メインメニューを開く

ザック・セイバー・ジュニア

ザック・セイバーJrから転送)

ザック・セイバー・ジュニア英語: Zack Sabre Jr.)のリングネームで知られるルーカス・イートウェル英語: Lucas Eatwell1987年7月24日 - )は、イギリスプロレスラーケント州シェピー島出身。

ザック・セイバー・ジュニア
ザック・セイバー・ジュニアの画像
プロフィール
リングネーム ザック・セイバー・ジュニア
本名 ルーカス・イートウェル
ニックネーム ザ・テクニカル・ウィザード
ザッキー・スリー・ベルツ
ブリティッシュ・マスター
英国の若き匠
身長 183cm
体重 85kg
誕生日 (1987-07-24) 1987年7月24日(32歳)
出身地 イギリスの旗 イギリス
イングランド
ケント州シェピー島
所属 フリー
トレーナー NWA-UKハンマーロック
アンドレ・ベイカー
クリス・ヒーロー
ジョン・ライアン
マット・ボール
小川良成
丸藤正道
デビュー 2004年4月20日
テンプレートを表示

来歴編集

祖父母が保管していたBSのプロレス中継番組を録画したビデオを見たことがきっかけでプロレス(特に母国・イギリスのプロレス)に興味を持ち、ジョニー・セイント、スティーブ・グレイ、ジョニー・キッド、スカル・マーフィー、ロビー・ブルックサイドなどのイギリスのテクニシャン系選手に魅せられる。そしてテレビのドキュメンタリー番組で取り上げられた地元団体「NWA UKハンマーロック」に入門を決意[1]。NWA-UKハンマーロックのジムで14歳の頃よりアンドレ・ベイカーの指導を受けた後、2004年3月に同団体のシェピー島シアネス大会でデビュー[2]。2005年10月にはNWA-UKジュニアヘビー級王座を奪取した[3]

その後、UKハンマーロックの活動が停止に伴い2006年頃よりスペインドイツなどに進出、2006年8月18日、RQWのリングにて潮崎豪と対戦。この試合が後のプロレスリング・ノアイギリス大会への出場オファーのきっかけとなった。

2008年にはノアのイギリス大会に参戦し金丸義信と対戦したものの、20分時間切れ引き分けに終わった[3]

2009年、IPW:UKに参戦し、マーティ・スカルとのタッグでIPW-UK英国タッグ王座を獲得する[3]

2010年1月にはwXwに参戦し、wXw世界ライト級王座を奪取する。さらに6月、wXw世界ヘビー級王座を保持するスティーブ・タグラスを破り、初代wXw統一世界王者となった[3]。8月には、タイトル歴と過去に金丸と引き分けた実績から、IPW:UKに参戦したノアの金丸が保持するGHCジュニアヘビー級王座へ挑戦したが敗北した[4][3]

2011年のノアのヨーロッパツアーにおける5月15日のドイツ・オーバーハウゼン大会(wXwが共催)で、石森太二に勝利する[3]

過去のノア勢との好勝負が評価され、ザックのノアへの留学が決定した。7月からの日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦に石森とのタッグで参加することになった。しかし、急遽KAIENTAI-DOJO滝澤大志にパートナーが変更となった[3]

8月のALL TOGETHER 東日本大震災復興支援チャリティープロレスの第1回大会にもノア代表として参戦し、バトルロイヤルに出場した。

2012年にも再びノアに参戦[5]。また同年の第6回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦にも再参戦。ポール・ロンドンと組んで出場した。金丸&平柳玄藩に勝利したのみで、同チームと同位でBブロック最下位の成績であった[6]

