイプ・ザク」[15]で、そのほかでは「サイコミュ搭載試験用ザクII (PSYCOMMU MOUNTED TEST MODEL)[18]」とも呼ばれる。さらに「ビショップ (BISHOP[17])」のコードネームをもち[20]、本機のプロジェクトは「ビショップ計画」と呼ばれる[21]

サイコミュ搭載のニュータイプ用MS、ジオングのテストベース機として[22]開発された機体のひとつで(ほかに、中型戦闘機とモビルアーマー (MA) のブラウ・ブロが開発されている)[21]、本機の型式番号末尾の "Z" は「ジオング」の頭文字から採られたものである[19]。ザクII F型をベースとしているが[23]、使用されたのはメイン・フレーム程度で[21]、通常MSの倍のサイズとなるジオングの基本フォルムを縮小して[20]スラスター配置も極力合わせられたため[19]、頭部に若干の面影を残す以外にザクとはかけ離れた外観となっている[19]。ジオング同様、両前腕部に有線誘導式5連装メガ粒子砲を搭載することが第一に課せられた条件であったものの小型化ができず[20]、ジオングに採用予定のものをそのまま装備したため、腕だけが大型化し[24]マウンテンゴリラのような外観になっている[21]。モノアイは後方周回式に変更され、頭頂部から後部まで視認が可能となっている[15]。スラスターの合計推力は338トンにおよぶが、稼働時間は約10分と短い[15]。塗装は隠密にテストをおこなうため、ダーク・グリーンを基調とする[19]

冷却サーキットとメガ粒子砲の小型化の難航により、ブラウ・ブロより10日遅れで完成する[21][注 2]。3機が製造され[22][注 3][注 4]、実験艦「レムリア」に搭載されてコレヒドール暗礁宙域でテストがおこなわれるが[21]、腕部メガ粒子砲のデータはテスト・パイロットの能力差によりばらつきが生じている[19]。実戦参加はしていないともいわれるが[22]、いくつかの戦闘記録が確認されている。

作中での活躍
漫画『機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル』では、ヤハギ・フランジバックが搭乗し、ア・バオア・クー防衛戦に参加している(ただし、ヤハギの夢の中での描写)。
ゲーム『機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』のシナリオ「ミッシングリンク」では、ニュータイプの適性を示したマルコシアス隊アンネローゼ・ローゼンハインのために、予備パーツから4機目が組み上げられる。胸部にマルコシアス隊の部隊章が描かれている。ア・バオア・クー防衛戦に参加するが、ペイルライダーとの交戦の際に行方不明となる。

サイコミュシステム初期試験型ザク編集

漫画『ザ・ブルー・ディスティニー』に登場(型式番号:YMS-06Z)。

マリオン・ウェルチクルスト・モーゼスのもとでテストしていた時に搭乗していた機体で、ビショップ計画の前段階として開発された。本機はテストのみの機体であったが、ここで得られたデータの一部はのちのビショップ計画に活用されている。

ニュータイプ特有の高い反応速度を活かすため、全身にスラスターを増設しており、細かい姿勢制御が可能。脚部も足首から先は推進器そのものである。頭部は解析装置が組み込まれたためやや大型化した(イフリート改を想起させる形状)。のちのサイコミュ試験用ザクサイコミュ高機動試験用ザクと異なり、腕部は有線式5連装メガ粒子砲ではなく通常型のマニピュレーターである。そのため武装は背部に搭載した巨大な有線式ビット2基のみであるが、このビットはビームではなく実体弾を発射する。

サイコミュ高機動試験用ザク編集

諸元
サイコミュ高機動試験用ザク[14]
PSYCHOMMU SYSTEM ZAKU[21]
型式番号 MSN-01
頭頂高 17.2m[16]
本体重量 65.4t[16]
装甲材質 超硬スチール合金[28]
武装 腕部5連装メガ粒子砲×2
搭乗者 ビリー・ヒッカム

『MSV』で設定された。当初の名称は「サイコミュシステム高速機動試験機」[29]または「高速機動型ザク」[21]で、そのほかでは「サイコミュ運用試験用ザクII」とも呼ばれる[28]

