メインメニューを開く

ザ・ウェイト」(The Weight)は、ザ・バンド1968年に発表した楽曲。

ザ・ウェイト
ザ・バンドシングル
初出アルバム『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク
B面 アイ・シャル・ビー・リリースト
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ニューヨーク、A&Rレコーダーズ(1968年1月)
ジャンル ルーツ・ロック
時間
レーベル キャピトル・レコード
作詞・作曲 ロビー・ロバートソン
プロデュース ジョン・サイモン
チャート最高順位
ザ・バンド シングル 年表
ザ・ウェイト
b/w
アイ・シャル・ビー・リリースト
(1968年)
クリプル・クリーク
b/w
オールド・ディキシー・ダウン
(1969年)
ミュージックビデオ
「The Weight」 - YouTube
テンプレートを表示

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では41位にランクされている[2]

目次

概要編集

作詞作曲はロビー・ロバートソンスペイン出身の映画監督、ルイス・ブニュエルの作品に影響を受けて書かれた楽曲である。「ブニュエルは聖人であることの不可能性を多くの映画で表した。『ビリディアナ』や『ナサリン』に描かれているように、人々はみな良き人であろうと望むが結局は自分のやりたいことしかやらない。『ザ・ウェイト』も同じことさ」とロバートソンは述べている[3]

本作品は次の言葉から始まる。「ナザレスの町にたどり着いたが/俺は半分死にかけていた/ともかくも休める場所が必要だった」

「ザ・ウェイト」は聖書からの引用が多いことから[4]、この歌詞はイエス・キリストが育った「ナザレ(Nazareth)」を想起させるが、ギター製作会社のマーティンの発祥の地であるペンシルベニア州ノーサンプトン郡のナザレスを同時に指している[5]

タイトルの「The Weight(重荷)」は一度も歌詞に現れない。代わりに「Take a load off Fanny, take a load for free」という言葉が繰り返される[6]新約聖書の「ヘブライ人への手紙」12章の言葉に関連するものと考えられる。

凡ての重荷と纏へる罪とを除(の)け、忍耐をもて我らの前に置かれたる馳場をはしり、信仰の導師また之を全うする者なるイエスを仰ぎ見るべし。
Let us lay aside every weight, and the sin which doth so easily beset us, and let us run with patience the race that is set before us, Looking unto Jesus the author and finisher of our faith. — 「ヘブライ人への手紙」12章1-2節

レコーディングは1968年1月、ニューヨークのA&Rレコーダーズで行われた。同年7月1日発売のファースト・アルバム『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』に収録され、同年8月8日にシングルカットされた[1]。B面はボブ・ディラン作詞作曲の「アイ・シャル・ビー・リリースト」。

同年9月28日付のビルボード・Hot 100で63位を記録した[7]全英シングルチャートでは21位、カナダでは35位を記録した。

演奏メンバー編集

カバー・バージョン編集

脚注編集