2013年には第7回日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦に小川良成と日英テクニシャン・タッグを結成して参戦した。しかし、リーグ戦開催前から歯車の噛み合わないような関係で公式戦でも試合途中で仲間割れを毎回起こし、空中分解寸前であったが全勝で最終戦を迎え、新日本プロレス獣神サンダー・ライガー&タイガーマスクと対戦するが、両者リングアウトとなり、両チームが勝ち点6の同点でブロック首位同点となり、直後に決勝進出決定戦が行われ、ザックがピンフォールを喫し敗退した。なお、ザック組は技能賞を獲得している[7][8]

同年8月4日、ディファ有明での旗揚げ記念大会「DEPARTURE 2013 ~13年目の夏~」で、石森の保有するGHCジュニアヘビー級王座に挑戦したが敗退した[9][10]

12月7日、有明コロシアムでの「GREAT VOYAGE 2013 in Tokyo vol.2 ~田上明引退記念大会~」にて、小川とのコンビで新日本プロレスのライガー&タイガーマスク組へ流出しているGHCジュニアヘビー級タッグ王座へ挑戦を表明し、ザックのパートナーだった小川がピンフォールを奪いGHC王座を初奪取を果たした。なお、ザックにとってはこれがGHCジュニアタッグ王座へは初挑戦であった[11]

2014年からはノアの常連外国人となり、11月4日には原田大輔が保持するGHCジュニアヘビー級王座へ挑戦するも敗北した。2015年にはグローバル・ジュニア・ヘビー級リーグ戦や日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦に出場した。

2016年はアメリカ、イギリスを転戦、6月からはWWE主催のCWCに出場。

2017年3月6日、新日本プロレスに初参戦し柴田勝頼の保持するRPWブリティッシュ・ヘビー級王座に挑戦、試合終盤に鈴木軍が介入して鈴木みのるが柴田に対しゴッチ式パイルドライバーを決めると、最後はザックが自らPKで柴田をピンフォールして3カウントを奪い王座を奪取した。試合後、ザックは鈴木軍のTシャツに袖を通し、鈴木軍の一員となった。なお、鈴木軍入りは同じ当時鈴木軍のメンバーでイギリス出身のデイビーボーイ・スミス・ジュニアとのつながりであるとされる。

2018年3月、NEW JAPAN CUP2018に初出場を果たし、初戦で優勝候補の1人といわれた内藤哲也と対決し、新技の『オリエンテーリング・ウィズ・ナパーム・デス』で内藤からギブアップを奪い初戦を突破。続く2回戦で飯伏幸太、3回戦でSANADAを相次いで破り、決勝戦では棚橋弘至との30分を超える激闘を制し初優勝を成し遂げた。そして当時の最多防記録「11」まであと1に迫っていたオカダ・カズチカ持つIWGPヘビー級王座に挑戦するも敗れた。

8月12日、日本武道館で開催された『G1 CLIMAX 28』は、Bブロック予選を最終戦で内藤哲也に勝ったことで勝ち点12で1位となったが、同点に飯伏、内藤、ケニー・オメガが並び、勝った相手の勝ち点の合計が一番勝る飯伏に決勝進出を譲る格好となった(いわゆるオポネント落ち)[12]。予選落ちしたが『週刊プロレス』ではサブミッションのキレを評価された[13]

2019年1月11日(イギリス時間)、ギルフォード入江茂弘RPWブリティッシュ・ヘビー級選手権試合を行った。入江がエルボーバットなどパワーファイトで食い下がったものの、ザックは積極的な関節狙いの末19分0秒に変形アームバーで勝利[14]

3月、NEW JAPAN CUP2019にエントリー。 準々決勝まで行くも昨年の決勝戦で戦った棚橋弘至にジャパニーズレッグロールクラッチホールドで敗北。その後、自身の持つブリティッシュヘビー級王座の次期挑戦者に棚橋を指名。

4月、アメリカのマディソン・スクエア・ガーデンで棚橋の挑戦を退け、王座防衛。

2019年のG1クライマックス29では、4勝5敗と負け越しながらも、元プロレスリング・ノアでの先輩KENTAや同じイギリス人でIWGPjrヘビー級王者のウィル・オスプレイから勝利をあげるなど、確かな実力を見せた。なお、彼は負け越した原因は保守党のボリス・ジョンソンが英首相になったことに動揺したからと語っている。

