ザ・ビートルズ1

ザ・ビートルズ1』(ザ・ビートルズ・ワン、原題:1)は、2000年に発売された、ビートルズシングルヒット曲をまとめたベスト・アルバムである。2015年11月には音源がジャイルズ・マーティンによって最新ミックスが施され、また初のミュージック・ビデオ集が付いた作品も発売となった(全8形態)。

1
ビートルズベスト・アルバム
リリース
録音 1962年9月11日-
1970年4月11日
ジャンル ロック
時間
レーベル アップル・レコード
東芝EMI(現・ユニバーサル・ミュージック(日本国内)
プロデュース ジョージ・マーティン
フィル・スペクターロング・アンド・ワインディング・ロードのみ)
ジャイルズ・マーティン(2015年版)
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(Billboard 200UKチャート
    ARIAチャート、オリコン
  • 2000年度年間31位(オリコン)
  • 2001年度年間17位(オリコン)
  • 2015年度年間29位(オリコン)
  • ゴールドディスク
  • 2ミリオン(日本レコード協会
  • 第13回日本ゴールドディスク大賞
    アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽部門)
    ポップアルバム・オブ・ザ・イヤー
  • ビートルズ 年表
    イエロー・サブマリン 〜ソングトラック〜
    (1999年)
    ザ・ビートルズ1
    (2000年)
    レット・イット・ビー...ネイキッド
    (2003年)
    テンプレートを表示

    目次

    解説編集

    発売当時(2000年)、解散から丁度30年になるビートルズの楽曲の中から、イギリスで(後にUKオフィシャルチャートに併合される)ミュージック・ウィーク(Music Week)誌とアメリカのビルボード誌の両方、もしくはどちらかの国で1位になった曲を収録したベストアルバム。日本のオリコン総合チャートではシングルでの1位獲得曲はない(1968年に発売された『ヘイ・ジュード』の5位が最高位)。

    全27曲入りの大作であり、収録時間もほぼCDの限界容量(80分)いっぱいの79分超えとなっており、限定発売されたアナログLP盤は2枚組となっている。

    2000年の最初の発売時には、発売後最初の第1週目だけで360万枚を売り上げ、2002ギネス・ワールド・レコードでは、最も早く売れたアルバムとして紹介されている。発売からわずか3週間で全世界で計1200万枚以上を売り上げた。2012年現在では、全世界で3200万枚を突破し[1]、ロングセラーとなっている。

    全英アルバムチャートでは、9週連続1位を獲得した[2]。アメリカ合衆国のチャートであるビルボード誌においては、ビートルズとして初のアルバム年間チャート1位(Billboard 200)となり、ニールセン・サウンドスキャン社の集計においては、2000年代のアメリカで最も売れたアルバムとなった。

    全世界同時発売であったため、オリコンチャートの集計上不利になる月曜日発売[3](通例では、日本国内でCDは水曜日発売が一般的)にも関わらず、初動売上は約23万枚を記録し2位、発売2週目には約47万枚を売り上げ、1977年の『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!』以来、約23年ぶりの1位を獲得し、自身3作目(最初のオリコン1位獲得アルバムは1973年に発売された『ザ・ビートルズ1962年〜1966年』)のオリコンアルバムチャート1位獲得作品となった。日本国内では、輸入盤を含めた売り上げ枚数が320万枚を超えており[1](2012年現在)、ビートルズの日本で発売されたアルバムとしては2015年現在、最大の売上枚数を記録している。

    2011年に2009年のリマスターをベースにした再発売が行われ、2015年11月6日には大幅なリミックスが行われ、ビートルズとしては初となるミュージック・ビデオ集[4]と合体させた形式で再発売された。楽曲のリミックスはジャイルズ・マーティンによってマスター・テープまで遡って作業されており、ステレオ定位を大幅に変化させている[5]。ミュージック・ビデオはCDに収録されている27曲、そして『1+』と名付けられた限定盤のデラックス・エディションには、これ以外の曲も含めた23曲のボーナス・ビデオが収録された形での発売が行われた。ジャケットはオリジナルが赤地に黄色い「1」であるのに対して、映像集との合体版ではこれが逆になり、黄色地に赤い「1」、デラックス・エディションは赤地に青い「1+」というデザインになっている。

    この2015年版もオリコン・アルバム総合チャートで1位を獲得。同一アルバムで15年ぶりのチャート1位、なおかつ2000年発売のオリジナル盤ではできなかった「初登場1位」を達成した。ビートルズとしてはオリコン通算4作目(3タイトル)の1位で、初登場1位となると、「ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!」以来38年ぶりの記録となった。

    収録曲編集

    アナログA面編集

    1. ラヴ・ミー・ドゥ - Love me do (Andy White ver.)[6]
    2. フロム・ミー・トゥ・ユー - From me to you[7]
    3. シー・ラヴズ・ユー - She loves you[8]
    4. 抱きしめたい(アイ・ウォント・トゥ・ホールド・ユア・ハンド) - I want to hold your hand
    5. キャント・バイ・ミー・ラヴ - Can't buy me love
    6. ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!(ア・ハード・デイズ・ナイト) - A hard day's night
    7. アイ・フィール・ファイン - I feel fine
    8. エイト・デイズ・ア・ウィーク - Eight days a week

    アナログB面編集

    1. 涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) - Ticket to ride
    2. ヘルプ! - Help!
    3. イエスタデイ - Yesterday
    4. デイ・トリッパー - Day tripper[9]
    5. 恋を抱きしめよう(ウイ・キャン・ワーク・イット・アウト) - We can work it out
    6. ペイパーバック・ライター - Paperback writer
    7. イエロー・サブマリン - Yellow submarine
    8. エリナー・リグビー - Eleanor Rigby

