メインメニューを開く

ザ・ビューティーズ!』は宝塚歌劇団舞台作品。花組[1][2][3]公演。形式名は「グランド・レビュー[4][5][3]」。22場[4][5][3]

作・演出は中村一徳[4][5][3]。併演作品は『源氏物語 あさきゆめみし[6][2][3]』。

目次

解説編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[7]参考。

宝塚の男役の美学と気品、娘役の可憐な美しさ等、愛華みれ率いる花組の様々な魅力をバラエティー豊かな音楽に乗せるレビュー作品。出演者全員による華やかなプロローグから、ロックの音楽のスターパレード、ジャズによるパワフルなダンスシーン、そして宝塚公演では86期生による初舞台のラインダンスへと続くダイナミックで豪華絢爛なグランド・レビュー。

公演期間と公演場所編集

全国ツアーの日程編集

スタッフ編集

※氏名の後ろに「宝塚[4]」「東京[5]」「全国[3]」の文字がなければ全劇場共通。

ベルリン公演出演のため休演者編集

主な配役編集

宝塚・東京編集

宝塚[4]
  • ザ・ビューティーズ紳士S、ハートジャックS、ジャングルプリンス、ジャズの男S、デュエットの男S、パレードの紳士S - 愛華みれ
  • ザ・ビューティーズ淑女S、淑女S、極楽鳥S、ジャズの女S、デュエットの女S、パレードの淑女S - 大鳥れい
  • ザ・ビューティーズ紳士A、客の紳士S、豹男A、ブルースの男、フィナーレの男A - 匠ひびき
  • ザ・ビューティーズ紳士A、セラーマスターA、豹男A、フィナーレの男A - 伊織直加
  • ザ・ビューティーズ淑女A、ワインレディS、極楽鳥A、フィナーレの女A - 渚あき
  • セラーマスター、ボディガード、黒豹A - 楓沙樹
  • ザ・ビューティーズ紳士B、客の紳士、豹男、ボーイA - 春野寿美礼
  • ザ・ビューティーズ紳士B、客の紳士、豹男、ロックシンガー - 瀬奈じゅん
  • ザ・ビューティーズ紳士B、セラーマスター、ボディガード、ロックシンガーA - 水夏希
東京の変更点(水夏希の組替えによる)[5]

全国ツアー編集

  • ザ・ビューティーズ紳士S、ハートジャックS、ジャングルプリンス、ジャズの男S、デュエットの男S、パレードの紳士S - 愛華みれ[3]
  • ザ・ビューティーズ淑女S、淑女S、極楽鳥S、ジャズの女S、デュエットの女S、パレードの淑女S - 大鳥れい[3]
  • ザ・ビューティーズ紳士A、客の紳士S、豹男A、ブルースの男、フィナーレの男A、パレードの紳士A - 楓沙樹[3]
  • ザ・ビューティーズ紳士A、セラーマスターA、豹男A、ブルースの男、フィナーレの男A、パレードの紳士A - 春野寿美礼[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 90年史 2004, p. 112.
  2. ^ a b c 90年史 2004, p. 116.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 90年史 2004, p. 136.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 90年史 2004, p. 113.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 90年史 2004, p. 117.
  6. ^ 90年史 2004, pp. 112-113.
  7. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 180.

参考文献編集

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3

外部リンク編集