8月11日、8人タッグマッチでリーグ戦で敗れた棚橋に再びピンフォールを取られてしまう。これによりイギリス大会でブリティッシュヘビー級王座を懸けて棚橋弘至と今年4度目のシングルマッチを行う。31日、イギリス大会での試合結果は、ザックがサブミッションで棚橋を追い込むも、ドラゴンスープレックスホールドからのハイフライフローを喰らい王座陥落。陥落後、「次のシリーズでリマッチをする」と宣言。

9月、別府大会で棚橋をリマッチを挑む。 27分もの激闘となり、グラウンドコブラツイストで棚橋から勝利し、王座に返り咲く。

タイトル履歴編集

AMレスリング
  • ラウンド・ロビン・トーナメント 優勝 : 1回(2008年)
DDTプロレスリング
NWA-UKハンマーロック
  • NWA-UKジュニアヘビー級王座 : 1回
  • ハードコア・ロータリー・トーナメント 優勝 : 1回(2008年)
インターナショナル・プロ・レスリング:ユナイテッド・キングダム
  • IPW-UK英国タッグ王座 : 2回
パートナーはマーティ・スカル×2回。
  • UKスーパー8トーナメント 優勝 : 1回(2014年)
ウエストサイド・エクストリーム・レスリング
パートナーはビッグダディ・ウォルター。
EVOLVE
  • EVOLVE王座 : 1回
ジャーマン・スタンピード・レスリング
  • GSWブレイクスルー王座 : 1回
トリプル・エックス・レスリング
  • トリプルXレスリング・ヘビー級王座 : 1回
プロレスリング・ゲリラ
プロレスリング・ノア
パートナーは小川良成×2回
レボリューション・プロレスリング
  • RPWブリティッシュ・ヘビー級王座 : 2回
  • RPWブリティッシュ・タッグ王座 : 3回
パートナーはマーティ・スカル×2、鈴木みのる
新日本プロレス

得意技編集

関節技を生かした技を得意とし、相手に隙間を作らせないキャッチ・アズ・キャッチ・キャンの使い手でもある。そのサブミッションはプロレス専門媒体をして「どこがどう決まっているのか理解できない」と言わしめるほど難解なものである。