    アナログC面編集

    1. ペニー・レイン - Penny Lane
    2. 愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ) - All you need is love
    3. ハロー・グッドバイ - Hello, goodbye
    4. レディ・マドンナ - Lady Madonna
    5. ヘイ・ジュード - Hey Jude

    アナログD面編集

    1. ゲット・バック - Get back (single ver.)[10]
    2. ジョンとヨーコのバラード(ザ・バラード・オブ・ジョン・アンド・ヨーコ) - The ballad of John and Yoko[11]
    3. サムシング - Something (Harrison)
    4. カム・トゥゲザー - Come together
    5. レット・イット・ビー - Let it be (single ver.)
    6. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード - The long and winding road

    ボーナス・ビデオ『1+』編集

    1. ツイスト・アンド・シャウト - Twist and shout (Medley-Russell)
    2. ベイビー・イッツ・ユー - Baby it's you (David-Bacharach-Williams)
    3. ワーズ・オブ・ラヴ - Word of love (Holly)
    4. プリーズ・プリーズ・ミー - Please please me
    5. アイ・フィール・ファイン - I feel fine
    6. デイ・トリッパー - Day tripper
    7. デイ・トリッパー - Day tripper
    8. 恋を抱きしめよう(ウイ・キャン・ワーク・イット・アウト) - We can work it out
    9. ペイパーバック・ライター - Paperback writer
    10. レイン - Rain
    11. レイン - Rain
    12. ストロベリー・フィールズ・フォーエバー -Strawberry fields forever
    13. ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー / トゥモロー・ネバー・ノウズ - Within you without you/Tomorrow never knows (Harrison-Lennon-McCartney)[12]
    14. ア・デイ・イン・ザ・ライフ - A day in the life
    15. ハロー・グッドバイ - Hello, goodbye
    16. ハロー・グッドバイ - Hello, goodbye
    17. ヘイ・ブルドッグ - Hey bulldog
    18. ヘイ・ジュード - Hey Jude
    19. レボリューション - Revolution
    20. ゲット・バック - Get back (Let it Be... Naked ver.)
    21. ドント・レット・ミー・ダウン - Don't let me down
    22. フリー・アズ・ア・バード - Free as a bird (Lennon/Lennon-McCartney-Harrison-Starr)
    23. リアル・ラヴ - Real love (Lennon)

    脚注編集

    [ヘルプ]
    1. ^ a b 特集ワイド:ビートルズ、デビュー50周年 不変の青春性、リアルタイムな響き、『毎日新聞2012年3月19日付東京夕刊。
    2. ^ ChartArchive - The Beatles - 1
    3. ^ ただし、日本では店頭売りは11月10日金曜日から行われていた。この後、日本でもビートルズの公式音源盤の新発売に際しては、内容の公式盤未発表・既発表の如何を問わず、発売日当日の店頭発売を厳守することになったため、『レット・イット・ビー...ネイキッド』以降は「早売り(フラゲ)」はされなくなる。
    4. ^ DVDブルーレイ・ディスクの2形態がある。CD・DVD・ブルーレイ・レコード単品の形態も含めると全部で8形態ある。
    5. ^ ただし、「ラヴ・ミー・ドゥ」「フロム・ミー・トゥ・ユー」「シー・ラヴズ・ユー」の3曲は従来通りモノラルのままで収録。また、ステレオ定位がほとんど変わっていない曲もある。
    6. ^ モノラル録音。ドラムをアンディ・ホワイトが担当したテイク。発売当初の日本語ライナー・ノートには誤ってリンゴがドラムを叩くテイクと表記されていたが、2011年発売のリマスター盤でこの誤記は修正された。リンゴがドラムを叩いているテイクは『パスト・マスターズ Vol.1』の解説によるとオリジナル・シングル盤のファースト・プレス盤にのみ使用されていてセカンド・プレス盤からは、アンディ・ホワイトがドラムを叩いているテイクに差し替えられている。リンゴのドラムを叩いているテイクは他のテイクのマスター・テープとの混乱を避けるとの理由で早々に破棄されたため、『パスト・マスターズ Vol.1』のCDを制作した際は、リリースされたシングル・レコード盤を音源に用いたもの(いわゆる「盤おこし」)が収録されている。
    7. ^ リアル・ステレオ・ヴァージョンも存在するが、今作にはモノラル・ヴァージョンが収録されている。リアル・ステレオ・ヴァージョンは2009年9月9日発売のリマスター盤『パスト・マスターズ』にて初CD化。
    8. ^ モノラル録音。
    9. ^ 本作収録のヴァージョンは新たに作られたもので、それまで曲の間奏で一瞬音が途切れる所があったのを修正している。アメリカで制作されたジュークボックス用の7インチシングル盤に収められているヴァージョンに近い。
    10. ^ 本作収録のシングル・ヴァージョンは日本と米国のシングル盤に収録されたステレオ録音によるシングル・ヴァージョン。英国シングル盤では、モノラル録音のバージョンが収録されており、ビートルズが出した最後のモノラル録音シングルとなっている。
    11. ^ 本作収録のシングル・ヴァージョンはフェイドアウトしない。初CD化。
    12. ^ リミックス・アルバム『ラヴ』に収録されている楽曲で「ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー」に「トゥモロー・ネバー・ノウズ」のドラムをオーヴァーダヴィングしたもの。