ザ・バーシティマッチ

ザ・バーシティマッチ: The Varsity Match)は、イングランドオックスフォード大学ケンブリッジ大学との間で毎年開催されるラグビーユニオンの定期戦である。この催しは1872年に始まり、2度の世界大戦でのみ中断された。1921年からは、トゥイッケナム・スタジアムロンドン)でプレーされている。通常は12月初旬にプレーされる。

2019年の138試合目の終了時点で、オックスフォード大学RFC英語版の60勝、ケンブリッジ大学RUFC英語版の64勝、引き分けが14試合となっている[1]。オックスフォードとケンブリッジとの間のバーシティマッチ英語版はその他様々なスポーツにおいても行われる。例えば、記録に残る歴史上初の水球の試合は1891年にオックスフォードとケンブリッジとの間でプレーされた。

女子のラグビー・バーシティマッチは1988年に初めてプレーされ、2015年からは男子の試合と同日にトゥイッケナムで開催されている[2]

歴史編集

ザ・バーシティマッチの歴史は1872年にまで遡る。これは史上初のラグビーの国際試合(スコットランドイングランド)の一年後であった。ケンブリッジとオックスフォード双方が顔合わせと、試合のために職員を送った。ザ・パークス英語版(オックスフォード)で20人制のゲームをプレーした(現在は1チーム15人制である。フィールド上1チーム15人と規定されのは1875年のこと[3])。オックスフォードが初顔合わせで勝利した。この初試合においてオックスフォードは紺青色のジャージ(今日と同じであるが、一時期は白色を使用した)を着用したが、ケンブリッジはピンク色のジャージー(1876年に青および白に変更)でプレーした[4]

1873年の2回目のバーシティマッチはパーカーズ・ピース英語版ケンブリッジ)でプレーされたが、これ以後は常にロンドンでプレーされている。ケニントン英語版にあるジ・オーバルでは7試合、ブラックヒース英語版にあるリチャードソンズ・フィールドでは3試合、レクトリー・フィールド英語版で4合が行われた。1887年から1920年まではケンジントンにあるクイーンズ・クラブ英語版が会場として使われた[5]。1921年、試合会場はラグビー・フットボール・ユニオンの有名なホームグラウンドであるトゥイッケナムへ移された。

レフリー編集

当初はレフリーはいなかったが、1881年の試合でH. H. Taylorが初めてレフリーを務めた。これ以前は各大学から1人、計2名のアンパイア(仲裁人)がいた[6]

現在は、テレビジョンマッチオフィシャルもいる[4]

スポンサー編集

ユニフォーム製作

著名な参加者編集

ザ・バーシティ・マッチでプレーした多くの選手が国際舞台で活躍した[13]

ラグビーワールドカップ1987で優勝したオールブラックスのキャプテンを務めたデイヴィッド・カーク英語版は、オックスフォードからのローズ奨学制度を受け入れて代表から引退した後の1987年と1988年のザ・バーシティマッチでプレーした。オーストラリア代表としてラグビーワールドカップ1987に出場したブライアン・スミス英語版はオックスフォードの一員として1988年と1989年(キャプテンとして)のバーシティマッチでプレーし、1990–1991年はアイルランド代表としてプレーした[13]。元オーストラリア代表のジョー・ロフ英語版はプロラグビーから引退後にオックスフォードの一員として2006年と2007年のバーシティマッチれプレーした。最も著名な選手は、元オールブラックスのフッカーであるアントン・オリバー[16](オックスフォード)と元ワラビーズのロックであるダン・ヴィッカーマン(ケンブリッジ)である。ヴィッカーマンは2009年の試合でケンブリッジのキャプテンを務めた[17]

勝者編集

結果と情報はバーシティマッチのウェブサイト上で入手可能[18]