サイコミュ試験用ザクでは、高速機動での有線誘導サイコミュでのデータ収集に限界があった[19]。そのため、2号機の下半身の歩行ユニットを取り外し、代わりに4基1組の大推力ロケット・エンジンを2基搭載したのが本機である[20]。MA並みの機動性を誇るが[20]、プロペラント容量の問題から[21]試験時の短時間しか運用できない[20]。降着時にはプレート状のランディング・ギアを使用する[20]。ジオングの型式番号がMS-16(X)からMSN-02に変更された際に、本機もMSN-01の型式番号となっている[20]。実戦向きの機体ではないが、サイコミュ試験用ザクの3号機とともにア・バオア・クーに移送され、実戦参加した記録が残されている[21]。塗装は白を基調に、機体各部に赤のラインが記されている。

漫画『機動戦士ガンダムUC バンデシネ』では、ギラ・ズールをベースに、本機のコンセプトを宇宙世紀0096年の技術で再現したクラーケ・ズールが登場する。

劇中での活躍
アトラクション『ガンダムクライシス』では、濃淡ブルー・グレーを基調に塗装された機体が、地球連邦軍が占領して間もない宇宙要塞ソロモン(コンペイトウ)を襲撃している。
漫画『機動戦士ガンダム ゼロの旧ザク』では、ア・バオア・クー防衛戦時のSフィールドの要塞内部で、右半身を大きく損傷した機体が1コマのみ登場する[30]
漫画・アニメ『機動戦士ガンダム サンダーボルト』では、ア・バオア・クー防衛戦でビリー・ヒッカム少尉が搭乗する。アニメ版ではオールレンジ攻撃をおこない、多数の連邦軍MSを撃破するが、右腕のメガ粒子砲を破壊される。また、機体名称は「サイコミュ・システム高機動試験機」とされる[31]

そのほかのバリエーション編集

ザクWITHインターセプターユニット編集

漫画『アウターガンダム』に登場(型式番号:MS-06・D2)。

サブフライトシステムに近い発想の「インターセプターユニット」とセットで運用されるザクIIの派生機で、ザクII部はFZ型に酷似しているが、ランドセルが通常のFZ型のものより大型になっている。武装はインターセプターユニットに装備された火砲やミサイルなどで、ザクIIそのものは武装を携行していない。

ジオン軍の機動要塞に配備されており、星一号作戦発動準備に伴う連邦軍艦隊の集結を妨害すべく、集結しつつあった第七艦隊を攻撃する。

ザク大気圏突入試験型編集

メカニックデザイン企画『MSV90』に登場。

連邦軍が単独での大気圏突入が可能なMSの開発に成功したことを受けて試作されたもので、普段は背部に装備しているウェイブシールドを取り外し、その上に搭乗するかたちで大気圏突入を行う。機内温度の上昇を抑制するため、機体へのセラミックタイルの使用やクーリング・システムの搭載を行っているほか、機体各所にバーニアや姿勢制御ブースターが設けられている。

スティルスザク編集

サイバーコミックス」に掲載された小説『TOP GUNDAM』に登場。

一年戦争末期に進められていたMS不可視計画「ニューオリンズ計画」によって開発された機体。高い空中機動力を発揮できる空中戦用MA的な機体であり、頭部以外の機体形状もザク系列とはかけ離れたものになっている。最大の特徴として、全身に可変迷彩コーティングが施されており、BGビジョン・カラーセンサーとの連動によって、機体名にある「スティルス」の通りに光学的にその姿を消すことが可能。

一年戦争終戦後、洋上ホバー空母「グラーフ・ツェッペリン」を母艦とする連邦軍のパイロット訓練校「TOP GUNDAM」所属機が、ジオン軍残党が使用するスティルスザクと交戦する。

ザク-ゾンビ編集

電撃ホビーマガジン」の雑誌企画『ソロモンエクスプレス』に登場。

連邦軍との兵員数の差を補うべく、ザクIIを改造して製作された遠隔操作式の無人MS[32]。有人指揮官機のマニピュレーターに備わったレーザー通信装置から、10種類の基本動作の指示を受けて行動する[32][33]。その性質上、有人機のような高度な機動を行うことはできない。頭部のモノアイは廃されており、一部の機体はモノアイを塞いだ箇所にダミーモノアイが描かれている[32]

