ザ・インタープリター

ザ・インタープリター』(The Interpreter)はシドニー・ポラック監督によるニコール・キッドマン及びショーン・ペン主演、2005年製作アメリカ・ドラマ/社会派のサスペンス映画である。

ザ・インタープリター
The Interpreter
監督 シドニー・ポラック
脚本 チャールズ・ランドルフ
スコット・フランク
スティーヴン・ザイリアン
原案 マーティン・スティルマン
ブライアン・ウォード
製作 ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
ケヴィン・ミッシャー
製作総指揮 シドニー・ポラック
アンソニー・ミンゲラ
G・マック・ブラウン
出演者 ニコール・キッドマン
ショーン・ペン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 ダリウス・コンジ
編集 ウィリアム・スタインカンプ
製作会社 ワーキング・タイトル・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年4月22日
日本の旗 2005年5月21日
上映時間 129分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
言語 英語
製作費 $80,000,000[1]
興行収入 $162,944,923[1]
テンプレートを表示

タイトルの“インタープリター”(Interpreter)とは「通訳」の意。

目次

概要編集

本作公開から3年後に他界したシドニー・ポラック生涯最後の監督映画[2]国連通訳として働く女性が、アフリカの小国マトボの大統領暗殺計画を聞いてしまったことから起こるサスペンス。

国連では長年国連内部での映画などのロケの許可を与えてこなかったが、この映画には特別に許可を与えたとの事である。

ストーリー編集

アフリカのマトボ共和国で育ち、その土地の言葉であるクー語を理解するシルヴィアは、ニューヨークの国連で通訳として働いていた。シルヴィアはある日、マトボ共和国の大統領であるズワーニの暗殺計画を小耳に挟んでしまう。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

脚注編集

  1. ^ a b The Interpreter (2005)” (英語). Box Office Mojo. 2010年3月23日閲覧。
  2. ^ ポラックと共に製作を務めたアンソニー・ミンゲラも同じ2008年に他界している。

外部リンク編集