メインメニューを開く

ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント

ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメントは、2009年から2018年まで開催されていたチャリティゴルフトーナメント。千葉県佐倉市の麻倉ゴルフ倶楽部を舞台にプロ選手と芸能人を始めとした「著名人」、そして一般アマが同組でプレーをすると言う異色のトーナメントとして実施されている。2013年までに千葉県こども病院など、病と戦うこども達や、東日本大震災で家族を失った孤児、遺児を支援する団体などへ約2億円の寄付を行っている[1]。 2018年開催の第10回大会をもって、大会の歴史に幕を閉じた[2]

Golf pictogram.svgザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
開催地 日本の旗 日本
開催コース 麻倉ゴルフ倶楽部(2017年)
賞金総額 5,000万円(2014年)
テンプレートを表示

歴史編集

2012年は、当時アマチュアだった松山英樹が自身の意向により、参考記録扱いながら、プロの部で優勝した池田勇太を2ストローク上回る記録を出した[3]

2013年は、5月11日、12日の2日間開催。プロでは池田勇太が連覇、アマでは中井貴一が連覇した[4]

2014年は、5月17日、18日の開催。アマ部門は、一般と著名人の2部制、アマの部はアンダーハンディ競技で行われ、ハンディキャップは18で打ち切り、毎ホールは、ダブルパーで打ち止め。大会実行委員を青木功王貞治日野皓正が務めた。青木功はこの大会を前の週に行われた大会で左膝を痛めて欠場、尾崎将司が代役として出場した[5]。トーナメントの模様は、テレビ朝日にて、5月18日午後4時から5時25分まで放送された[6]

2015年は、5月9日、10日の2日間開催。プロ部門では、初日10アンダーでスタートを切った倉本昌弘が2日目に伸びずに通算12アンダーで2位タイとなった一方で、初回となる2009年以来2度目となる出場となった奥田靖己が2日連続の7アンダーを記録し、通算14アンダーで優勝。また、大会実行委員長を務めた青木が2日目に「72」を記録してエージシュートを達成した。また、著名人部門ではTUBE前田亘輝がハンディキャップ込みのグロススコアで16アンダーを記録して優勝。自身のアーティストデビュー30周年に花を添える結果となった [7]

2016年は、5月7日、8日の2日間開催。プロ部門では6度目の出場となった片山晋呉が通算12アンダーで初優勝を飾った。著名人部門では昨年覇者の前田や舘ひろしえなりかずきらの2日目の追い上げを振り切った宮根誠司が、著名人部門唯一のアンダーパーである11アンダーという圧勝で、こちらも6度目の出場で初優勝を決めた[8]。 2017年は、5月6日と7日の2日間開催。プロの部は通算9アンダーで今平周吾横尾要が並び、プレーオフ1ホール目でバーディーを決めた横尾要が初優勝を決めた。著名人部門では、通算6アンダーで恵俊彰が優勝を飾った他、青木功が1アンダーの「71」で通算4回目のエイジシュートを達成した[9]

テレビ放送編集

開催初年度の2009年から2016年までは、大会2日間の模様をダイジェストしたものをテレビ朝日系列24局ネットにて放送された。放送時間は次の通りである。

なお、2015年以降は『報道ステーション SUNDAY』の放送時間が16:30スタートになった関係で、当大会の放送時間帯が繰り上がった。

  • 2009年~2014年…16:00 - 17:25(テレビ朝日系列24局ネット)
  • 2015年~2016年…15:00 - 16:30(テレビ朝日系列24局ネット)

また、2013年からはBS朝日でも2時間バージョンとして、地上波よりも1~2週間遅れで放送された。

2017年からは、地上波の放送が『GET SPORTS』の特集パートの1つとしての放送に縮小することになった。それに伴い、全国向けはBS朝日での放送に移行した。

  • 2017年…17:00 - 18:49(BS朝日)
  • 2018年…16:00 - 17:55(BS朝日)

歴代優勝者編集

Year 優勝者 出身国 スコア 2位との差 2位(タイ)
2009 手嶋多一   日本 1 倉本昌弘
2010 久保谷健一   日本 1 丸山茂樹
2011 室田淳   日本 2 宮本勝昌, 鈴木亨, 平塚哲二
2012 池田勇太   日本 1 倉本昌弘, 平塚哲二, 近藤共弘
2013 池田勇太 (2)   日本 1 尾崎直道, 渡辺司
2014 倉本昌弘   日本 1 近藤共弘
2015 奥田靖己   日本 1 藤本佳則, 近藤共弘, 藤田寛之
2016 片山晋呉   日本 6 松村道央, 片岡大育, 宮里優作
2017 横尾要   日本 Playoff 今平周吾

脚注編集

外部リンク編集