メインメニューを開く

ザ・ダイヤモンド(The DIAMOND)は、横浜駅西口の地下街に付けられていた愛称。開業当初は「ダイヤモンド地下街」と呼ばれていた。

ザ・ダイヤモンド
The DIAMOND
中央広場(現:ホテル前広場)
中央広場(現:ホテル前広場)
店舗概要
所在地 神奈川県横浜市西区南幸1丁目4番B1号
開業日 1964年12月1日
施設管理者 相鉄ビルマネジメント
延床面積 38,816 m²
商業施設面積 10,760 m²
店舗数 148店
駐車台数 993台
前身 ダイヤモンド地下街(旧称)
最寄駅 横浜駅
外部リンク sotetsu-joinus.com
SOTETSU logo horizontal.svg
テンプレートを表示

2013年より相模鉄道本線(相鉄線)の同駅駅ビル相鉄ジョイナス」との一体化リニューアルが進められ、2015年12月1日に地下街部分も含めて「相鉄ジョイナス」に統合された(詳細は後述)。

本項では開業から一体化までについて解説する。統合以降については「相鉄ジョイナス」を参照のこと。

目次

概要編集

昭和30年代に相模鉄道が主導した横浜駅西口開発計画のひとつで、隣接する相鉄ジョイナス・横浜高島屋(後に高島屋が吸収)・横浜ステーシヨンビル(国鉄横浜駅西口駅舎、後の横浜シァル、後にJR東日本に譲渡)とともに、相模鉄道系の商業施設の一つである。

横浜駅西口駅前広場の真下にあり、バス乗り場に階段で直結している。また、地下2〜4階は「横浜駅西口地下駐車場」になっている。

1964年の開業当初は「ダイヤモンド地下街」という名称で、横浜地下街株式会社(現:相鉄アーバンクリエイツ)が管理・運営を行っていた。1984年には「ザ・ダイヤモンド」に改称。さらに2006年、施設の管理・運営が相鉄ビルマネジメントに継承された。

2013年には相鉄線横浜駅の駅ビル相鉄ジョイナス」と一体化することとなり、当初は「ジョイナス ザ・ダイヤモンド」 (JOINUS The DIAMOND) として2016年夏までの3ヶ年計画で各フロアのリニューアルが順次進めていくとしていたが[1]、2015年4月には一体化リニューアルの完了時期と名称について計画の変更が発表された。これによると、半年間前倒しして同年12月にはリニューアルを完了し、その際には「ザ・ダイヤモンド」の屋号を廃して「相鉄ジョイナス」に統合することが決まった[2]。予定通りリニューアルは完了し、2015年12月1日に「相鉄ジョイナス」に統合された。

沿革編集

  • 1963年(昭和38年)2月22日 - 相模鉄道横浜ステーシヨンビル東京急行電鉄鉄道弘済会横浜東急ホテル・相鉄興業(現:相鉄ローゼン)・高島屋の7社の出資により、横浜地下街株式会社を設立[3][4][5]
  • 1964年(昭和39年)12月1日 - 「ダイヤモンド地下街」として開業。横浜駅西口地下駐車場も開業[6]。建設費は約37億円[7]
  • 1968年(昭和43年)11月 - 横浜岡田屋モアーズの地下2階飲食街の運営を受託し、「ニューダイヤ味の街」を開業[3]
  • 1969年(昭和44年)4月1日 -地下2階に、横浜地下街第2駐車場を開業[6]
  • 1970年(昭和44年)2月 - 横浜岡田屋モアーズの地下1階食品街の運営を受託し、「ニューダイヤのれん街」として開業[3]
  • 1974年(昭和49年)
    • 4月 - 横浜岡田屋モアーズの地下1・2階を改装し、「レストランシティ パティオ」として開業[3]
    • 11月30日 - 北5~9出口付近(岩崎学園ビル側)を増築し「西通り」(後の中央モール、現在の西口中央通り西側)と命名[3]
  • 1980年(昭和55年)9月 - 西通りの南側(南7~12出口付近・横浜天理ビル側)を増築し「西二番街」(後のナンシーモール)と命名[3]
  • 1984年(昭和59年)9月27日 - 「ザ・ダイヤモンド」 (The DIAMOND) に改称[5][6]
  • 1996年(平成8年)8月22日 - 横浜地下街が、店頭登録銘柄(後のジャスダック)に登録される(2005年9月27日にジャスダック上場廃止)[6]
  • 1998年(昭和63年)6月1日 - 横浜駅西口駐車場株式会社(横浜地下街の子会社、2000年7月に吸収合併)により、横浜駅西口地下3・4階駐車場が開業[6]。中央広場(現:ホテル前広場)に、ガラスアート「6連作・窓辺の語り部」(野口真里)を設置[3]
  • 2000年(平成12年)
    • 7月 - 営業時間を21時までに延長[3]
    • 11月 - 正面入口の階段に、モザイク壁画「パティパタパン~天使たちの集うとき~」(山本容子)を設置[3]。なお2015年には、医療法人社団昴会 日野記念病院に移設[8]
  • 2004年(平成16年)3月 - 「レストランシティ パティオ」を閉鎖[3]
  • 2006年(平成18年)10月1日 - 相鉄ビルマネジメントが運営管理を継承。
  • 2013年(平成25年)10月 - 地上ビルの「相鉄ジョイナス」と一体化した「ジョイナス ザ・ダイヤモンド」 (JOINUS The DIAMOND) としてリニューアル(約3年かけて、地下街も含めた全館のリニューアルを進めていく計画)。
  • 2015年(平成27年)12月1日 - 半年間前倒しでリニューアルが完了。「ザ・ダイヤモンド」の屋号は消滅し、「相鉄ジョイナス」(SOTETSU JOINUS)に統合。