ブリティッシュ作戦やソロモンおよびア・バオア・クー防衛戦に投入されており[32]、『機動戦士ガンダム』作中などで描かれた「指差しザク」は本機を操作中の指揮官機だと解釈されている[33]

パーフェクト・ザク編集

漫画『機動戦士ガンダムMSV戦記 ジョニー・ライデン』に登場。

一年戦争末期に立案されたMS開発計画のうち、ビーム兵器を運用可能なMS量産化案のプランA(ゲルググ)、実弾による性能強化案のプランB(フルバレットザク)の他に存在した、単機で戦局を覆す超高性能MS開発案であるプランCを基に開発された機体。プランCは廃案となったが、戦後に立案者であるDr.Qが極秘に開発を進め、工場船102「幽霊船」で作り上げた。

数百を量産した中から選出された最上のパーツだけで構成されており、全高は30m、頭長高は20mという、開発当時の通常のMSの約1.5倍の大型機となっている。武装面では右腕3連ビームキャノンや腰部2連拡散ビーム砲のビーム兵器の内蔵をはじめ、左腕にはルナチタニウム製のシールド&ヒートカッターという攻守兼用兵器、背部には5つの有線サイコミュと大型ビームキャノンを組み合わせ、ジオン公国のマークに意匠されたバックモジュールを装備している。また、磁界誘導したビーム攪乱幕を霧状に纏うビーム攪乱機能を有するほか、ルナチタニウム合金からなる機体装甲自体も弾丸を弾くよう曲面加工が施されており、攻守に優れた超高性能機といえる。なお、「パーフェクト・ザク」の名はDr.Qが独自に命名したもので、公には「プランC」としてあつかわれている。

宇宙世紀0082年、真・ジオン公国議会として決起したDr.Qの乗機となり、鎮圧・破壊に訪れたジオン公国軍残党部隊を撃ち破りつつ、ジオン共和国攻撃のため「幽霊船」より発進。ヘビーガンダム率いる連邦軍のジオン共和国駐留部隊を壊滅させるが、残党部隊内のジョニー・ライデンシン・マツナガが乗る高機動型ザクII後期型による連携攻撃によって撃墜される。

なお、漫画『プラモ狂四郎』では、当機とは別に同名の量産型ザクの改造プラモデルが登場している。

その後のザクの流れを汲む機体編集

以下の機体はリンク先を参照。

レギュシオ・ザック編集

サイバーコミックス」に掲載された小説『TOP GUNDAM』に登場。

連邦に転向したジオン系の技術者F・レギュシオンによって設計された機体。作中では宇宙世紀0080年代後半における連邦軍の主力機となっており、舞台となる連邦軍のパイロット訓練校「TOP GUNDAM」に所属するハルトマン中尉も本機のカスタム機を乗機としている。

ザク・マシーナリー編集

宇宙世紀0089年を描いた漫画『機動戦士ガンダム ヴァルプルギス』に登場(型式番号:MS-11R)。 ハマーン・カーンを名乗る人物が率いるネオ・ジオン残党軍の主力機。

ザク・マシーナリー(エルナルド機)編集

エルナルド・バト専用のザク・マシーナリー(型式番号:MS-11RS)。百式に似たカラーリングとバックパックを装備し、頭部はマラサイのようにヘルメットを被ったようになっている。狙撃用のビーム・ライフルを携行。

スザク(S・ザク・ザクIII改・改)編集

漫画『機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス』に登場。ネオ・ジオン総帥シャア・アズナブルの乗機。

武装はビーム・ライフルや、左右のフロント・スカートに搭載されたビーム・キャノン、ヒート・ホークを装備。外見はマラサイに似た頭部をはじめ、複数のジオン系MSの特徴を持っている。スカートにビームを備える構造はザクIIIと共通する。

巨神の発動を阻止すべくシャアが搭乗し、居合わせたアムロ・レイたちと協力して巨神の撃退に向かう。自軍のMS部隊は巨神の攻撃により壊滅状態に陥るが、メガゼータとの共闘により撃退に成功する。