男子編集

  • 1872: オックスフォード
  • 1873: ケンブリッジ
  • 1873: 引き分け
  • 1874: 引き分け
  • 1875: オックスフォード
  • 1876: ケンブリッジ
  • 1877: オックスフォード
  • 1879: 引き分け
  • 1880: ケンブリッジ
  • 1880: 引き分け
  • 1881: オックスフォード
  • 1882: オックスフォード
  • 1883: オックスフォード
  • 1884: オックスフォード
  • 1885: ケンブリッジ
  • 1886: ケンブリッジ
  • 1887: ケンブリッジ
  • 1888: ケンブリッジ
  • 1889: オックスフォード
  • 1890: 引き分け
  • 1891: ケンブリッジ
  • 1892: 引き分け
  • 1893: オックスフォード
  • 1894: 引き分け
  • 1895: ケンブリッジ
  • 1896: オックスフォード
  • 1897: オックスフォード
  • 1898: ケンブリッジ
  • 1899: ケンブリッジ
  • 1900: オックスフォード
  • 1901: オックスフォード
  • 1902: 引き分け
  • 1903: オックスフォード
  • 1904: ケンブリッジ
  • 1905: ケンブリッジ
  • 1906: オックスフォード
  • 1907: オックスフォード
  • 1908: 引き分け
  • 1909: オックスフォード
  • 1910: オックスフォード
  • 1911: オックスフォード
  • 1912: ケンブリッジ
  • 1913: ケンブリッジ
  • 1914: 開催されず
  • 1915: 開催されず
  • 1916: 開催されず
  • 1917: 開催されず
  • 1918: 開催されず
  • 1919: ケンブリッジ
  • 1920: オックスフォード
  • 1921: オックスフォード
  • 1922: ケンブリッジ
  • 1923: オックスフォード
  • 1924: オックスフォード
  • 1925: ケンブリッジ
  • 1926: ケンブリッジ
  • 1927: ケンブリッジ
  • 1928: ケンブリッジ
  • 1929: オックスフォード
  • 1930: 引き分け
  • 1931: オックスフォード
  • 1932: オックスフォード
  • 1933: オックスフォード
  • 1934: ケンブリッジ
  • 1935: 引き分け
  • 1936: ケンブリッジ
  • 1937: オックスフォード
  • 1938: ケンブリッジ
  • 1939: 開催されず
  • 1940: 開催されず
  • 1941: 開催されず
  • 1942: 開催されず
  • 1943: 開催されず
  • 1944: 開催されず
  • 1945: ケンブリッジ
  • 1946: オックスフォード
  • 1947: ケンブリッジ
  • 1948: オックスフォード
  • 1949: オックスフォード
  • 1950: オックスフォード
  • 1951: オックスフォード
  • 1952: ケンブリッジ
  • 1953: 引き分け
  • 1954: ケンブリッジ
  • 1955: オックスフォード
  • 1956: ケンブリッジ
  • 1957: オックスフォード
  • 1958: ケンブリッジ
  • 1959: オックスフォード
  • 1960: ケンブリッジ
  • 1961: ケンブリッジ
  • 1962: ケンブリッジ
  • 1963: ケンブリッジ
  • 1964: オックスフォード
  • 1965: 引き分け
  • 1966: オックスフォード
  • 1967: ケンブリッジ
  • 1968: ケンブリッジ
  • 1969: オックスフォード
  • 1970: オックスフォード
  • 1971: オックスフォード
  • 1972: ケンブリッジ
  • 1973: ケンブリッジ
  • 1974: ケンブリッジ
  • 1975: ケンブリッジ
  • 1976: ケンブリッジ
  • 1977: オックスフォード
  • 1978: ケンブリッジ
  • 1979: オックスフォード
  • 1980: ケンブリッジ
  • 1981: ケンブリッジ
  • 1982: ケンブリッジ
  • 1983: ケンブリッジ
  • 1984: ケンブリッジ
  • 1985: オックスフォード
  • 1986: オックスフォード
  • 1987: ケンブリッジ
  • 1988: オックスフォード
  • 1989: ケンブリッジ
  • 1990: オックスフォード
  • 1991: ケンブリッジ
  • 1992: ケンブリッジ
  • 1993: オックスフォード
  • 1994: ケンブリッジ
  • 1995: ケンブリッジ
  • 1996: ケンブリッジ
  • 1997: ケンブリッジ
  • 1998: ケンブリッジ
  • 1999: オックスフォード
  • 2000: オックスフォード
  • 2001: オックスフォード
  • 2002: ケンブリッジ
  • 2003: 引き分け
  • 2004: オックスフォード
  • 2005: ケンブリッジ
  • 2006: ケンブリッジ
  • 2007: ケンブリッジ
  • 2008: オックスフォード
  • 2009: ケンブリッジ
  • 2010: オックスフォード
  • 2011: オックスフォード
  • 2012: オックスフォード
  • 2013: オックスフォード
  • 2014: オックスフォード
  • 2015: オックスフォード
  • 2016: ケンブリッジ
  • 2017: ケンブリッジ
  • 2018: オックスフォード
  • 2019: ケンブリッジ

