メインメニューを開く

ザ・テレビ演芸

日本の演芸番組

ザ・テレビ演芸』(ザ・テレビえんげい)は、1981年4月12日から1991年3月24日までテレビ朝日系列局で放送された演芸番組である。放送時間は毎週日曜 15:00 - 15:54 (JST) 。司会は、当初は横山やすしが務めていたが、1989年1月頃からは西川きよしが務めるようになった。

ザ・テレビ演芸
ジャンル 演芸番組
出演者 横山やすし(1981.4 - 1988.12)
西川きよし(1989.1 - 1991.3)
プロデューサー 中江尭故
二宮久友
板橋順二
ほか
制作 テレビ朝日
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1981年4月12日 - 1991年3月24日
放送時間 日曜 15:00 - 15:54
放送分 54分
テンプレートを表示

概要編集

構成は三部構成で、第一部は旬の芸人による「激突!ナウ演芸」、これからの活躍が期待される芸人が登場する「フレッシュ演芸」コーナーがあった。

第二部は新宿末廣亭の高座中継(おおむね落語)。中継リポーターの初代は当時テレビ朝日アナウンサーの原麻里子、2代目に益戸育江(後に女優・高樹沙耶として活動。2008年10月より再改名)がいた。

第三部は「とび出せ笑いのニュースター・ホップステップジャンプ」(後に「〜・無制限勝ち抜き戦」に変更)と題した勝ち抜き新人オーディションであった。このコーナーは、糸井重里神津友好大野桂大島渚高信太郎花井伸夫山本益博[1]ら錚々たるメンバーが審査員(毎週5名ずつ出演)に名を連ねていたが、司会者であるはずの横山やすしの辛辣な意見が審査に大きく影響していた。1対1の対戦形式で、審査員が1票ずつ入れ、支持の多い者が勝ち抜け。チャンピオンが3週連続勝ち抜いて、数組揃った所で、チャンピオン大会に進出し、グランドチャンピオンを達成するとプロへの道が開ける。

このコーナーから竹中直人ダチョウ倶楽部中村ゆうじB21スペシャル浅草キッドAKIKO奈津あつしBOOMER)、甘味けんじ(出演時はゲタゲタ90というコンビ)らが世に出た。この他、綾小路きみまろが1989年に「まろ」という芸名で出場したが、王者のお笑いコンビ・ARARAに2-3で敗れており、その様子は2013年5月26日にテレビ朝日系『まろまろ一笑懸命』で放送された。

なお、この番組は関西にネットされていなかったにも関わらず、関西で全てのレギュラーを失ったやすし単独の、唯一にして最後のレギュラー番組であった。後述するやすしの降板後は相方の西川きよしが司会を引き継いだ。

1991年4月7日からは放送時間帯を日曜12時台に移し『笑いの王国』(司会は本番組最末期の西川きよし・松居直美コンビがスライド)としてリニューアルしたが、1年後の1992年3月29日に終了した。

出演者編集

司会編集

  • 横山やすし(1981.4〜1988.12)
    • 1988年11月下旬に自身の長男傷害事件を起こし逮捕された影響からその責任を問われる形で芸能活動を謹慎。これに伴い当番組もやすし司会で既に収録済みのストック分の放映が終了した12月末をもって自動的に降板扱いとなった。
  • 西川きよし(1989.1〜1991.3)

アシスタント編集

  • 初代:林紀恵(1981.4〜1981.9)
  • 2代目:荒木由美子(1981.10〜1983.9、結婚・一時引退のため降板)
  • 3代目:菅沢恵子(1983.10〜1984.12)
  • 4代目:迫文代(当時テレビ朝日アナウンサー、1985.1~9、フリー転身のため降板)
  • 5代目:清水由貴子(1985.10〜1986.3)
  • 6代目:堀江しのぶ(1986.4〜1988.4、病気療養のため出演休止、1988年9月に逝去)
  • 7代目:山田スミ子(1988.4〜6、病気療養で降板した堀江の代役として出演)
  • 8代目:松居直美(1988.7〜1991.3、当初は堀江の代役として出演、その後堀江の逝去を受けて正式なアシスタントに)

ナレーター編集

エピソード編集

  • 春風亭昇太は東海大学落語研究会所属時代、「まんだらーず」というコンビで「ニュースター」コーナーに出演したことがある。初戦で負けるつもりの気軽な出演だったが、三週勝ち抜き、チャンピオン大会でも優勝して初代グランドチャンピオンとなってしまう。のちに昇太は春風亭柳昇に弟子入りして落語家の道へ進み、相方はテレビ朝日のディレクターを経て現在はフリーディレクターとなっている。
  • ダウンタウンも現在のコンビ名になる以前の1982年末に「ライト兄弟(松本・浜田)」として出場し[2] 、家庭内暴力をテーマにしたネタを披露した。その際、審査員の横山やすしから「テレビでやる漫才とちゃうやんか! お前らはなめとんのか! そんなもん漫才やない! チンピラの立ち話やないか!」「だいたいライト兄弟が誰か知っとるんか!」と言いがかりで酷評を受けたと浜田らは後年語っている[3]
  • 他にキッチュ(松尾貴史)の芸も、観客は爆笑したにもかかわらずやすしから酷評された。一方、竹中直人は絶賛されている。その後、俳優の仕事がメインとなった竹中は、ゲストでザ・テレビ演芸に登場したとき、出番直前の袖で「この番組が一番緊張する」と語っていた。
  • 当番組は前述のように横山やすしの辛辣な評価で知られているが、本番組ではセット裏に濃い水割りを用意させ、それを飲んだ状態で収録を行っていた。何度かやすしの泥酔のため、収録開始が遅れたことがあるが、一度だけ立ち上がることもできない泥酔状態に、局プロデューサーの中江尭故(現・中江たかもと)が収録中止を決断し、ゲストや審査員らに平身低頭の謝罪をして送り出した。かなり後になって、ようやく目覚めたやすしはさすがに事の重大さを悟ったかのように首を垂れ、黙って局を後にした。

備考編集

脚注編集

  1. ^ 本業は料理評論家であるが、演芸にも造詣が深いためである。司会者も「演芸評論家」と紹介していた。
  2. ^ 1982年11月21日(日) - プレイバック!TVガイド ~あのころのテレビはこうだった!~”. テレコ!. スカパーJSAT. 2013年4月8日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ 浜田雅功主演ドラマの制作会見で、新人時代のエピソードを聞かれて、漫才をした後やすしに激怒された当時のことを語っていた(参照記事:浜ちゃん新人時代、やすし師匠に怒られた - 日刊スポーツ、2010年10月22日)。

関連項目編集


テレビ朝日系列 日曜15時台
前番組 番組名 次番組
ザ・テレビ演芸
(1981年4月 - 1991年3月)
日曜ワイド・第1部
(1991年4月 - 1994年9月)
※14:30 - 15:55