オリエンテーリング・ウィズ・ナパーム・デス
相手の右膝に変形ニーロック、左足をマフラーホールド、股関節をレッグスプレッドで極める複合技で、2018年のNJC初戦で闘った内藤を相手にデスティーノを切り返しての初披露となった。ザックはこの技で初戦では内藤、決勝では棚橋からギブアップ勝ちを収め、2018年のNJCで初出場初優勝を飾った。ザック自身は相手の両足に対しハンモック状に寝そべるような姿勢になる。
クリメイション・リリー
2018年8月4日 G1CLIMAX Bブロック公式戦ジュース・ロビンソン戦で初公開。ジム・ブレイクス・アーム・バーの体勢から、通常手で極めている側の手を、脚を使って極め直す。更にその状態から相手の脚を4の字状にして、片脚を膝十字固めの要領で極めていく。
アーム・バー
いわゆる腕ひしぎ逆十字固め。飛び付き式や片足抱え込み式などのバリエーションも見せる。
ジム・ブレイクス・アーム・バー
下記のジム・ブレイクス・スペシャルから応用したオリジナル技で、変型の羽根折り固め。グラウンド状態で相手の片腕を後方に延ばして手首を逆関節に取り、同時にザックの片足裏と片足の膝をそれぞれ相手の背中に当てて、相手を締め上げる。技名の由来は、過去にイギリスに実在したサミー・リーと対戦した事があるプロレスラーの名前。
ジム・ブレイクス・スペシャル
ジョニー・セイントが得意としていた関節技で、上記のジム・ブレイクス・アーム・バーの元となった技。
エルボー・バット
肘打ち。
ヨーロピアン・アッパー・カット
下から上へ振り上げるように放つ肘打ち。エルボー・スマッシュ。通常型のヨーロピアン・アッパー・カットのほか、ランニング式も使用する。
ヨーロピアン・クラッチ
欧州式回転足折り固め。ザックが試合を展開する上で繰り出す丸め込み技の中でもコンスタントに使用される。
ペナルティー・キック(PK)
座っている相手の胸板へ放つランニングサッカーボールキック。ザックの場合は、蹴った瞬間に自身が大きく跳び上がるのが特徴である。
ザック・ドライバー
相手の首に自分の手を回し、自分の首に相手の手を回させる変形のボディスラムで抱え上げた状態からジャンプして両足を前方へ開脚し、尻餅状態で着地すると同時に相手を後頭部から背中にかけてマットへ叩き付ける、変形みちのくドライバーII
ハイパーノーマライゼーション
ハーフダウン状態の相手の両脇に自らの両足を差し込み、前屈させるように体重を浴びせ、そこから両腕をクラッチして締め上げる脱出困難な複合サブミッション。
Hurrah! Another Year, Surely This One Will Be Better Than the Last; The Inexorable March of Progress Will Lead Us All to Happiness
両腕を抱え込むようにクラッチし、相手の後頭部に左足裏を押し当てて極める変型腕極め卍固め。この技で2019年1月4日のレッスルキングダム13にて石井智宏からタップアウト勝ちを奪い、ブリティッシュヘビー級王座を戴冠した。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 参考文献『週刊プロレス』2014年4月9日号(通刊1732号 pp71 - 74,掲載「レスラーヒューマンストーリー」第187回
  2. ^ 『週プロ』No1732 pp73,
  3. ^ a b c d e f g プロレスリング・ノア『第5回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦』公式パンフレット
  4. ^ 潮崎豪選手&金丸義信選手ヨーロッパ遠征 IPW:UK主催大会「6Year Anniversary」試合結果 ※試合写真追加|プロレスリング・ノア公式サイト2012年10月1日閲覧
  5. ^ 2012年4月ツアー「グローバル・タッグリーグ戦 2012」参加外国人、他団体、フリー選手発表!|プロレスリング・ノア公式サイト2012年10月閲覧
  6. ^ 第6回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦|アーカイブ|プロレスリング・ノア公式サイト2012年10月閲覧
  7. ^ 2013.07.29「第7回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦」7月28日(日)後楽園ホール大会 試合後コメント|ツアー注目情報|プロレスリング・ノア公式サイト2013年12月閲覧
  8. ^ 第7回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦|アーカイブ|プロレスリング・ノア公式サイト2013年12月閲覧
  9. ^ 2013.08.01「DEPARTURE 2013 ~13年目の夏~」8月4日(日)ディファ有明大会にむけてモハメドヨネ選手&ザック・セイバーJr.会見の模様|ツアー注目情報|プロレスリング・ノア公式サイト2013年12月閲覧
  10. ^ 2013.08.04「DEPARTURE 2013~13年目の夏~」8月4日(日)ディファ有明大会 試合後コメント|ツアー注目情報|プロレスリング・ノア公式サイト2013年12月閲覧
  11. ^ 2013.12.08「GREAT VOYAGE 2013 in Tokyo vol.2~田上明引退記念大会~」12月7日(土)有明コロシアム大会 試合後コメント|ツアー注目情報|プロレスリング・ノア公式サイト2013年12月閲覧
  12. ^ 『週刊プロレス』NO.1972 2018年9月4日増刊 p.15
  13. ^ 『週刊プロレス』NO.1972 2018年9月4日増刊 p.32
  14. ^ 『週刊プロレス』NO.1996 2019年2月13日号 pp.32-33

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集