メインメニューを開く

ザブジェポーランド語Zabrze)はポーランドの都市。シロンスク県に属する。ドイツ領時代にはツァブルツェ、ヒンデンブルク(Hindenburg)と称された。

Zabrze
Main Post Office
Main Post Office
Zabrzeの旗
Zabrzeの紋章
紋章
Zabrzeの位置(ポーランド内)
Zabrze
Zabrze
北緯50度18分 東経18度47分 / 北緯50.300度 東経18.783度 / 50.300; 18.783
ポーランドの旗 ポーランド
POL województwo śląskie flag.svg シロンスク県
city county
Established 13世紀
Town rights 1922
行政
 • 市長 Małgorzata Mańka-Szulik
面積
 • 都市 80.40km2
人口
(2013[1]
 • 都市 179,452人
 • 都市部
2,746,000人
 • 都市圏
4,620,624人
等時帯 UTC+1 (CET)
 • 夏時間 UTC+2 (CEST)
郵便番号
41-800 to 41-820
市外局番 +48 32
カープレート SZ
ウェブサイト http://www.um.zabrze.pl/
市街風景

地勢・産業編集

シロンスク地方に位置する工業都市。豊富な地下資源に支えられて鉱工業が発展したが、近年は鉱業の停滞にともない、文化・学術都市としてのありかたを模索している。シロンスク地方には工業都市が密集しており、環境汚染の悪化が進んでいる。近隣の都市としては、約15キロ東にカトヴィツェ、10キロ北東にビトムが位置している。

歴史編集

13世紀には史料上で存在が確認されている。中世後期よりドイツ系の移民が増加し、徐々にゲルマン化が進んだ。16世紀前半よりハプスブルク家の所領となったが、18世紀半ばのオーストリア継承戦争七年戦争によってプロイセンの領有が画定した。第一次世界大戦中の1915年、タンネンベルクの戦いで活躍したパウル・フォン・ヒンデンブルク将軍の名をとって、ヒンデンブルクと市名が改称されたが、1945年、ドイツの第二次世界大戦敗北後まもなく、旧名のザブジェに戻された。また、この時期にドイツ系住民が強制的に追放された。

戦後は鉱工業で繁栄したが、共産党政権が崩壊するまで一貫して環境への配慮がおこなわれなかったため、周辺地域の汚染は深刻化している。1998年に行政区画の再編が行われ、かつてのカトヴィツェ県からシロンスク県に所属することになった。

スポーツ編集

グールニク・ザブジェが、ザブジェを本拠地とするサッカークラブ。共産党政権の時代には14回のリーグ優勝を果たした強豪クラブであった。

姉妹都市編集

脚注編集

外部リンク編集