メインメニューを開く

ザバーニーヤ(زبانية)とは、イスラームの経典『クルアーン』(『コーラン』)に登場する天使で、地獄(ジャハンナム)の管理者たちのことである。その名は「乱暴に突く者」を意味する。19人存在し、彼らの長は地獄の監視者マリクである。マリクやその部下たちは神から地獄の管理を任された忠実で高潔な天使たちであり、キリスト教の地獄に住むような悪魔(神への反逆者)ではない。地獄の業火にあえぐ罪人たちを責め苛むことを仕事とし、彼らに慈悲を乞うても、決して許されることはない。ただし、地獄にあってもなおアッラーを讃える者だけは、ザバーニーヤの手から逃れることができるとされる。