ザ・マペッツ・スタジオ

ザ・マペッツ・スタジオThe Muppets Studio, LLC)は、アメリカ合衆国ウォルト・ディズニー・カンパニーディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツ)傘下の映画製作会社である[1]

ザ・マペッツ・スタジオ
以前の社名 ザ・マペッツ・ホールディングス・カンパニー(2004年 - 2007年)
企業形態 子会社
設立 2004年2月14日
本社 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
ブランド マペット(ディズニー)
所有者 ディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツ
従業員数 5人 (2015年)
親会社 ウォルト・ディズニー・カンパニー
ウェブサイト https://muppets.disney.com/
テンプレートを表示

概要編集

ザ・マペッツ・スタジオは『マペット』に登場する緑色のカーミットをシンボルに、活躍をしている[2]

2004年に設立された製作会社である。その後ウォルト・ディズニー・カンパニーがザ・マペッツ・アンド・ビッグ・ベアを買収したが、映画製作会社はウォルト・ディズニー・スタジオの子会社にはならず、ディズニーリゾートの運営で知られているディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツ完全子会社となった。また、ウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナルによる「Disney+」でも全作品に加えてオリジナル作品も配信されることが決定した[3][4]

また、日本のみならず、世界でもディズニー・チャンネルディズニーXDディズニージュニアや同じディズニー傘下のABCのチャンネルでも放送されている[5][6]

権利問題編集

ディズニー社がジム・ヘンソン・カンパニーを7500万ドルで買収し、マペット・キャラクター権を獲得した。マペットのキャラクターも登場する『セサミストリート』の一部の配給権はソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(ソニー)が所持している。また、この買収により「マペット」という単語はディズニー社の登録商標となったが、セサミワークショップはこれまで通り自身のキャラクターをマペットと呼ぶことが出来、ディズニー社とのライセンスとの元で過去のカーミットが登場する映像を利用する事が出来る。

2011年の『ザ・マペッツ』よりウォルト・ディズニー・ピクチャーズと共に製作をしている。

ディズニー以外のテーマパークの展開編集

シンボルのカーミットは『セサミストリート』にも登場しているが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(ユニバーサル・パークス&リゾーツ)のハリウッド・エリア無いにはマペットキャラクターは登場していない。

それは、ウォルト・ディズニー・カンパニーがマペッツ・スタジオを買収したため、『セサミストリート』ではなく、マペッツ関連の作品は、映画と違い、ディズニーパーク以外のテーマパークには登場させる事は出来ない。

歴史編集

2006年、マペット・ホールディング・カンパニーは、ディズニー・コンシューマー・プロダクツからウォルト・ディズニー・スタジオのウォルト・ディズニー・モーション・ピクチャーズ・グループの一員に譲渡された。同年、ディズニーはパペットヒープと契約して、マペット・キャラクターを再構築などを行った。2007年4月、マペット・ホールディング・カンパニーは、社名をザ・マペッツ・スタジオ社名変更を行った。

ディズニー・シアトリカル・プロダクションズ(ディズニー・シアトリカル・グループ)は、マペットに基づいたショーが計画され、日本でも公開された[7]。2018年3月のディズニーによる部門再編でウォルト・ディズニー・スタジオからディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツ傘下の企業となった。

ディズニーパークでの登場編集

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートディズニー・ハリウッド・スタジオで、マペッツ作品は登場している。また「マペット・ビジョン 3D」と呼ばれるシアタータイプのアトラクションも存在している[8][9][10]。かつてはディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーディズニーランド・リゾート)にも存在していた。

エプコット(ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート)と香港ディズニーランド香港ディズニーランド・リゾート)でブンゼンとビーカーを主役にした「マペット・モバイルラボ」、マジック・キングダム(ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート)でマペットたちがアメリカの歴史を紹介する「マペッツ・プレゼンツ...グレート・モーモンツ・イン・アメリカン・ヒストリー」という名のショーが公演されている。

また、日本の場合は東京ディズニーリゾート(東京ディズニーランド東京ディズニーシー)内にアトラクションやエリア、グッズ販売などは存在していないが、ディズニー・ハロウィーンでの仮装では仮装対象作品に入っている[11]

作品編集

映画編集

テレビ映画編集

オリジナルビデオ編集

テレビ作品編集

  • 『サムと友達』 (1955年-1961年)
  • マペット・ショー』 (1976年-1981年)
  • 『マペット・ベイビーズ』 (1984年-1990年)
  • 『リトル・マペット・モンスター』 (1985年)
  • 『ジム・ヘンソン・アワー』 (1989年)
  • マペット放送局』 (1996年-1998年)
  • ザ・マペッツ』 (2015年-2016年)
  • 『マペット・ベビー』 (2018年-)

Disney+編集

  • 『マペット・ナウ』(2019年)

脚注編集

  1. ^ ザ・マペッツ : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2020年2月19日閲覧。
  2. ^ ザ・マペッツ|ブルーレイ・DVD・デジタル配信|ディズニー公式”. ディズニー公式. 2020年2月19日閲覧。
  3. ^ D23 Expoで発表されたDisney+のドラマ・映画の情報まとめ”. jp.ign.com. 2020年2月19日閲覧。
  4. ^ 厚憲, 並木. “ディズニー、「動画ネット配信」戦略の全貌 | 敵はNetflixだけではない” (日本語). 週刊東洋経済プラス. 2020年2月19日閲覧。
  5. ^ 新キャラも!「マペット・ベイビーズ」がCGアニメで復活!” (日本語). シネマトゥデイ. 2020年2月19日閲覧。
  6. ^ ディズニーが贈る等身大プリンセス 今年、映画公開で話題となった「シンデレラ」も登場ディズニー・サンデー「ちいさなプリンセス ソフィア」 | ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社のプレスリリース”. prtimes.jp. 2020年2月19日閲覧。
  7. ^ 「ザ・マペッツ」5月19日公開 ディズニーがマペットのミュージカル” (日本語). アニメ!アニメ!. 2020年2月19日閲覧。
  8. ^ https://disneyworld.disney.go.com/attractions/hollywood-studios/muppet-vision-3d/” (英語). disneyworld.disney.go.com. 2020年2月19日閲覧。
  9. ^ 2020年 Muppet Vision 3Dへ行く前に!見どころをチェック” (日本語). トリップアドバイザー. 2020年2月19日閲覧。
  10. ^ 【WDW】マペット・ビジョン3D | ハリウッドスタジオ(フロリダ)のクチコミ・感想” (日本語). tdrnavi. 2020年2月19日閲覧。
  11. ^ Pamiroh (2016年6月20日). “ザ・マペッツも仮装対象に。TDL・TDS「ディズニー・ハロウィーン」2016” (日本語). Muppamiroh. 2020年2月19日閲覧。
  12. ^ 注目映画紹介:「ザ・マペッツ」 原色カラーが広がるマペットショーに心躍る” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2020年2月19日閲覧。
  13. ^ DaysLikeMosaic (1439740219). “「ザ・マペッツ」:人・マペット混然一体のミュージカル・コメディで人形劇を復活させるディズニー・マジック” (日本語). 夢は洋画をかけ廻る. 2020年2月19日閲覧。

外部リンク編集