メインメニューを開く

ザ・レイド GOKUDO』 (The Raid 2: Berandal) は、2014年公開のインドネシアのアクション映画。2011年のアクション映画『ザ・レイド』 (The Raid) の続編である。

ザ・レイド GOKUDO
The Raid 2: Berandal
監督 ギャレス・エヴァンス
脚本 ギャレス・エヴァンス
製作 アリオ・サガントロ
ネイト・ボロティン
アラム・ターツァキアン
製作総指揮 ランガ・マヤ・エヴァンス
出演者 イコ・ウワイス
アリフィン・プトラ
ティオ・パクソデウー
アレックス・アッバド
松田龍平
遠藤憲一
北村一輝
ヤヤン・ルヒアン
オカ・アンタラ
ジュリー・エステル
音楽 ファジャー・ユスケマル
アリア・プラコギ
ジョセフ・トラパニーズ
撮影 マット・フラネリー
編集 ギャレス・エヴァンス
アンディ・ノヴィアント
製作会社 メランタウ・フィルムズ
配給 世界の旗 インドネシアの旗 XYZフィルムズ
アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス/ステージ6フィルムズ
日本の旗 KADOKAWA
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年1月21日
サンダンス映画祭)
インドネシアの旗 2014年3月28日
日本の旗 2014年11月22日
上映時間 R15+ 146分
R18+ 150分
製作国  インドネシア
言語 インドネシア語
英語
日本語
製作費 $4.5 million[1]
興行収入 $6,534,381[2]
2200万円[3] 日本の旗
前作 ザ・レイド
次作 The Raid 3
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

物語は前作終了直後よりスタートする。ギャングボスであるタマを組織に潜入していた兄アンディと共に打倒し、汚職警官のワフュを逮捕することに成功したSWAT隊員のラマ。ラマはその能力から潜入捜査官として特殊チームへの参加を勧められるが、チームが潜入捜査の邪魔になるという理由でワフュを即座に抹殺したのを目の当たりにし、一度はそれを拒否する。しかし、兄のアンディがタマと繋がりがあった新興ギャング団ボスであるベジョによって捕縛され、殺害されたことを知ったラマは潜入捜査官になることを承諾。ベジョの組織、そしてベジョの組織と敵対する地元マフィアのバングンが仕切る2大組織を撲滅するため、逮捕されて刑務所にいるバングンの息子であるウチョにラマは受刑者として接触を図る。

当初は数か月の服役という話であったが刑務所に入るために有力者である政治家の息子に重傷を負わせたうえ、刑務所でもウチョを殺害しようとした他受刑者を返り討ちにして殺害したことからラマは2年もの服役を強いられる。しかしながらウチョを守ったことからバングンに気に入られたラマは出所後に礼として組織に入ることに成功し、ウチョの部下として働くことになる。バングン、ウチョ両名から信用され、情報収集を続けるラマ。そんな中、ウチョは父であるバングンが取引相手である日本のヤクザに媚びる姿勢や敵対組織であるベジョ一味らへの対応が甘くなってきていることに苛立ちを募らせていき、あろうことか、ベジョと手を組もうとする・・・・・・。

キャスト編集

公開編集

日本での一般公開は、2014年11月22日よりオリジナル版から約4分のカットを行ったR15+版(146分)が公開された。[4]

オリジナル版は公開前夜に行われた「ザ・レイド祭り」内でのみ限定公開されたが、その後は2014年12月13日より都内3館限定でカットされたシーンを復活させたR18+版(150分)として公開された。[5]

ソフト化編集

2015年3月6日より146分のR15+版のレンタルが開始された。[6] 150分のR18+版は角川書店より発売されるセル版にのみに収録されている。[7]

出典編集

  1. ^ Gareth Evans Talks THE RAID 2”. 2015年1月25日閲覧。
  2. ^ Box Office Mojo”. 2015年1月25日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報」2015年3月下旬号 93頁
  4. ^ 『映画.com』”. 2015年1月25日閲覧。
  5. ^ 『ザ・レイド GOKUDO』R18+版の上映決定!“ありのまま”のアクション満載!”. 2015年1月25日閲覧。
  6. ^ TSUTAYA DISCAS ザ・レイド GOKUDOの詳細情報”. 2015年3月27日閲覧。
  7. ^ KADOKAWA DVD&Blu-ray”. 2015年3月27日閲覧。

外部リンク編集