合計編集

試合数 ケンブリッジの勝利 オックスフォードの勝利 引き分け
138 64 60 14

女子編集

  • 1988: ケンブリッジ
  • 1989: オックスフォード
  • 1990: オックスフォード
  • 1991: オックスフォード
  • 1992: オックスフォード
  • 1993: オックスフォード
  • 1994: オックスフォード
  • 1995: オックスフォード
  • 1996: オックスフォード
  • 1997: オックスフォード
  • 1998: オックスフォード
  • 1999: オックスフォード
  • 2000: オックスフォード
  • 2001: オックスフォード
  • 2002: ケンブリッジ
  • 2003: ケンブリッジ
  • 2003: ケンブリッジ
  • 2004: オックスフォード
  • 2005: ケンブリッジ
  • 2006: オックスフォード
  • 2007: オックスフォード
  • 2008: ケンブリッジ
  • 2009: ケンブリッジ
  • 2010: ケンブリッジ
  • 2011: ケンブリッジ
  • 2012: オックスフォード
  • 2013: オックスフォード
  • 2014: オックスフォード
  • 2015: ケンブリッジ
  • 2016: オックスフォード
  • 2017: ケンブリッジ
  • 2018: ケンブリッジ
  • 2019: ケンブリッジ

合計編集

試合数 ケンブリッジの勝利 オックスフォードの勝利 引き分け
33 13 20 0

出典編集

  1. ^ Varsity matches: Cambridge beat Oxford 15-0 in men's game; Cambridge women win 8-5”. BBC Sport (2019年12月12日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. ^ The Varsity Match 2015: Pioneers get their day in the Twickenham sun”. The Independent. 2016年12月8日閲覧。
  3. ^ When 20 men became 15”. ESPN. 2014年12月14日閲覧。
  4. ^ a b Varsity match winners since 1872”. Planet Rugby. 2006年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月11日閲覧。
  5. ^ On This Day December 8”. espnscrum.com. 2013年1月3日閲覧。
  6. ^ John Griffiths (2013年1月2日). “Varsity Matches and autumn tries”. espnscrum.co.uk. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  7. ^ Hands, David (2002年12月10日). “Story of the Blues still more than academic”. The Times. http://www.timesonline.co.uk/tol/sport/article800420.ece 2009年7月26日閲覧。 
  8. ^ Bale, Steve (1995年12月12日). “Amateur ritual with City appeal”. The Independent. https://www.independent.co.uk/sport/amateur-ritual-with-city-appeal-1525396.html 2009年7月26日閲覧。 
  9. ^ MMC Varsity Match Team Line Ups”. Rugby Football Union (2005年11月28日). 2009年7月26日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ a b Amy Wilson (2008年10月21日). “Varsity match sponsorship picked up by Nomura after Lehman collapse”. The Daily Telegraph. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  11. ^ Gabriel Savage (2012年11月14日). “Pol Roger and Glenfarclas sponsor Varsity Match 2012”. thedrinksbusiness.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  12. ^ The Varsity Match – Partners”. 2013年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月11日閲覧。
  13. ^ a b The Varsity Match: Famous Blues”. Rugby Football Union (2008年7月29日). 2008年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月26日閲覧。
  14. ^ Mark Robinson”. All Blacks. 2013年11月26日閲覧。
  15. ^ Hewett, Chris (1997年12月10日). “Rugby Union: Varsity match underlines dearth of English talent”. Independent. https://www.independent.co.uk/sport/rugby-union-varsity-match-underlines-dearth-of-english-talent-1287993.html 2013年11月26日閲覧。 
  16. ^ “Anton Oliver's new game”. The Sunday Star-Times. (2008年5月18日). http://www.stuff.co.nz/sundaystartimes/4551182a6619.html 2008年5月22日閲覧。 
  17. ^ “Dan Vickerman will captain Cambridge University in the 2009 Nomura Varsity Match against Oxford”. The Daily Telegraph. (2009年12月3日). https://www.telegraph.co.uk/sport/rugbyunion/club/6721516/Dan-Vickerman-will-captain-Cambridge-University-in-the-2009-Nomura-Varsity-Match-against-Oxford.html 2009年12月6日閲覧。 
  18. ^ Past Scores”. The Varsity Match. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。

関連項目編集

外部リンク編集