主なテナント編集

以下は一体化以前のテナント

地下で接続しているビル編集

横浜駅西口地区の15のビルと接続し、一部のビルの地下階には店舗が存在している。また共同防災組織として、総合防災センターと横浜駅西口共同防火防災管理協議会を設置している[11]

株式会社大関編集

現在の相模鉄道の前身となる企業が、かつては当地下街にあった。1964年(昭和39年)11月24日設立[12]の株式会社大関というきしめん店である。1998年3月に横浜地下街が株式を取得し、100%子会社化[3]したあと、2006年に事業をグループ外企業に売却し休眠状態になっていたところを、旧:相模鉄道(現:相鉄ホールディングス)の持株会社化に伴う受け皿会社として利用されることになった。きしめん店自体は、「ジョイナス・ダイヤモンド」へのリニューアルに伴い2014年(平成26年)に相鉄ジョイナス地下2階のレストラン街に移転し、「横浜なかや 大関本店」[13]として営業を続けている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 相鉄ジョイナスとザ・ダイヤモンドが3年かけて一体化。その全貌は!?」『はまれぽ.com』 アイ・ティ・エー、2013年9月29日
  2. ^ 相鉄ジョイナスが今年12月に前倒しリニューアル 名称に「ダイヤモンド」残さずヨコハマ経済新聞 2015年4月23日)
  3. ^ a b c d e f g h i j k 横浜駅地下街 会社沿革 横浜地下街40年のあゆみ”. 2005年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月22日閲覧。
  4. ^ 相模鉄道・横浜地下街・相鉄企業「株式交換による横浜地下街株式会社及び相鉄企業株式会社の完全子会社化に関するお知らせ」『相鉄企業株式会社』 相鉄企業、2005年1月27日
  5. ^ a b 橘アリー「2015年末に幕を下ろした「ザ・ダイヤモンド」の歴史とは!?」『はまれぽ.com』 アイ・ティ・エー、2016年1月25日
  6. ^ a b c d e 「相鉄グループ グループ企業紹介 株式会社相鉄アーバンクリエイツ」『相鉄グループ』 相鉄ホールディングス
  7. ^ 「輝きの「街」 ザ・ダイヤモンド40周年 (1)」『神奈川新聞』 神奈川新聞社、2004年9月14日
  8. ^ ホスピタル・アート」『山本容子美術館』 オフィス・ルカス
  9. ^ 山澤正「横浜駅地区における地下空間の地理学的研究」『東北地理 38巻4号』 東北地理学会、1986年12月 doi:10.5190/tga1948.38.292
  10. ^ 東北地理 38巻(1986) 4号
  11. ^ 荒卷照和「平成28年度第5回セミナー 横浜駅西口共同防災防火管理協議会の防災・減災・危機管理対策」 新宿駅周辺防災対策協議会、2017年2月17(日
  12. ^ 株式会社大関”. 2005年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月22日閲覧。
  13. ^ 横浜なかや 大関本店

関連項目編集