RFザク編集

諸元
RFザク
RF ZAKU
型式番号 OMS-06RF
頭頂高 18.0m
重量 45.8t
装甲材質 ガンダリウム合金セラミック複合材[34]
出力 2,750kW
推力 62,550kg
センサー
有効半径
18,300m
武装 ビームライフル
ビームアックス
シールド・マシンガン
ビームスプレーガン
ビームバズーカ
海ヘビ(捕縛用ワイヤーアンカー)
搭乗者 オールズモビル兵

機動戦士ガンダムF90』およびSFCゲーム機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』に登場。

オールズモビル(火星独立ジオン軍)の主力量産機。外見こそ一年戦争時の傑作機ザクIIだが、外部のパイプ類はすべてダミーであり、内部はすべてリファインされた高性能機[34]。連邦軍は当初この機体をその外観から旧式と誤認していたため、これらを運用する火星独立ジオン軍を『オールズモビル』と呼称するに至った[34]

宇宙世紀0110年代以降の技術の導入によりギラ・ドーガを上回る性能を獲得し、連邦軍の主力機種ジェガンに匹敵する。ただし当時の最新技術であったビーム・シールドは搭載しておらず、技術水準も第二世代MSに留まっており、最先端のMSというわけではない[35]。機体の内部ユニットはRFグフと共通になっており、高い整備性を誇る[34]。 武装もビーム兵器の運用を中心にザクIIより格段に強化されており、また特徴的なものとしてワイヤーアンカー(海ヘビ)を装備している。

この機体は宇宙世紀0110年代から散発的に発生していたコロニーのテロ活動に用いられ、宇宙世紀0120年代初頭の木星船団などの輸送船への海賊行為やF90強奪に始まる一連の火星独立ジオン軍事件、および残党の地球圏での活動に運用された。

劇中では『機動戦士ガンダムF90』冒頭にサナリィがテスト運用していたF90の強奪作戦に参加。海ヘビを使用しF90 2号機を捕獲した。その後も火星独立ジオン軍の主力機として連邦軍追撃部隊の前に度々登場した。『機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』では火星独立ジオン軍の残党として劇中序盤から中盤に登場している。また、漫画『機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 紡がれし血統』では、宇宙世紀0116年にサイド4フロンティアIでテロ活動を行う機体が登場している。

ザク50編集

諸元
ザク50
ZAKU 50
型式番号 MS-50
武装 大型メガ粒子砲
大型ビームサーベル×2

ゲーム『SDガンダム Gジェネレーション』シリーズに登場。宇宙世紀0130年に、アナハイム・エレクトロニクスがデモンストレーション用に開発したザクに似た大型MA。

一年戦争終結50周年記念イベントの一環として出展された宣伝用の機体。アナハイム社の実績と技術のアピールのため、かなりの高性能機にされている。

新生ザク編集

短編映像作品『GUNDAM Mission to the Rise』に登場。

光速域での活動を目的とした機体であり、形状はザク系列の意匠を残してはいるものの、流線形に近い独特なものになっている。性能などの詳細は不明。

光速への到達を目的とした作戦「MISSION TO THE RISE」のために発進した「新生ガンダム」を追撃すべく発進し、新生ガンダムとともにブラックホール内部へと突入する。

目次に戻る

ボルジャーノン編集

諸元
ボルジャーノン
BORJARNON
型式番号 MS-06
頭頂高 17.5m
装甲材質 超硬スチール合金
動力源 MY(ミノフスキー・イヨネスコ型核融合炉)
武装 ボルジャーノン・マシンガン
ボルジャーノン・バズーカ
ヒートホーク
クラッカー ほか
搭乗者 ギャバン・グーニーエイムズジョン
ギャバン専用ボルジャーノン
型式番号 MS-05
搭乗者 ギャバン・グーニー

