ザ・デンジャラス・マインド

ザ・デンジャラス・マインド』(Like Minds)は、2006年オーストラリアイギリスサスペンス映画。 監督はグレゴリー・J・リード英語版、出演はトニ・コレットエディ・レッドメインなど。

ザ・デンジャラス・マインド
Like Minds
監督 グレゴリー・J・リード英語版
脚本 グレゴリー・J・リード
製作 キャロル・ヒューズ
ジョナサン・シュタインマン
ピアース・テンペスト
製作総指揮 ロバート・ビーヴァン
トニ・コレット
ヒューゴ・ヘッペル
シリル・メグレット
ダミタ・ニカポータ
出演者 トニ・コレット
エディ・レッドメイン
トム・スターリッジ
音楽 カルロ・ジアッコ
撮影 ナイジェル・ブラック
編集 マーク・ワーナー英語版
製作会社 Australian Film Finance Corporation (AFFC)
Lumina Films
Bluewater Pictures
Gunpowder Films
Film Finance
Tempo Productions Limited
配給 オーストラリアの旗 ベッカー・グループ英語版
イギリスの旗 ライオンズゲート
公開 オーストラリアの旗 2006年11月9日
イギリスの旗 2007年5月11日
上映時間 110分
製作国 オーストラリアの旗 オーストラリア
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $8,000,000[1]
テンプレートを表示

日本では劇場未公開だがWOWOWで放送された。またスター・チャンネルでは『悪魔のルームメイト』のタイトルで放送された[2]

米国でDVD発売されたときのタイトルは『Murderous Intent[3]

ストーリー編集

イギリスの名門寄宿学校の生徒である17歳のアレックスは、同級生ナイジェルを殺害した容疑で逮捕される。 状況証拠のみで、取り調べにも口を割らないアレックスに対して、警察は女性心理学者サリーを使って真相を聞き出そうとする。 はじめはサリーに対しても反抗的だったアレックスであったが、徐々に事件と、そしてナイジェルについて語り始める。 そこにはナイジェルの驚くべき不気味な異常性があった。

キャスト編集

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、8件の評論のうち高評価は38%にあたる3件で、平均点は10点満点中4.50点となっている[4]

出典編集

  1. ^ Like Minds (2006)” (英語). IMDb. 2012年4月17日閲覧。
  2. ^ 映画 ザ・デンジャラス・マインド”. allcinema. 2012年4月17日閲覧。
  3. ^ Like Minds (2006) - Release Info” (英語). IMDb. 2012年4月17日閲覧。
  4. ^ Like Minds (Murderous Intent) (2006)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年10月7日閲覧。

外部リンク編集