わら半紙

ザラ紙から転送)

わら半紙(わらばんし、藁半紙)は、明治時代初期の日本において、木綿ウエスわらを原料に生産された半紙判の洋紙である。実際にわらを原料としたのは生産開始直後の数年のみで、以降は、木材パルプ古紙を主な原料とし、非塗工化学パルプ配合率40%未満の下級印刷用紙に分類される更紙(ざらがみ、ざらし)類を示す一般名称として使われている。「更半紙(ざらばんし)」「洋半紙(ようばんし)」とも呼称される。

わら半紙

概要編集

洋紙の国産化を目指して設立された東京府北豊島郡王子村(現:東京都北区王子)の「製紙会社」(のち王子製紙株式会社)が、1882年、操業開始にあたって木綿のウエスとわらを原料に生産を始めた日本特有の洋紙である[1]。名称の由来となったわらは、生産開始数年後の1889年ごろには木材パルプに切り替えられて使われなくなり[1]、以降は、戦前から戦中、戦後を通じ、洋紙の製紙原料として実際にわらが用いられたという記録は存在しない[1]

現在は、主に木材パルプと古紙が配合の大部分を占め[1]、晒化学パルプの配合率が40%以下である下級印刷用紙(白上更紙、上更紙、更紙、ラフ更紙)を示す名称として一般的に用いられている。リグニンを除去していないため上質紙に比べ比較的短期間で黄色く変色し、長期間の保存にはあまり適さない。更紙の場合、明灰色で白色度50%前後、密度は0.6g/cm3坪量米坪48g/m2(厚さ0.06mm相当)程度で、軽量化以前のかつての新聞巻取紙の規格に近い。

長く社会や家庭で一般的に多用された洋紙で、1960年までは消費者物価指数の調査対象品目となっていた[2]。以降も日本において謄写ファックス印刷を含む謄写版が各種学校等における印刷物(プリント)や企業及び官公庁の事務現場で一般的に用いられていた1980年代半ばまで、事務印刷の用紙として多用されたが、1990年代に入り事務作業のOA化が進むと、PPC複写機で紙詰まりを起こしやすいことから、その地位を上質紙に取って代わられ、製紙会社の受注量も減少した[1]。現在ではコスト面における優位性も逆転しており、一般向け商品として取り扱う小売店は少なくなっている。

わらを原料とした和紙編集

本項で示す洋紙の「わら半紙」とは別に、わらを原料とした和紙を「わら半紙」と呼ぶ場合がある。こうした和紙は奈良時代の『正倉院文書』でも「藁葉紙(わらはがみ)」や「波和良紙(はわらがみ)」などの名称で登場する。現在でも鳥取県因州和紙協同組合(鳥取市)などが、主に書道用紙としてわらを原料に漉いた和紙製品を生産している。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈・出典編集

  1. ^ a b c d e 「ハテナの行方6『わら半紙』消えた?」『佐賀新聞』2006年7月19日付、佐賀新聞社
  2. ^ 「時代映す輸入品増加 消費者物価指数の調査対象、切り替え」『北海道新聞』朝刊1996年8月30日付14面、北海道新聞社

関連項目編集