∀ガンダム』に登場。

アメリア大陸ルジャーナ領の首都オールトンの西に位置するマウンテンサイクル(現在のアメリカ合衆国サウスダコタ州近辺)で大量に発掘されたため、その領主ボルジャーノ公の名前からボルジャーノンと名付けられ、ミリシャの戦力として多数使用された。外見は『機動戦士ガンダム』に登場するザクIIとほとんど同じであるが、コクピット形状などは、『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』のMS-06JC型の特徴を備えている。ほかにも、駆動音やマシンガンの発砲音が異なること、オリジナルのザクにはないホバー走行の機能が確認できる(小説版によれば、発掘された時点でコクピットには「MS-06F ZAKUII」の刻印があったという)。カラーリングはすべてグリーンで統一されている。バズーカなどの武装は発掘後にルジャーナ・ミリシャで製作された。

また、ザクI(旧ザク)に似た機体も1機のみ発掘され、こちらは隊長機として使用されたが性能は悪かったようである。この機体にはギャバン・グーニーが搭乗。このギャバン専用ボルジャーノンのみはブラックで塗装されていた。∀ガンダムとの力比べでモノアイガードを曲げられてからは、ギャバンもノーマルのボルジャーノンに乗り換え、この機体は式典襲撃時の囮用として破棄される。初期案ではギャバンが乗り換えたノーマルのボルジャーノンの額には、一般機との差別化としてギャバンの額にある傷と同じような模様が描かれる予定があったという。なお、前述にあるように当初はギャバン機のみであったが、後に複数機が発掘されたようで、第25話の戦闘においてノーマルタイプと同じ緑基調のカラーリングをした2機がギャバン機やソシエ機とともに強化型ウォドムに対して攻撃をしているシーンがある。

レット隊はボルジャーノンを「ザク」と呼称する。宇宙の民の敵であるガンダムに対し、勇敢に立ち向かったひとつ目の戦士サイクロプスとして、ザクもガンダム同様に宇宙の民の間で語り継がれている。

パイロットであるルジャーナ・ミリシャのスエサイド部隊は、危険なエンジン(もっとも、それが核融合炉であるとは彼らも認識していないが)を搭載した機械人形に乗り戦う命知らずの決死隊という意味で「自殺的行為」(suicidalあるいはsuicide)の名がついた。イングレッサ・ミリシャの多くのカプル・パイロット同様、やはり彼らも航空機パイロット出身であるらしい。

劇中での活躍
作中、ボルジャーノンはカプルとともに地球勢(各地のミリシャの連合軍)の主力として活躍。おもにマリガン大佐指揮下のギャロップで運用し、数多く発掘される。登場した当初は、ハリー・オード大尉のスモーを撃退したり、奇襲戦でスモーを撃墜するが、中盤以降はよく撃破されたうえに1機が搭載された核に誘爆し核爆発を起こす。うち2機はウィルゲムに搭載され月へ行く。ハリー大尉指揮のもと親衛隊と共同戦線をはり、アグリッパ・メンテナーのクーデターを阻止、月に平穏を取り戻す。しかしグエン・サード・ラインフォードの裏切りに遭いボルジャーノンが奪われ、∀ガンダムやカプル、親衛隊とともにホエールズで地球へ帰還。帰還後は再びマリガン指揮下に入ったようで、ギャロップと行動をともにする。なお、帰還時に地球ではムーンレィスの技術者によってボルジャーノンの量産化が成功したとも取れる発言があったが、地球に侵攻してきたギンガナム隊のマヒローに敵わず多くが撃破される。

