ザ・ダーツは、日本グループ・サウンズ

概要編集

1966年4月京都府立朱雀高校入学した土森勝則、原田和夫、橋本謙次の三名によって結成されたウエスタンバンドであったが、ザ・ベンチャーズシャドウズに刺激され、当時中学3年生だった浅井たかしをサイドギターとして迎え入れて、同年夏にはエレキ・インストのバンドに発展していった。同年9月に入り京都のカレッジアン・クラブに所属。同年12月、同クラブの主催するコンサートで "ザ・ワイルドワンズ" と初共演を果たした。元々インスト・バンドであった彼らは、このコンサートを切っ掛けにボーカルの重要性を感じ、土森勝則がボーカルを担当するようになっていった。たまたま他のグループ演奏していた『ケメ子の歌』(作詞作曲馬場祥弘採譜編曲・補作:浜口庫之助)を取り入れ、練習を開始。

その後、毎日放送歌え、MBS・ヤング・タウン」に出演する機会に恵まれ、『ケメ子の歌』を披露。それが大反響を呼び、急遽コロムビア・レコードからB面に「ブーケをそえて」と同時にレコーディングされ、1968年2月1日、レコードデビューを果たした。

もっとも競作で先に日本ビクターにて1月25日ザ・ジャイアンツがリリースしていた同じ「ケメ子の唄」が本命視されていたが、ザ・ジャイアンツ盤はオリコンチャート6位に対し、ザ・ダーツ盤がオリコンチャート2位という快挙を遂げ、華々しくデビューを飾った。

その後、2枚のシングル「いつまでもスージー」(C.W 「君は恋の花」)・「遠い人」(C,W「黄色いあめ玉」)をリリースするもヒットはこれ1曲に終わり、その後はチャートインする事もなく1969年夏には解散に追い込まれていった。