目次に戻る

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ゲーム中より。
  2. ^ 開発開始はブラウ・ブロと同時期とも[21]、ブラウ・ブロが一足先ともいわれる[19]
  3. ^ よく知られている設定画(「3号機」ともいわれる[25])とは別に、若干腕部が小さく全体的に丸みを帯びたものも存在し、「1号機[26]」とも「二号機[27]」ともいわれている。
  4. ^ この3機を「MS-06Z Aタイプ」とする資料もある[15]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g ガンダムメカニクス2 1998.
  2. ^ 『モビルスーツバリエーション・1・ザク編』114頁。
  3. ^ a b c 皆川ゆか機動戦士ガンダム 公式百科事典 GUNDAM OFFICIALS』 講談社、324頁。
  4. ^ 『モビルスーツバリエーション・1・ザク編』25頁。
  5. ^ 『モビルスーツバリエーション・1・ザク編』115頁。
  6. ^ 『機動戦士ガンダムMS大全集2009』211頁。
  7. ^ プラモデル『1/144 ザク強行偵察型』解説より。
  8. ^ a b プラモデル『1/144 MS-06E-3 ザク“フリッパー”』説明書、バンダイ、1984年3月。
  9. ^ ガンダムエース12 2019, p. 18.
  10. ^ CodeFairy1 2021.
  11. ^ バトオペ2Twitter 2021.
  12. ^ a b MS大全集98 1998, p. 22.
  13. ^ 『ロマンアルバム・エクストラ35 機動戦士ガンダム』徳間書店、1980年7月、153頁。
  14. ^ a b c 『機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1988年2月、15頁。
  15. ^ a b c d e f 『1/144 Zタイプ・ザク』パッケージおよび付属メカニカルファイル、バンダイ、1984年5月。
  16. ^ a b c d MS大全集98 1998, p. 23.
  17. ^ a b MS大全集2013 2012, p. 13.
  18. ^ a b 「037 サイコミュ搭載試験用ザクII」『機動戦士ガンダムMSV COLLECTION FILE 宇宙編』講談社、1999年11月。ISBN 4-06-346550-0
  19. ^ a b c d e f g h 「モビルスーツヒストリー9」『コミックボンボン』1983年10月号、講談社。
  20. ^ a b c d e f g h 『模型情報・別冊 MSバリエーション・ハンドブック2』バンダイ、1983年5月30日、22頁。
  21. ^ a b c d e f g h i j k 『1/144 高速機動型ザク』パッケージおよび付属メカニカルファイル、バンダイ、1984年5月。
  22. ^ a b c ガンダムセンチュリー』37頁。
  23. ^ 『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション1 ザク編』講談社、1984年4月2日、2006年7月(復刻版)、32-33頁。ISBN 978-4063721751
  24. ^ 『模型情報・別冊 MSバリエーション・ハンドブック1』バンダイ、1983年3月、2頁。
  25. ^ 『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション1 ザク編』講談社、1984年4月2日、126-129頁。
  26. ^ 皆川ゆか機動戦士ガンダム 公式百科事典 GUNDAM OFFICIALS』 講談社、331頁。
  27. ^ 『機動戦士Ζガンダムを10倍楽しむ本』 講談社、1985年、143頁。
  28. ^ a b 「038 サイコミュ運用試験用ザクII」『機動戦士ガンダムMSV COLLECTION FILE 宇宙編』講談社、1999年11月。
  29. ^ 「30 サイコミュシステム高速機動試験機」『講談社のポケットカード9 機動戦士ガンダム MSVコレクション』1984年2月。
  30. ^ 岡本一広『機動戦士ガンダム ゼロの旧ザク』第2巻、角川書店、126頁。
  31. ^ 『機動戦士ガンダム サンダーボルト RECORD of THUNDERBOLT 2』ホビージャパン、2017年12月、68頁。
  32. ^ a b c d 小林誠「第1特集 小林誠プロデュース 機動戦士ガンダム ソロモンエクスプレス」『電撃ホビーマガジン 1999年7月号』、メディアワークス、1999年5月、 11頁。
  33. ^ a b 小林誠 [@makomako713] (2015年6月22日). "ソロモンエクスプレスより、ザク-ゾンビ。兵員の、不足を補う無人MS。劇中で指差す指揮官機はこれら無人機に指示を与えていたという解釈の遊び。1998年" (ツイート). Twitterより2021年2月27日閲覧
  34. ^ a b c d 講談社『総解説 ガンダム辞典ver1.5』312頁。
  35. ^ 講談社『総解説 ガンダム辞典ver1.5』129頁。

参考文献編集

  • 書籍
    • 『ガンダムメカニクス2』ホビージャパン、1998年12月1日。ISBN 4-89425-188-4
    • 『機動戦士ガンダム MS大全集98』メディアワークス〈Dセレクション〉、1998年5月25日。ISBN 4-07-308519-0
    • 『機動戦士ガンダムMS大全集2013[+原画設定集]』アスキー・メディアワークス、2012年12月25日。ISBN 978-4-04-891215-0
  • 雑誌
    • 『ガンダムエース』2021年12月号、KADOKAWA。

関連項目編集